《重要なお知らせ》6月開催予定だった「2021グラインデューロ信越」11月6日(土)へ延期決定。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

「2021グラインデューロ信越」が6月から11月6日へ延期が決定

 

 既に本年6月5日に開催が発表された2021年の

グラインデューロ信越ですが

2021年11月6日(土)に日程が変更となりました。

参加を予定している方は、逐次公式情報をご確認下さい。

※コロナウイルスに関するポリシーはこちら(大会公式HPより)

 

 

 

 

今日たまたま朝から

東信・北信の自転車関係者の方と

再びコロナ流行の兆しを見せ始め

初夏から秋にかけての各種大会の

開催について話していたのですが

その矢先に、グラインデューロ信越が

初冬の11月に延期することが発表され

非常にタイムリーな話題となりました

 

痛感したのは「寒冷地故の寒さ」と「スキー場の準備」

この後の「長野県内のイベント」との兼ね合いを考えても

これ以上は後ろには持って行けない。

関係者の一生懸命な想いが伝わってくる気がします。

とにかく、本当にコロナの状況が読めないなかで

無事開催されることを祈りたいと思います。

 

 

関連LINK

グラインデューロ信越HP

grinduro.com