〔頑張れ信州〕伝統の一戦へ挑む!「2 days race in 木祖村 2022」長野県出場選手・チーム紹介!

《速報》「インターハイ自転車競技最終日ロードレース」酒井・上里・片田(松本工業)は途中棄権。(8月7日) 《速報》「インターハイ自転車競技2日目/午前の部」男子ケイリン準々決勝第2組 小松篤史(松本工業)4位【準々決勝敗退】 男子スクラッチ予選第2組 上里翔瑛(松本工業)13位【予選敗退】(8月5日) 〔告知〕インターハイ自転車競技大会2日目-長野県出場予定選手【男子ケイリン準々決勝第2組】 小松篤史(松本工業)9:45より 【男子スクラッチ予選第2組】上里翔瑛(松本工)11:15より 【男子ポイントレース予選第1組】黒沢響冴(飯田OIDE長姫)16:40より。Live配信は『インハイTV』にて(8月5日) 〔告知〕本日のサマーナイトVELOクラブは18時より、当日の連絡は美鈴湖自転車競技場までお願いします(8月5日) 〔告知〕インターハイ自転車競技が8月4日より開幕!長野県からは松本工業高校と飯田OIDE長姫高校が出場(8月4日)〔告知〕秋の「2 days race in 木島平村」の大会要項が発表となっています。詳しくは大会公式HPにて(8月3日)〔昇格情報〕「日本学生ロードレースカップシリーズ第5戦白馬ラウンド」山内渉(信州大)中島壮琉(順天堂大/松商学園出)井上智巴(信州大)の3名が2部昇格、辻本青矢(信州大学)が1部昇格。(7月31日) 〔告知〕本日開催の「サマーナイトVELOクラブ#1」は18時より開始!(7月29日) 〔結果〕アジアの強豪が集う「ジャパントラックカップ」女子スプリントで富士見町出身の梅川風子(日本競輪選手会)が李慧詩を2-1で破り優勝を果たした(7月28日)

「2 days race in 木祖村 2022」長野県出場選手・関連チーム紹介!

 

 いよいよ週末に迫った国内アマチュア最高峰ステージロードレースで

木曽地域の土砂崩落以来、およそ5年ぶりの復活となる

2 days race in 木祖村 2022 に出場する長野県関連選手ならびに

長野県関連チームを紹介致します。

 

今大会は2日間で3ステージを戦うステージレースで

1チーム5名でレースを戦う、本格的なステージレース方式で開催されます。

また成績上位者には全日本選手権の出場権が与えられます。

 

 

 

2 days race in 木祖村出場チーム

 

グリーンジャージ(ポイント賞):阿部 航大(Honda栃木)
ホワイトジャージ(U-23):及川 一総 (作新学院大学)
イエロージャージ(個人総合):中里 仁 (Wednesday racing)
ピンクジャージ(40歳以上の部):岩島 啓太 (MIVRO)
2019年ツーデイズ木島平大会総合表彰より

 

京都産業大学Aチーム 京都産業大学Bチーム BREZZA-KAMIHAGI Nerebani
関西大学 イナーメ アイランド 信濃山形自転車クラブ
mkw 日本体育大学 MIVRO 明治大学
早稲田大学 バルバクラブトヤマ Team CUORE-MIX Team CUORE-KTR
Team CUORE-KTR TTGミトロングV KUCRT 明星大学
Wednesday racing Infinity Style 湾岸サイクリング・ユナイテッド One up Cerezo Racing
バルバクラブフクイ レバンテフジ静岡 慶應義塾大学 オッティモカレーユナイテッド
ALDINA CORSA Pelucchi 候補生 多摩学連 稲城FIETSクラスアクト
Roppongi Express 長野県選抜チーム 日本大学

 

 今大会も出場最大枠の35チーム(出走175人)が出走する文字通り国内アマチュア最高峰のレースとなる。注目は東京オリンピックMTB代表の今井美穂監督率いる「Wednesday racing」で、各クラブチームからセレクトされたコンバインドチームでありながら前回大会では中里仁選手が総合優勝を果たすと共にチーム総合時間賞も獲得。ディフェンディングチャンピオンとして大会に臨む。

今大会は対抗として、数多くの大学強豪チームがエントリーした。京産大・日大・明星・明治・早稲田・慶応・関西大・学連多摩選抜といずれもインカレで表彰台を狙う選手・チームがエントリー、大学選手達の力走にも期待したい。

