〔結果〕2020年MTBアジア選手権で山本幸平(Dream seeker MTB/松本市)が10回目のアジア制覇達成!

〔告知〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日) 《結果》立川競輪最終日「第1レースA級一般」荒井春樹(長野県)は残り1周を告げる鐘と同時に先頭に立つと粘りの走りで逃切り今節最終戦を勝利で締めくくった。ハイライト動画(6月25日)  《結果》松阪競輪2日目「第2レースA級一般」等々力久就(長野県/岡谷工高出)は残り1周から各選手の駆け引きの中から一早く先頭に出るとそのまま力走をみせの粘り勝ち!今年4勝目を挙げた。ハイライト動画(6月25日) 《結果》西武園競輪最終日「第6レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終第2コーナーから一気に前走4名を抜き快勝!今節最終戦を白星で飾った。ハイライト動画(6月22日)《結果》西武園競輪初日「1レースA級チャレンジ予選」前島恭平(長野県)が登場。5月第4週目から毎週休み無く出走の厳しいスケージュールながらも、最終周回にスパートするとそのまま逃げ切り!明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(6月20日) 《結果》いわき平競輪初日「4レースA級チャレンジ準決勝」前日快勝の宮下一歩(長野県/地球環境高出)は最終回の鐘と共に先頭に出ると今日も後続の追走を許さずおよそ2周を独走!二日間無傷で明日の決勝へ!ハイライト動画(6月5日)   

〔結果〕2020年MTBアジア選手権で山本幸平が10回目のアジア制覇を達成!

 

 タイで開催中のMTBアジア選手権大会は大会三日目。五輪種目でもある「男子クロスカントリーオリンピック」にて山本幸平(Dream seeker MTB Racing Team/松本市)が連覇を果たし、自身10回目のアジアチャンピョンとなった。夏の東京五輪を自身のキャリアの集大成と定め、最後のアジア選手権に並々ならぬ決意で臨んだ山本は、宣言通り2位に1分近い差をつけて優勝。節目となる10回目のアジアチャンピオンの座を手にした。これで山本は大会初日の男女混合リレーに続き今大会2つめの金メダルを獲得することとなった。

尚、その他の長野県勢は、平野星矢(長野俊英高出)が準優勝をおさめた他、竹内遼(飯山高出)が9位、沢田時(長野市)が11位とそれぞれ活躍を見せた。詳しくは下記の通り…

 

※速報に2年ぶりの優勝と出してしまいましたが
 山本選手のアジア選手権は昨年に続いての連覇となります。

 

 

 

 

レース結果

 

Cross-Country Olympic – Men Elite

1位 山本 幸平  日本代表    1時間41分37秒
2位 平野 星矢  日本代表    1時間42分46秒
3位 C.Peerapol       タイ代表    1時間44分52秒
4位 T.Adisak         タイ代表         1時間46分28秒
5位 Adilov Shakir    カザフスタン  1時間46分56秒
9位 竹内 遼   日本代表    1時間50分44秒 
11位 沢田 時   日本代表    1時間52分49秒

 

 

《レースの模様 完全版》

(参照元:Youtube/ThaiPBS)

 

《レース後のインタビュー》

(参照元:Youtube/athlete bank)

 

 

山本選手は自身10回目のアジア選手権連覇となった。
(写真は昨年の全日本選手権のもの)

 

 

戦前、このアジア戦への強い想いと

必勝を語っていた山本選手。

宣言通り10回目のアジア王者戴冠を

果たしました。

今や、押しも押されもしない

日本MTBのアイコン的存在として

いよいよキャリアの集大成を迎えます。

 

県サイクリストの皆様には、競技の枠を越えて

日本の第一人者として長らく

自転車界を牽引してきた

山本選手に最後まで温かいご声援をお願い致します。

 

 

 

関連LINK

大会公式ホームページ(英語)

アジア自転車競技連盟

日本自転車競技連盟

MTBリーグ

Dream seeker MTB Racing Team