《速報》「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」個人追抜き40歳以上の部で岩佐信吾が準優勝。

〔速報!〕静岡競輪初日「8レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)は残り2周回から一気のロングスパート!この日は足も軽くそのまま圧勝!明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(8月9日)  〔速報!〕青森競輪初日「7レースS級予選」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り半周から一気に二人を抜き我慢の走りで1着!明日の準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(8月9日) 〔速報!〕青森競輪初日「1レースA級予選」小峰烈(長野県/松本工出)は関東ラインで共闘すると3名で先行、最後のストレートで1番選手をかわして1着、明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(8月9日) 〔結果〕弥彦競輪最終日「第4レースA級一般」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り半周から4名の大接戦を制して1着!今節最終戦を勝利で飾った。ハイライト動画(8月8日) 〔結果〕弥彦競輪最終日「第2レースA級一般」長野県現役競輪最年長52歳の木下章(長野県)は残り半周から前走選手4名を抜いての快勝!前節に続き今節でも1着で好調をアピールした。ハイライト動画(8月8日) 〔結果〕宇都宮競輪二日目「2レースL級ガールズ予選Ⅱ」黒河内由実(長野清泉女学院出)は、粘りの走りで最終ストレート勝負に持ち込むと併走選手の落車を間一髪かわし、勢いそのまま前走選手を捉えて快勝! ナントこのレース2車単は86,980円(36番人気)、3連単は実に203番人気の808,750円(80万車券)と云う大波乱のレースを制した!ハイライト動画(7月31日)〔結果〕宇都宮競輪2日目「9レースA級準決勝」昨日快勝で準決勝進出の 宮下一歩(長野県)この日も積極的に前方へ出ると我慢の走りで逃切り!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(8月7日) 〔結果〕新潟弥彦競輪2日目「3レースA級一般」 平川雅晃(長野県)は、最終の鐘と共に前方に出ると粘りの走りで先頭を譲らず快勝!今年3勝目を挙げたハイライト動画(8月7日) 《走行注意》長野県内各地で大雨の影響による「がけ崩れ」などが多発しております。サイクリングにお出かけの際は当該地域の最新の情報をご確認下さい。(7月14日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

 

日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」で岩佐省吾(イナーメ信濃山形)が準優勝。

 

 35歳以上の壮年選手の国体「日本スポーツマスターズ2019 ぎふ清流大会」の自転車競技は本日9月21日(土)に岐阜大垣競輪場で大会初日を迎え、3km個人追抜き2部で岩佐信吾選手(長野県:イナーメ信濃山形)が3分51秒812で準優勝を果たした。詳しくは下記の通り…

 

 

速報リザルト

 

3km個人追抜き 2部(40歳以上~45歳未満)

1位 半沢 雄高(千葉県)3分44秒128
2位 岩佐 信吾(長野県)3分51秒812
3位 川島 洋 (滋賀県)3分28秒111

 

 

全日本チャンピョンジャージで登場の岩佐信吾(長野県:イナーメ信濃山形)
40歳以上の部で見事準優勝を果たした。

 

先月の松本市美鈴湖で行われた

全日本選手権マスターズの個人追抜きで

優勝を果たした岩佐選手が

全日本王者の証である

日本チャンピョンジャージで登場しました。

その岩佐選手は前日の練習中に

パンクに見舞われるアクシデントも乗り越え

大会初日に先ずはしっかりと表彰台にあがる

活躍を見せた。明日以降もまた

岩佐選手の活躍に期待したい。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ大会2019(大会公式)

全種目大会概要・詳細・組合せ(日本スポーツ協会)

大垣競輪場

岐阜県自転車競技連盟