クラブチーム勢も全国の強豪チームが参戦、前回大会でピンクジャージ(40歳以上)を獲得したベテラン岩島啓太選手を擁する日野市の「MIVRO」、同じく東京エリアの強豪である「湾岸サイクリングユナイテッド」「稲城FIETSクラスアクト」「Roppongi Express」各チームともに全国レベルのタレントを擁する。

また、北陸最大のバルバからは「バルバ・トヤマ」「バルバ・エチゼン」「バルバ・フクイ」の3チームがエントリーした。その他では、新設された国内ロードレースシリーズJCLに参戦する「レバンテフジ静岡」が参戦する。長野県からは県下最大のクラブチームであるイナーメ信濃山形から3チーム、県内の若手選手を中心に編成された長野県選抜チームの4チームが全国の強豪チームに挑む。

今大会は、2日間の総合優勝者の証イエロージャージ、ポイント賞のグリーンジャージ、U-23新人賞のホワイトジャージ、40歳以上マスターズ選手のピンクジャージが用意される。

 

初日に各ジャージを獲得した選手達が2日目のスタートにつく
(2018年ツーデイズ木島平大会より)

 

 

《前回大会の模様》

 

 

 

2 days race in 木祖村 長野県出場チーム

 

今大会は、県下最大のクラブチームで

長野県唯一のJPT(Jプロツアー)に出場中の

「イナーメ信濃山形」から3チーム出場のほか

U-23の若手を中心とした長野県代表候補選手で

構成される「長野県選抜チーム」の

4チームが大会に出場する。

全チーム・選手登録選手リスト〔PDF/大会公式HPより〕

—————————————————-

表彰対象年齢区分
●・・・O-40対象選手

★・・・U-23対象選手
☆・・・U-23対象選手(ジュニア)

—————————————————-

 

イナーメ

ポジション 氏 名 登 録 クラブ 個人TT出走順
エース 松井  大悟 石 川 イナーメ信濃山形
セカンド 高杉  智影 神奈川 イナーメ信濃山形
サード 本田  竜介 新 潟 イナーメ信濃山形
ウォーター 小野寺  望 東 京 イナーメ信濃山形
キャプテン 北野  普識 東 京 イナーメ信濃山形
リザーブ1 森崎  英登 愛 知 イナーメ信濃山形
リザーブ2

監 督:中畑清
メカニック:古瀬 直幸

 

【ピックアップ選手】

松井大吾
(イナーメ信濃山形)
今大会3チーム編成で出場のイナーメ信濃山形自転車クラブの1st.チーム
イナーメのエースを務める松井大吾はJプロツアーでも活躍中

 

 


 

アイランド

ポジション 氏 名 登 録 クラブ 個人TT出走順
エース 塩澤  魁 愛 知 イナーメ信濃山形
セカンド 高木  礼 岐 阜 イナーメ信濃山形
サード 山内  怜旺 愛 知 イナーメ信濃山形
ウォーター ☆中島  壮琉 長 野 イナーメ信濃山形
キャプテン ●香川  博 長 野 イナーメ信濃山形
リザーブ1
リザーブ2

監 督:中畑 美津子

 

【ピックアップ選手】

中島 壮琉
(イナーメ信濃山形/順天堂大)
昨年まで松商学園で長野県高校自転車中長距離のエースとして活躍
今年から順天堂大学に進学した学連ルーキー選手。
今大会はアシストとしてチームの中での「仕事」を求められる。

 

 


 

信濃山形自転車クラブ

ポジション 氏 名 登 録 クラブ 個人TT出走順
エース ●岩佐 信吾 長 野 イナーメ信濃山形
セカンド 平田 開人 長 野 イナーメ信濃山形
サード 野々山 大我 愛 知 イナーメ信濃山形
ウォーター 佐川 祐太 埼 玉 イナーメ信濃山形
キャプテン ●岩月 伸夫 愛 知 イナーメ信濃山形
リザーブ1 森 光流 千 葉 イナーメ信濃山形
リザーブ2        

監 督:平林 和美
メカニック:平林 武流

 

【ピックアップ選手】

岩佐 信吾
(イナーメ信濃山形)
2019年マスターズ個人追抜きの全日本チャンピョン
層の厚い長野県マスターズ選手の中で中長距離のエースとして活躍。
今大会は若手中心のチームの中でベテラン選手としてチームを牽引する。

 

 


 

