《速報》「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」個人追抜き40歳以上の部で岩佐信吾が準優勝。

《速報!》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日) 《サイトよりお知らせ》「コロナに関する各イベントの対応状況」を7月開催の大会までに拡大しております。詳しくはこちら(3月20日)(3月26日) 《ニュース》2020年ツアーオブジャパンはコロナウイルス感染拡大防止のため中止に…(3月25日) 

 

日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」で岩佐省吾(イナーメ信濃山形)が準優勝。

 

 35歳以上の壮年選手の国体「日本スポーツマスターズ2019 ぎふ清流大会」の自転車競技は本日9月21日(土)に岐阜大垣競輪場で大会初日を迎え、3km個人追抜き2部で岩佐信吾選手(長野県:イナーメ信濃山形)が3分51秒812で準優勝を果たした。詳しくは下記の通り…

 

 

速報リザルト

 

3km個人追抜き 2部(40歳以上~45歳未満)

1位 半沢 雄高(千葉県)3分44秒128
2位 岩佐 信吾(長野県)3分51秒812
3位 川島 洋 (滋賀県)3分28秒111

 

 

全日本チャンピョンジャージで登場の岩佐信吾(長野県:イナーメ信濃山形)
40歳以上の部で見事準優勝を果たした。

 

先月の松本市美鈴湖で行われた

全日本選手権マスターズの個人追抜きで

優勝を果たした岩佐選手が

全日本王者の証である

日本チャンピョンジャージで登場しました。

その岩佐選手は前日の練習中に

パンクに見舞われるアクシデントも乗り越え

大会初日に先ずはしっかりと表彰台にあがる

活躍を見せた。明日以降もまた

岩佐選手の活躍に期待したい。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ大会2019(大会公式)

全種目大会概要・詳細・組合せ(日本スポーツ協会)

大垣競輪場

岐阜県自転車競技連盟