〔結果〕女子選手2名が全日本女王に!「第34回全日本選手権MTBダウンヒル」長野県選手レース結果。

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

「第34回全日本選手権MTBダウンヒル」長野県選手レース結果

 

 今年のマウンテンバイク・ダウンヒル競技の日本一を決める

第34回全日本選手権マウンテンバイク・ダウンヒル

2021年10月24日㈰に山口県山口市の

十種ヶ峰WOODPARK MTBコースにて開催された。

 

長野県からは男女各年代の7名の選手がエントリー。

既に速報の通り、女子エリートで松本璃奈(茅野高出)

女子ユースで原つばさ(白馬マウンテンバイククラブ)

共に優勝を果たし、2021年の全日本女王を戴冠した。

また、出場した選手の結果は以下の通り…

 

 

 

 

 

女子エリート

 

優勝 松本 璃奈(長 野) RIDE MASHUN SPECIALIZED  3:24.420
2位 岩崎 美智恵(神奈川) TRIPCYCLE GLOBAL RACING  3:29.284
3位 富田 敬子 (奈 良) Acciarpone racing  3:35.681
女子エリート公式リザルト〔PDF/JCF〕

 

2019年の全日本シクロクロス以来の日本チャンピオンジャージに
袖を通した松本璃奈(RIDE MASHUN SPECIALIZED)

 

 

 

女子ユース

 

優勝 原 つばさ(長 野) 白馬マウンテンバイククラブ  3:36.114
2位 篠原 彩緒 (大 阪) Limited Team 846  4:01.806
3位 丸山 愛季 (長 野)白馬マウンテンバイククラブ 4:17.398
女子ユース公式リザルト〔PDF/JCF〕

 

全日本女子ユース新女王となった 原つばさ(白馬マウンテンバイククラブ)と
初出場で3位表彰台を果たした丸山愛季(白馬マウンテンバイククラブ)。

 

タイムドセッション、予選、決勝とタイムをあげてジャンプとドロップを
エスケープしたもののエリート女子に見劣りしないタイムで健闘
初優勝を果たした原つばさ(白馬マウンテンバイククラブ)

 

MTBを始めてまだ1年ながらも、アルペンスキーで培った身体能力を活かし
全日本選手権の舞台で3位表彰台を果たした丸山愛季(白馬マウンテンバイククラブ)

 

 

 

男子ユース

 

優勝 落合 思誉運 (島 根)TRANS!/TECH. 02:56.751
2位 山本 一晴 (熊 本)takebow-tune Gravity republic 02:56.833
3位 田中 航太 (東 京)玄武 03:00.847
————————————————————————————————-
10位 名⼩路丈太郎(長野)白馬マウンテンバイククラブ 03:31.573
男子ユース公式リザルト〔PDF/MTB LEAGE/〕

 

ユースカテゴリー最年少の中学1年生で出場となった
名小路丈太郎(白馬マウンテンバイククラブ)
初めて出場した全日本の大舞台はきっと良い経験になったことと思う。

 

 

男子エリート

 

優勝 清水 一輝(愛 知) TEAM A&F  2:38.365
2位 泉野 龍雅(愛 知) Transition Racing  2:39.216
3位 九島 勇気 (神奈川) MS Mondraker Team  2:39.878
————————————————————————————————-
15位 小山 航(長野)BEYOND THE BOUNDARIES 2:52.024
男子エリート公式リザルト〔PDF/JCF〕

 

 

Coupe du Japon 男子アドバンス

 

優勝 立田 直人(長 野) eruk  3:01.474
2位 倉林 快明(栃 木)SEOcycle  3:02.175
3位 内富 哲男(山 口)VAN-QUISH  3:12.031
CJ男子アドバンス公式リザルト〔PDF/JCF〕

 

全日本選手権と併催されたCoupe du Japon男子アドバンスの部で
立田直人(eruk/長野県登録)が優勝

 

今夜は、週末に行われた

全日本ダウンヒルの

長野県選手の活躍の模様でした。

 

女子エリートで松本選手が

女子ユースで原つばさ選手が

それぞれ各世代の日本女王となったほか

丸山選手が3位表彰台。

出場最年少の中小路選手も

素晴らしい走りを見せてくれたと

報告をもらいました。

 

ダウンヒル競技は、まだまだ

全国でも競技人口が少ない競技ですが

長野県では、岩岳や富士見パノラマで

一般の方も体験が出来ます。

是非、多くの方にダウンヒルも

体験していただき

長野県の若き選手達にも

温かい御声援のほど

宜しくお願い申し上げます。

 

※今回は白馬マウンテンバイククラブ様より
 画像の提供を頂きました。

 代表はじめ、クラブ員の皆様に心よりの御礼と
 今大会の輝かしい成績にお祝いを申し上げます。

 

全日本選手権に出場した白馬マウンテンバイククラブの選手達
〔画像左から:丸山・名小路・原〕

 

関連LINK

第34回全日本選手権公式ダウンヒル

MTBリーグ

十種ヶ峰ウッドパーク

白馬マウンテンバイククラブ



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

C-007【ふるさと納税】とらふぐの刺身(33cmプラ皿)
価格:30000円(税込、送料無料) (2021/10/26時点)

楽天で購入