〔レポート〕長野県自転車競技連盟主催「第6回美鈴湖自転車学校2020」冬季フィジカルトレーニング講座Ⅱ。

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

「第5回美鈴湖自転車学校2020」冬季トレーニング講座開催Ⅱ

 

2020年12月13日(日)、松本市美鈴湖自転車競技場にて

自転車選手・自転車愛好家を対象とした、冬季トレーニング講座の

第2回を開催致しました。今回も初心者選手からマスターズ選手まで

およそ15名が参加。長野県代表チームのフィジカルコーチである

理学療法士の両角淳平コーチ(赤津整形外科医院)による

冬季期間中のトレーニング方法。

午後は、お馴染み長野県自転車チームコーチの

湯原正行コーチに、冬季期間の練習プランの作成方法などを教わりました。

 

 

 

 

第6回自転車学校 午前の部

 

 

担当:両角淳平(長野県自転車代表フィジカルコーチ/赤津整形外科医院)

 

午前の部 講義内容

 

 自転車競技の上達に向けて

 ◇ペダリングとは
  ペダリングパワー(W)=力(トルク)×速度(回転数/rpm)

 ◇筋力と回転数を高めるにはどうしたら良いか?
  股関節と膝関節について

 ◇ペダリングの筋活動についての一般的な知識
  ・ペダリングと筋力の関係性
  ・距離別の特性について
  ・自転車選手における筋の形態的特徴と
   自転車エルゴメーターのパワー発揮能力との関係

 ◇乗車フォームについて
  ・スポーツ生理学からみる理想的なフォームについて。

 ◇フォームとペダリングで使う筋の関係
  ・一流選手はどこの筋肉を主に使っているのか?
  ・なぜその筋肉が発達しているか?

 ◇トレーニングのポイント
  ・フォームが正しければ、必要な筋は強化される。
  ・ペダリングに必要なそれぞれの筋を連動させる。
  ・体幹と下肢の筋を連動させる。

 ◇トレーニング
  ・脊柱~肩甲骨~骨盤
  ・脊柱起立筋と肩甲帯
  ・腹斜筋と大腰筋
  ・腹筋と殿筋、内転筋
  ・内転筋とハムストリングス
  ・ハムストリングと内側広筋・外側広筋
  ・腹斜筋と腹圧
  ・ダイナミック・スクワット
  ・ランジ

 

 

 

 前回に続いての、自転車に乗らないトレーニング方法ですが

今回は、長野県代表チームの中長距離のエース小出樹選手(京産大)と

短距離のエース堀江省吾選手(競輪選手養成所)の二人の

筋電図を見ながら、中長距離選手と、短距離選手の

使っている筋肉の違い、ペダリング中にどこの筋肉を使っているのか?など

かなり専門的な講習から開始され、前回に続き

ただ一つの筋肉を鍛えるだけでなく、自転車に必要な筋肉とはどこか?

その筋肉と身体のパーツのどこが連動しているのか??

自転車に必要な筋力を連動してトレーニングする方法を教わりました。

 

 

先ずは、長野県の中長距離のエース小出と、短距離のエース堀江の
筋電図を見ながら、中長距離選手と短距離選手の使っている筋肉の
違いを図で見ながら、、どこを意識してトレーニングを行うか?学ぶ。

 

今回も静的・動的ストレッチを行い、自分の身体のバランスや可動域を知る。
講義を受けるのは、河野・山田学の両マスターズ選手。

 

腹筋と言っても単に腹部の筋肉を強化するだけでなく
自転車を漕ぐ上で必要な身体のパーツと連動したトレーニングを行う。
中学生の臼倉選手(鎌田中)をモデルに指導を行う両角淳平コーチ。

先ずはトレーニングでは無く、トレーニングを行う上でのフォームと
このトレーニングが身体のどこに作用しているのか?を学ぶ。

 

前週の全日本シクロクロスU-23で日本王者となった鈴木来人(ボンシャンスACA)に
下肢トレーニングを指導する両角淳平コーチ

 

前回同様に「身体のバランス」を意識しながらトレーニングを行う。

 

今回はマスターズのトライアスロン選手の方々もご参加頂いた。
トライアスロンにおいてバイクの重要性が高まっている中で
引き続き県トライアスロン連盟とも協力して行きたい。

 

「正しいスクワット」とは何か?基本となるスクワットのフォームを指導する両角コーチ

外に出て「動的スクワット」「動的ランジ」の準備を行う。

 

負荷の高い「動的ランジ」を行う。先頭の中学1年の臼倉充哉(鎌田中)に続き
高校生の小山(エクセラン高)、マスターズの河野選手が続く。

 

U-23の橋本嶺登選手(長野大)、美鈴湖自転車競技場管理人の成川さんが続く。

 

 

 

第6回自転車学校 午後の部

 

担当:湯原正行(長野県自転車代表コーチ/長野県自転車競技連盟強化委員)

 

午後の部 Ⅰ 講義内容

 

 オフトレ? 目標!計画!実戦! ~計画的トレーニングの実戦~

 ◇自転車競技で成功するための要素
  ・目標を明確にして正しい努力を行う
  ・現状把握、ルール、会場、ライバルの情報収集
  ・身体的能力の向上
  ・技術の向上
  ・準備→トレーニング→栄養摂取→サイクルを回す
  ・習慣を作り集中力のコントロール
  ・踏み出す勇気、やり切る勇気、止める勇気、待つ勇気
  ・競技にかける気持ち
  ・運とは…

 

 ◇年齢期に合わせた冬のトレーニング
  ・小学生のトレーニング
  ・中学生のトレーニング
  ・高校生のトレーニング
  ・大学生のトレーニング
   ・社会人のトレーニング

 ◇ローラーを活用したインドアトレーニング
  ・ローラーの種類によるトレーニング効果の違い
  ・3本ローラー

  ・固定ローラー(ローラー押し当て・ダイレクトドライブ)
  ・固定ローラー(自重押し当てタイプ)
  ・パワーマックスやワットバイク

 ◇各種インドアトレーニングのトレーニングメニュー事例

 ◇目標設定から始めるトレーニング計画
  ・来期の目標は何か?
   種目は?勝負レースは何月何日?ライバルとの勝負?タイム??

