《速報》「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」50歳以上の部500mTTで羽田野隆彦が準優勝。

《速報》弥彦競輪最終日「第4レースA級チャレンジ選抜」に前島恭平(長野県)が登場。この日は残り1周回から単独で先行するとそのままゴールまで粘り切り、一昨日に続き今節2度目の1着となった。ハイライト動画(5月27日)《結果》弥彦競輪初日「第5レースA級チャレンジ予選」に前島恭平(長野県)が登場。前節同様に残り半周で2番手に付くと最終コーナーで後続の攻撃を見事に捌きつつ先頭の選手をゴール前で差し切って快勝!今節も活躍が期待される。ハイライト動画(5月25日)《結果》佐世保競輪2日目「第7レースA級チャレンジ準決勝」に前島恭平(長野県)が登場。残り半周で2番手に付くと後方の攻めをかわしながら最終ストレートで先頭の選手を捉え見事な勝利をおさめた。ハイライト動画(5月18日) 

「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」で羽田野隆彦選手(諏訪出身)が準優勝。

 

 35歳以上の壮年選手の国体「日本スポーツマスターズ2019 ぎふ清流大会」の自転車競技は本日9月21日(土)に岐阜大垣競輪場で大会初日を迎え、500mタイムトライアル4部で元長野県代表の羽田野隆彦選手(東京都:諏訪出身)が36秒668の好タイムで準優勝を果たした。

 

 

速報リザルト

 

500mタイムトライアル4部(50歳以上55歳未満の部)

1位 ブロケマ デイビッド(石川県) 36秒540
2位 羽田野 隆彦 (東京都:諏訪出身) 36秒668
3位 高橋 優功(秋田県) 37秒024

 

全日本選手権に続き日本マスターズでも力強い走りを見せた
羽田野隆彦(東京都:諏訪出身)

 

《長野県関連出場選手》

 

 

先月の全日本選手権に続き

今大会でも力強い走りを見せた羽田野選手。

走り終えての咆哮が

今大会の好調さを物語っていた。

優勝へは僅かコンマ1秒届かなかったものの

大会二日目のケイリンで表彰台を狙う。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ大会2019(大会公式)

全種目大会概要・詳細・組合せ(日本スポーツ協会)

大垣競輪場

岐阜県自転車競技連盟