《速報》「令和4年長野県高等学校新人戦体育大会」-自転車競技ロードレース- 結果

【募集開始】TOJプレイベント第2弾「第2回南信州龍江クリテリウム」本日4月1日よりエントリー開始!詳しくはこちらより〔4月1日〕 【エントリー情報】東京都自転車競技連盟主催「JCFアテンダントライセンス講習会」が4月15日㈯・23日㈰の両日オンラインで開催されます。ライセンス取得希望の方はこちらより。〔3月29日〕 《結果》「いわき平競輪A級決勝戦」初日1着・2日目2着で決勝進出の堀江省吾(屋代高-信州大)が前走の「PIST6」「平塚競輪」含む3場所連続優勝をかけて出走。最終ストレートで先頭に立つとそのまま快勝!これでPIST6も含めて3連勝と好調をアピールした。ハイライト動画(3月27日) 《結果》「PIST6 EX.ラウンド第6戦」年末から三場所連続の完全優勝がかかる堀江省吾(屋代高-信州大出)は、今節も負けなしで決勝へ進出すると、その決勝戦では残り1.5周からのロングスパートを鮮やかに決め快勝!これでPIST6通算5回目のシリーズ優勝を飾った。決勝戦ハイライト動画〔3月20日〕 [エントリー情報]2023年6月24日・25日開催の「白馬八方黒菱ヒルクライム2023」本日3月15日よりエントリー開始!〔3月15〕 《結果》「平塚競輪A級決勝」堀江省吾(屋代高‐信大出)が最終第3コーナーで先行選手を捉えると後続を一気に引き離して快勝!初日から三日間負けなしの完全優勝を果たした。ハイライト動画(3月14日) 

 

《速報》「令和4年長野県高等学校新人戦体育大会」-自転車競技ロードレース- 結果

 

 今年の長野県高校自転車ロードレース新人戦が

本日2022年11月4日(祝)生坂村特設ロードレースコースで開催された。

レースは引退した3年生を除いた、県内の1・2年生「5校14名」で行われた。 

 

今大会は特別ルールとして…

 

14名を7名ずつ2組に分けて予選を行い。

予選の上位4名が決勝へ進出。

決勝戦は8名による優勝決定戦を行い

既に開催されたトラック競技の獲得ポイントとロードレースのポイントの

合計得点により、来春の春のセンバツ高校自転車大会への

長野県代表を選出する予選会も兼ねての開催となった。 

 

 

【出場選手】

 

 

 

《速報順位》決勝戦 3位まで

 

順位 氏名 チーム 学年
優勝 上里 翔瑛 松本工業高
2位 横林 海斗 松本工業高
3位 田切 智裕 飯田風越

決勝出場者8名  完走者8名
予選出場者:14名 完走者14名

 

決勝戦は、今年の北信越スクラッチチャンピオンの

上里翔瑛(松本工2年)が、最終スプリントを制し

長野県高校自転車ロードレース初優勝を果たした。

 

2位・3位は、ゴール前の大接戦となり、

横林海斗(松本工2年)

先週の四日市全国ジュニア自転車競技大会で

15位に入り来年の全日本選手権の出場権を獲得した

田切智裕(飯田風越1年)をタイヤ差で振り切って

準優勝を果たした。 

 

3位の田切については、予選で集団を2周回遅れにする

圧倒的な力を見せての決勝戦進出となった。

僅かに横林には届かなかったものの、1年生ながらも

今大会を通じ、最も印象に残る走りと強さを

訪れた観客や、自転車関係者にアピールした。

 

 

決勝は終盤までスローペースでレースが展開され
最後の上りのストレートで上里が先行して初優勝を飾った。

 

熾烈な2位・3位争いはゴール前で横林が粘り2位。
予選で圧倒的な走りを見せメイン集団を2周回遅れにした
田切が3位となった。田切は破れてなお
観る者に強烈な印象を残す大会となった。

 

この夏の北信越スクラッチチャンピオンの上里だが
国体長野県代表メンバーに選ばれながらも
直前の体調不良により急遽メンバーを外れる不運があった。
この新人戦ロードではそんな不運を払拭する走りを見せ結果を出し
春のセンバツへの出場権をほぼ手中に収めた。
選抜の正式なメンバー発表は全国高体連自転車専門部より
来年発表される。

 

 

ということで、新人戦ロードの速報でした。

リザルトに関しては、この日行われた

ロードの予選結果・決勝の正式結果

トラック競技結果のリバイスも含め

高体連より発表され次第に

改めてお知らせ致しますので

暫くお待ちください。

 

 

 

関連LINK

長野県高校体育連盟

全国高体連自転車専門部

長野県自転車競技連盟

生坂村