 ◇目標設定からのトレーニング計画の基本
  ・基本の7週間ワンクール法(7週間をどう分けて?何をするか??)
  ・コンディションのピーキングに関する考え方
  ・1週間のトレーニング事例

 ◇計画的トレーニングで成果を挙げるコツとは…
  ・トレーニングを完遂するために…
  ・トレーニングの質をあげるために…
  ・罪悪感を持たないこと、積極的な休養とは?

 

 

 

担当:横沢英剛(美鈴湖自転車学校マネージャー/長野県自転車競技連盟強化委員)

 

午後の部 Ⅱ 講義内容

 

 長野県自転車競技 Strive for Victory ~勝利の為に~プロジェクトについて

 ◇2021年の各年齢別カテゴリーについて
  U-15、U-17、ジュニア、高校生、マスターズの年齢区分の説明

 ◇2021年の各年代の目標大会について
  ・松本トラックサイクルレース(4月末~5月上旬の予定)
  ・長野県大会-国体・インハイ・Jr.五輪予選-(トラック5月末/ロード6月中旬予定)
  ・北信越大会-インターハイ最終予選-(6月中旬予定)
  ・インターハイ(7月中旬)
  ・ジュニア五輪(未定)
  ・三重国体(9月予定)
  ・スポーツマスターズ(9月予定)

 ◇各大会出場権・入賞条件について
  ・出場標準タイム
  ・各全国大会での入賞タイム(予選通過/表彰台タイム)

 ◇長野県代表チーム選考について
  ・長野県代表に選出されるには?
  ・強化合宿について
  ・長野県代表派遣レースについて
   山梨県大会、全国都道府県大会、国体、中部8県対抗戦他

 ◇目標に向けて…

 

 

 

午後は「トレーニングプラン」のたてかた、目標を決めてそれをどう続けるか?
湯原コーチによる具体的な指導が行われた。

 

講義を受けるマスターズの河野選手と、U-15 の山田愛太(白馬中)選手。

 

前週に全日本MTBショートトラック・エリミ選手権に出場した
U-23の橋本嶺登選手(長野大)と鈴木来人(ボンシャンスACA)の
昨年の長野県代表強化選手も講義を受けた。

 

講師・スタッフ紹介

 

 

 

 

両角 淳平(赤津整形外科医院)

 長野県代表自転車チームのフィジカルコーチで、主に国体代表チームを担当。理学療法士として幅広い見地から選手にアドバイスを行う。前週の両角コーチと共に、ここ数年の小出樹選手(現京産大)、堀江省吾選手(現競輪選手養成所)等の入賞・長野県代表の躍進に大きく貢献。長野県代表選手からの信頼も厚い。今回初めて美鈴湖自転車学校にも参加して頂いた。

 ※長野県代表チームフィジカルコーチ
 

 

 

 

 

湯原正行(長野県代表コーチ)

 選手として長野県代表として活躍。2001年には「スプリント」で日本ランキング1位となる。現在は長野県国体代表のコーチとしても活躍。近年は若手強化の他、「育成」・「人材発掘」にも力を入れる。自らの体験を基にしたロジカルな指導理論と、卓越したバイクスキルは受講者の最高のお手本となる。

※日本体育協会公認コーチ
※長野県自転車競技連盟強化委員

 

 

宮﨑 岳人(長野県代表チーム監督)

 第51期競輪選手として活躍、引退後に長野県代表自転車チームの総監督ならびに、長野県自転車競技連盟強化委員長に就任。2018年福井国体では2名の入賞者、2019年の茨城国体では準優勝者1名を生み、ここ数年の長野県代表チームの活躍を牽引している。今年から長野県連盟主催のトラッククラブチーム「美鈴湖ベロクラブ」を立ち上げ、県自転車競技の底辺拡大と育成を行う。

 ※長野県代表チーム総監督
 ※長野県自転車競技連盟 強化委員長

 

 

 

 

サイクリング長野より

 

 前週に引き続き、2020年12月に2回の

冬季トレーニング講座を行いました。

第一回では、よりよいトレーニングを行う為に

・身体の左右のバランスを感じ、整える
・身体の軸を感じて、整える

と云う、基礎に続いて

今回はさらに踏み込んで

自転車を行う上で使う筋肉とトレーニング方法。

また、トレーニング計画の立て方や

それをどう実践して行くのか?と云う

メンタル部分での講習会を行いました。

受講生の皆さんは、是非ここで学んだことを

この冬に実戦してみて下さい。

来春のタイムが飛躍的に向上するはずです。

今後もこうした講習を定期的に行って行く予定ですので

是非一般のサイクリストの方も

奮ってご参加頂ければと思います。

 

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

サイクルカフェ・宿 maaru

Velenyo

安曇観光タクシー

サイクルカフェピラータ

キャンバス

松本市