〔告知〕春のセンバツへ!「第43回全国高校選抜自転車大会」大蔵こころ(松山城南/赤穂中)が出場決定!

〔告知〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日) 《結果》立川競輪最終日「第1レースA級一般」荒井春樹(長野県)は残り1周を告げる鐘と同時に先頭に立つと粘りの走りで逃切り今節最終戦を勝利で締めくくった。ハイライト動画(6月25日)  《結果》松阪競輪2日目「第2レースA級一般」等々力久就(長野県/岡谷工高出)は残り1周から各選手の駆け引きの中から一早く先頭に出るとそのまま力走をみせの粘り勝ち!今年4勝目を挙げた。ハイライト動画(6月25日) 《結果》西武園競輪最終日「第6レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終第2コーナーから一気に前走4名を抜き快勝!今節最終戦を白星で飾った。ハイライト動画(6月22日)《結果》西武園競輪初日「1レースA級チャレンジ予選」前島恭平(長野県)が登場。5月第4週目から毎週休み無く出走の厳しいスケージュールながらも、最終周回にスパートするとそのまま逃げ切り!明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(6月20日) 《結果》いわき平競輪初日「4レースA級チャレンジ準決勝」前日快勝の宮下一歩(長野県/地球環境高出)は最終回の鐘と共に先頭に出ると今日も後続の追走を許さずおよそ2周を独走!二日間無傷で明日の決勝へ!ハイライト動画(6月5日)   

 

〔ニュース〕第43回全国高校選抜自転車大会に大蔵こころ(松山城南/赤穂中)が出場決定!

 

 全国高体連自転車専門部は、今年の春のセンバツ大会
第43回全国高等学校選抜自転車競技大会」の
女子出場選手を発表。北信越地域から長野l県は
選出されなかったものの

赤穂中学出身の大蔵こころ(愛媛・松山城南高1年)
「個人追抜き」「スクラッチ」「ロードレース」の三種目で選出された。

大会は2020年3月17日から3月20日まで、トラック競技が「北九州メディアドーム」
ロードレースは熊本県水上村「汗の原親水公園特設コース」で行われる。

尚、男子の出場校・出場選手については後日発表される。
第43回全国高等学校選抜自転車大会 出場女子選手(PDF:全国高体連自転車専門部)

 

 

 

大蔵こころ(松山城南高校1年)

 

 

プロフィール

大蔵 こころ (愛媛・松山城南高校1年生)

長野県赤穂市立赤穂中学出身

キッズ・ユース時代は、ボンシャンスで主にMTBで活躍。
昨年は単身、現在インターハイ三連覇中の松山城南高校へ
自転車留学を果たすと、1年目から愛媛県・四国高校女王のタイトルを獲得
インターハイロードレースでは4位入賞、JOCジュニア五輪の個人追抜きでは
自身初の全国優勝を果たした。秋以降もその快進撃は続き
秋の国体では成年選手も含めた中での5位入賞。
冬の全日本シクロU-17ではついに日本チャンピョンとなった。
留学2年目の今シーズンも活躍が期待される。

 

 

 

 大会日程

  3月16日(月)  開会式   (熊本県水上村立 水上中学)
  3月17日(火)  ロードレース(汗の原親水公園特設コース)
  3月18日~   トラック競技 (北九州メディアドーム)
  3月20日(金)  閉会式    (北九州メディアドーム)

  大会概要(PDF:全国高体連自転車専門部)

 

 

 

昨年の関連記事

 

 

 

 

高校に入り始めてとなる全国大会が全日本、並みいる強豪相手に見事な入賞を果たした。
(参照元:Youtube/シクロチャンネルCYCLOCHANNEL)

 

実業団レースの舞洲クリテリウムでも初勝利を収めた。
(参照元:Youtube/bikin!TV)

 

 

いま長野県の女子高体連選手の中で

最も期待されている大蔵選手。

シクロクロスでは念願の

日本チャンピオンとなり

益々その期待が高まる中で、

本人は決して舞い上がることなく

新たな目標に向かって淡々と

研鑽を積んでいるそうです。

今年も大蔵選手のさらなる活躍に

期待したいと思います。

 

 

 

関連LINK

全高体連自転車専門部

松山城南高校(学校HP)

赤穂市立赤穂中学校