《速報》「2021長野県大会ロードレース」最終スプリントを制した山浦秀明(松本大)が初優勝

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

「2021長野県大会ロードレース」山浦秀明(松本大)が初優勝

 

 本日2021年6月5日、野沢温泉オリンピックスポーツパークで行われた

本年度の三重とこわか国体予選・長野県大会ロードレースは

山浦秀明が最終スプリントを制して、長野県大会ロードレース初優勝を飾った。

3位までの速報順位は以下の通り…

 

 

 

速報順位

 

 

 《成年男子速報順位》

 優勝 山浦 秀明(松本大学2年)
 2位 北澤竜太郎(イナーメ信濃山形)
 3位 渡邊 鈴 (イナーメ信濃山形) 

  クラスA成年 <70分+5周回>野沢温泉オリンピックスポーツパーク
  ※正式リザルトは公式発表をお持ちください。

 

 

残り1周でスパートをかけた北澤竜太郎(イナーメ信濃山形)と
最終コーナー入口で並走となると、最後の直線スプリントを制して
自信初の長野県ロード王者を戴冠した。
〔画像をクリックすると大きくなります〕

 

昨年はコロナの影響で

殆ど部活動が出来ずに

実質今年からの大学自転車競技参戦となった

山浦秀明が、松本大学としても

初の長野県王者のタイトルを手にしました。

 

ここのところ県内の大学では唯一

活動している松本大学ということもあり

今シーズンは、全国の大学自転車界での活躍も

期待されます。

 

とにかく、春先から腐らずに一人

美鈴湖で汗を流し続けていた山浦選手。

その努力が実を結んでの初タイトル獲得となりました。

正式リザルトは、車連より発表があり次第にお知らせ致します。

 

関連LINK

三重とこわか国体

長野県自転車競技連盟

全国高体連自転車専門部

長野県高体連