〔結果〕「第35回全日本自転車競技選手権MTBダウンヒル」女子エリートで松本璃奈が連覇を達成!

【募集開始】TOJプレイベント第2弾「第2回南信州龍江クリテリウム」本日4月1日よりエントリー開始!詳しくはこちらより〔4月1日〕 【エントリー情報】東京都自転車競技連盟主催「JCFアテンダントライセンス講習会」が4月15日㈯・23日㈰の両日オンラインで開催されます。ライセンス取得希望の方はこちらより。〔3月29日〕 《結果》「いわき平競輪A級決勝戦」初日1着・2日目2着で決勝進出の堀江省吾(屋代高-信州大)が前走の「PIST6」「平塚競輪」含む3場所連続優勝をかけて出走。最終ストレートで先頭に立つとそのまま快勝!これでPIST6も含めて3連勝と好調をアピールした。ハイライト動画(3月27日) 《結果》「PIST6 EX.ラウンド第6戦」年末から三場所連続の完全優勝がかかる堀江省吾(屋代高-信州大出)は、今節も負けなしで決勝へ進出すると、その決勝戦では残り1.5周からのロングスパートを鮮やかに決め快勝!これでPIST6通算5回目のシリーズ優勝を飾った。決勝戦ハイライト動画〔3月20日〕 [エントリー情報]2023年6月24日・25日開催の「白馬八方黒菱ヒルクライム2023」本日3月15日よりエントリー開始!〔3月15〕 《結果》「平塚競輪A級決勝」堀江省吾(屋代高‐信大出)が最終第3コーナーで先行選手を捉えると後続を一気に引き離して快勝!初日から三日間負けなしの完全優勝を果たした。ハイライト動画(3月14日) 

 

〔結果〕第35回全日本自転車競技選手権MTBダウンヒル女子エリートで松本璃奈が連覇を達成!

 

2022年のマウンテンバイク・ダウンヒル競技の

日本チャンピオンを決める

第35回全日本自転車競技選手権大会MTBダウンヒル

9月24日㈯・25日㈰の両日、群馬県嬬恋村で開催された。

 

昨年の同大会「女子エリート」で全日本女王を戴冠した

松本璃奈(Ride Mashiun Specialized/茅野高出)が

予選を2位で通過すると決勝では2位に3秒差で

全日本二連覇を達成!2022年のダウンヒル日本女王のタイトルを獲得した。

詳しくは下記の通り…

 

〔長野県出場選手〕

 

 

 

女子エリート結果

 

〔決勝リザルト〕

(クリックすると大きくなります)

 

昨年に続きMTBダウンヒル競技で二年連続の全日本女王のタイトルを獲得した松本璃奈
〔画像左から:末松実緒・松本璃奈・中川弘佳〕

 

女子ユースの部で優勝の原つばさ(白馬MTBクラブ)と共に記念撮影に臨む。

 

〔女子エリート公式リザルト〕
タイムドセッション〔PDF/JCF公式〕
予選公式リザルト〔PDF/JCF公式〕
決勝公式リザルト〔PDF/JCF公式〕

 

 

 

 

昨年大会の関連記事

 

 

 

という訳で、今大会ですが

開催地・開催日が急遽変更となり

募集期間も短く

選手の皆さんは大変だったと思います。

 

自分は、マスターズ国体で

盛岡にいたのですが

予備予選の「タイムド・セッション」の

結果が1分30秒遅れの8位とあり、

これはトラブルだったのか?

それとも様子見だったのか?

もしかすると調子が悪いのか?とも思ったのですが

紫波から盛岡へ戻って来た時に

MTB関係者の方から二連覇達成の連絡を頂き

改めて、流石だなぁと思わされました。

 

松本選手といえば過去に

シクロクロス女子エリートでも

二連覇を達成していますが

MTBダウンヒルを主戦場にして3年目

まだまだ高校を卒業して

3~4年目?の若い選手です。

今後の活躍も期待したいと思います。

 

 

関連LINK

大会特設サイト〔JCF〕

DOWNHILL SERIES

MTBリーグ