〔頑張れ信州〕いよいよ今週末開幕「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」県勢7名が出場!

《速報!》新潟弥彦競輪二日目「3レースA級一般戦」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り1周で先頭に立つと粘りの走りで逃切って今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(7月8日) 〔結果〕立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日)  《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

「日本スポーツマスターズ2019岐阜大会」長野県勢7名が出場!

 

 壮年スポーツ選手の国体にあたる「日本スポーツマスターズ2019 ぎふ清流大会 」。今年は岐阜県を舞台に野球やゴルフ・バレーボール等13種目が行われる。自転車競技は今週末9月21日・22日の二日間、大垣市にある大垣競輪場で行われます。長野県からは7名の選手が出場致します。詳しくは下記の通り…

 

 

大会概要

 

日本スポーツマスターズ2019 ぎふ清流大会
自転車競技

主 催:日本スポーツ協会(旧日本体育協会)岐阜県 岐阜体育協会
    日本自転車競技連盟 大垣市

日 程:2019年9月21日(土)・22日(日)

開会式:2019年9月20日(金)

会 場:大垣競輪場(大垣市)

種 目:トラックレース

    男子
    ①タイム・トライアル(TT)                                 
    ②スプリント(SP) 
    ③個人パーシュート(IP)
    ④ポイント・レース(PR)
    ⑤ケイリン(KE)
    ⑥チーム・スプリント(TS)

    女子
    ⑦タイム・トライアル(TT)
    ⑧スプリント(SP)
    ⑨個人パーシュート(IP)

公式大会概要(PDF:大会公式)

 

 

長野県出場予定選手

全出場選手リスト(PDF:大会公式)

 

岩佐信吾(イナーメ信濃山形)

今シーズンは県内トラック競技開幕戦となった松本トラックから
ここまで長野県内で開催される大会のほぼ全てで表彰台に乗る活躍。
先月の全日本選手権マスターズでは3km個人追抜きで優勝し
2019年のこの種目の日本王者となった。
〔出場予定種目:個人沖抜き、ケイリン〕

 


 

小林英樹(COGS)

今大会の県勢最年長選手で唯一の「60歳以上の部」に出場する。
今シーズンは春先からロードレースとトラック種目で活躍
全日本選手権は2㎞個人追抜きで大会新記録を叩き出すものの
僅かな差で準優勝、しかしながら
信州トラック競技最年長選手として
県トラック競技をその走りで引っ張る。
〔出場予定種目:タイムトライアル、スプリント、ケイリン〕

 


 

平林和美(イナーメ信濃山形)

今大会の県勢唯一の女子選手。今年からもトラック種目に正式に参戦し
松本トラック、長野県大会と連続出場し表彰台にあがると
全日本選手権マスターズでは2㎞個人追抜きで3位表彰台にあがった。
〔出場予定種目:個人沖抜き〕

 


 

武井秀周(イナーメ信濃山形)

昨年はマスターズの「長野県チームスプリントメンバー」として全日本王者に。
今年も先日の山梨県体育祭で長野県代表として活躍。
選手兼若手のアドバイザーとしても長野県代表チームに欠かせない存在。
長野県マスターズ界を代表するスプリンター。
〔出場予定種目:スプリント、ケイリン〕

 


 

 

等々力公英(長野県交通警備)

第49期競輪A級選手として活躍。引退後も後進の指導などにあたる。
今年は長野県大会でも活躍。今大会は計測系の500mタイムトライアルと
競争系のケイリン両種目に出走予定。
55歳以上の部での入賞・表彰台が期待される
〔出場予定種目:タイムトライアル、ケイリン〕

 


 

武田秀明(イナーメ信濃山形)

「45歳以上の部」に出場するイナーメ信濃山形のベテラン選手。
トラック・ロード・シクロと幅広い競技を走るマルチサイクリスト
今年の全日本選手権マスターズのスクラッチでは準優勝を果たした。
中長距離のイメージが強い選手だが、今大会は短距離系種目に出場する。
〔出場予定種目:スプリント、ケイリン〕

 


 

羽田野隆彦(ルクトスキップ)

選手登録は東京都だが、かつて長野県代表として国体で入賞
現在でも長野県マスターズを語る上で欠かせない選手。
先月の全日本選手権マスターズの2㎞個人追抜き〔50歳以上の部〕で優勝
2019年のこの種目の全日本王者
〔出場予定種目:スプリント、ケイリン〕

 

 

年齢区分

 

年齢区分および距離

〔男子〕
1 部 35 歳以上、40 歳未満 (IP 3km / TT 1km)
2 部 40 歳以上、45 歳未満 (IP 3km / TT 1km)
3 部 45 歳以上、50 歳未満 (IP 3km / TT 1km)
4 部 50 歳以上、55 歳未満 (IP 2km / TT 500m)
5 部 55 歳以上、60 歳未満 (IP 2km / TT 500m)
6 部 60 歳以上 (IP 2km / TT 500m)

〔女子〕
35 歳以上 (IP 2km / TT 500m)

 

参加資格、年齢基準及び所属都道府県

総則に定めるほか、次による。
日本自転車競技連盟の2019年登録を完了し、所属都道府県自転車競技連盟の承認を得た下
記に該当する者。

1)選 手
(1) 登録者規程を適用する。
(UCI プロチーム、UCI プロフェッショナル・コンチネンタルチームとプロフェッショ
ナル競技者として契約していた者、あるいは自転車競技法に定める競輪振興法人に
選手として登録していた者は、契約または登録を解除してから満1年を経過しなけ
れば参加できない)
(2) 年齢は平成 31(2019)年 4 月 1 日現在、満 35 歳以上とする。
(3) 第 74 回国民体育大会自転車競技会(都道府県予選会及びブロック大会を除く)に選
手として参加する者は、日本スポーツマスターズ2019自転車競技会に選手として
参加することはできない。

2)監 督
日本スポーツ協会公認自転車競技指導者(コーチ 1・3・4)の資格を有する者、もしくは日
本自転車競技連盟へチームアテンダントとして登録している者が望ましい。
ただし、本大会は日本自転車競技連盟登録競技者および審判員資格所有者も認める。

 

 

大会チラシ

 

(クリックすると大きくなります:PDF)

 

 

韓国選手団の参加について

 

 日韓スポーツ交流・成人交歓交流の一環として、韓国選手団が 9 競技に特別参加します。
また、本大会への特別参加に加え、期間中は開催地のチームなどと交流試合を実施します。
韓国選手団の参加についてご理解いただくとともに、温かいご声援をよろしくお願いいたします。
(大会公式より)

 

この大会ではお馴染みですが、今大会も

韓国マスターズチーム選手団13名が参加します。

何年か前に、何故かこの大会で

当日になって通訳をやってくれと言われ困りました。

当り前ですが!自分もネイティブ英語では無いし

韓国チームだって、日本人と同じくらいの

レベルで英語話せないし…

 

それは無茶だ!そんな思い出があります(笑)

 

さて、いま何かとゴタゴタしてる日韓関係です。

思うところは様々。それはまた自分も同じです。

ただし、これはスポーツです。

そんな政治のゴタゴタや諸々難しいことの前に

スポーツマンとして、スポーツマンシップに

乗っとった行動を心掛けたいと思います。

他人様がどうでは無く、自分はどうあるべきか?を問う。

それがサイクリング長野のポリシーです。

是非、韓国の選手にも温かいご声援のほど

宜しくお願い致します。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ大会2019(大会公式)

全種目大会概要・詳細・組合せ(日本スポーツ協会)

大垣競輪場