〔ニュース〕自転車ビルダー達の甲子園「Japan Bike Technique」が2021年6月高山村で開催決定!

《速報》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が今日も残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

 

〔ニュース〕ビルダー達の甲子園「Japan Bike Technique」が2021年6月高山村で開催決定!

 

 

 昨年初めて高山村で開催された、自転車製造・販売車に携わる者が

自転車づくりの腕を競い合う「Japan Bike Technique  2021」が来年の

2021年6月5日(土)・6日(日)の両日に再び高山村で

開催されることが発表された。

 

このイベントは、日本の自転車づくり文化のさらなる発展を

目指したもので、国内の老舗フレームメーカーや

フレームビルダー、国内の自転車専門学校の生徒たちが

この大会の為に、自作の最新バイクを作成し

造形美や機能性を競う他、実際に公道でレースと

その中で、様々な課題を克服しながら互いの技術を競い合い

自転車に関わる技術発展を促進する目的で競技が開催される。

 

 

 

昨年の模様

 

 

 

昨年大会では国内外から多くの自転車製作者が高山村に集まった。
(記事は信濃毎日新聞より)

 

各チームがこの大会の為に作り込んだ最新作を披露する。

 

2つのギヤレシオが選択できるように
棒式変速機を装備したc speedのフィキスドギヤの自転車。
(クリックすると大きくなります。)

 

東京サイクルデザイン専門学校の生徒3人による
シマノのEバイックユニットを流用し、独自スケルトンバイク。

 

オリジナルバイクによるレースは早朝スタート
単なるレースでは無く、途中に安全性や耐久性を試す課題も…

 

 

《関連記事》

 

 

 

第2回のジャパンテクニークが来年、

再び信州高山村で行われることが決定しました。

昨年、この大会にかける日本の自転車職人の皆さんの

熱き想いに触れて、改めて日本の自転車文化の

技術向上、業界発展に大きな意味を持つ大会であると

痛感しました。

 

また来年、新たなジャパンメイドの自転車達と

それを創る人々が信州に結集するのを楽しみに…

レースだけでなく、「自転車」自体が好きな方も

是非会場へ足をお運びください。

 

 

 

関連LINK

Japan Bike Technique

信州高山村 You游ランド