長野県選抜チーム

ポジション 氏 名 登 録 クラブ 個人TT出走順
エース ★山浦 秀明 長 野 松本大学
セカンド ★辻本 青矢 静 岡 信州大学
サード ★田総 蓮 長 野 新潟食農大
ウォーター ☆小山 大登 長 野 松本情報工科専門学校
キャプテン ★井上 智巴 長 野 信州大学
リザーブ1 長澤 優樹 未登録 日置電機
リザーブ2 ★平山 大地 長 野    

監 督:大島 理彦
メカニック:日比 克
マッサー・総務:宮﨑岳人

 

【ピックアップ選手】

辻本 青矢
(信州大学)
昨夏の白馬クリテリウムで学連2部へ昇格、今年は信州大学のエースとして
その活躍が期待される。今大会でもチームの主力として
全国の強豪クラブチームに挑戦する。

 

 

 

 

その他の長野県出場予定選手

 

 長野県外のチームに在籍する

長野県関連選手は以下の通りです。

※変更もございます。

 

チーム 氏 名 登 録 リレーション ポジション
早稲田大学 ★山田 拓海 長 野 飯田風越高出 エース
明星大学 ★青島 冬弥 長 野 飯田風越高出 エース

 

 

山田 拓海
(早稲田大学)
高校時代はインターハイ・国体・全日本選手権の全ての大会で表彰台に上がる活躍を見せ
高校日本代表に選出されると、早稲田大学に進学しU-23日本代表にも選出され
この春の欧州遠征でも日本代表として戦った。
心配なのは前週の東日本学生選手権で落車に巻込まれ負傷
今大会の出場が危ぶまれている。

 

青島 冬弥
(明星大学)
高校時代は山田拓海と共に飯田風越高校で長野県大会三期連続優勝の
原動力となった、明星大学進学後もデビュー戦で2部へ昇格するなど活躍。
今年の初頭に手首を痛め暫く戦線から遠ざかったものの春には復帰となった。
今年も大学自転車界ならびに長野県代表としての活躍も期待される。

 

 

 

オープニングレース 地元の部個人TT出場選手

 

 

氏名 チーム カテゴリー
松宗 士織 長野県美鈴湖自転車学校 男子中学生
小林 洋平 信州大学付属長野中学校 男子中学生
臼倉 充哉 松本市立鎌田中学校 男子中学生
金児 敏之   男子成年
丸山  厚   男子成年

 

 

【出場選手】

松宗士織
美鈴湖自転車学校で本格的に自転車を始める。
今大会が自転車大会デビュー戦となる。

 

小林洋平
MTBのKids選手として活躍、一昨年からは
トラック競技・ロードレースにも参戦する。
今年はジュニア五輪出場を目指す。

 

臼倉 充哉
美鈴湖自転車学校で自転車競技を始める
既にトラック競技ではレース出場経験があるものの
ロードレースはこれが初の出走となる。

 

金児 敏之
全日本スーパーモト選手権に参戦のモーターバイク選手
前回のこの地元の部で優勝を果たすほか、冬は信州クロスにも参戦。
コロナの影響で実に3年ぶりのツーデイズに出場となるが
力走に期待したい。

 

丸山 厚
お馴染みオフロード・オンロード共に長野県を代表する選手として活躍
近年は、中川村のボンシャンスKdsなどの指導も行う。

 

 

 

 

大会日程

 

日 時:2022年5月14日㈯・15日㈰

会 場:奥木曽湖周回コース(味噌川ダム周回:木祖村)

第1ステージ 個人タイムトライアル(8.5㎞) 5月14日㈯ 11:00より
第2ステージ ロードレース(75㎞) 5月14日㈯ 15:00より
第3ステージ ロードレース(120㎞) 5月15日㈰ 12:00より

 

 

 

 

という訳で、とりあえず

ツーデイズの長野県出場選手の

ご紹介でした…

 

いや…

 

マジで忙しいっス(そろそろ倒れるか事故るって!)

 

 

 

とりあえず!

 

 

県車連のHPに併催する高体連大会の

リストが上がっているので

高校選手は御確認下さい。

 

あとツーデイズのメンバー変更って

確か今日までなので各チームのマネージャーは

大会公式HPをご覧ください。

 

というわけで、高体連の記事と

TEAM NAGANOのインターネット販売に

ついては本当に暫くお待ちください。

 

関連LINK

2 Days Race シリーズ公式HP(大会公式HP)

長野県自転車競技連盟