〔結果〕「第34回全日本選手権MTB」XCO男子エリートで沢田(長野市)U-23で北林(白馬高出)優勝

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

〔結果〕「第34回全日本選手権MTB」クロスカントリー

 

 2021年のMTB日本一を決める

第34回全日本選手権自転車競技大会マウンテンバイクは

11月19日・20日の両日、MTB最後の種目となる

クロスカントリー(XCO)が愛媛県の八幡浜市で開催され

男子エリートで長野市の沢田時(ブリヂストンサイクリング)が

男子U-23で白馬高出身の北林力(Dream Seeker MTB Raching)が

共に優勝し、今年の日本王者となった。

 

沢田は先々週に千葉県で行われた

クロスカントリーショートトラック(XCO)に続き

今年の全日本MTBの二種目で全日本王者となった。

長野県勢の結果は以下の通り

 

《長野県出場選手》

 

 

 

長野県勢の結果

 

 

《公開カテゴリー》男子チャレンジ 7.82㎞

優勝 福島 陽児 大阪府 シマノドリンキングXC B
2位 四條 安紀 静岡県 minzuu Bike
3位 間所 尚和 大阪府 CHAMPIGNON et TETE RASEE
——————————————————————————–
12位 上原 元樹 長野県 BIKERANCH/takebow-tuneBikeworks

 


 

男子ユース 15.64㎞

優勝 高橋 翔  東京都 cycleclub 3UP
2位 沿道 紘介 岡山県 Sonic-Racing
3位 嶋崎 亮我 東京都 Fine Nova LAB
—————————————————————–
14位 山田 愛太 長野県 ProRide(白馬中)

 


 

男子ジュニア 15.64㎞

優勝 副島 達海 大阪府 Limited Team 846
2位 柚木 伸元 三重県 ProRide
3位 楠  皓雅 宮崎県 都城工業高校自転車競技部
—————————————————————————–
4位 長見真左哉  長野県 ProRide

 


 

男子U-23 23.46㎞

優勝 北林 力  長野県 DreamSeekermtbracingteam(白馬高出)
2位 村上功太郎 愛媛県 松山大学
3位 松本 一成 長野県 RIDE MASHUN SPECIALIZED(諏訪実高出)
————————————————————————————————
8位 小林 勇輝 長野県 prologue
9位 北林 仁  長野県 DreamSeekermtbracingteam(白馬高出)
10位 野村 拓未 長野県 松本大学

 

《北林兄弟インタビュー》

(参照元:Youtube/Dream Seeker MTB Racing Team

 


 

女子U-23 15.64㎞

優勝 川口うらら 兵庫県 日本体育大学
2位 小林あか里 長野県 信州大学
3位 矢吹 優夏 東京都 BBQ
————————————————————–
4位 山田 夕貴 長野県 松本大学

 


 

男子マスターズ 15.64㎞

優勝 斎藤 朋寛 神奈川 RIDELIFE GIANT
2位 岡本 紘幸 愛知県 EXLUB project
3位 品川 真寛 静岡県 MIYATA MERIDA BIKING TEAM
————————————————————————————
6位 小林 義典 長野県 TeamSoleil悠

 


 

女子マスターズ 7.82㎞

優勝 唐見実世子 茨城県 弱虫ペダルサイクリングチーム
2位 中川左裕里 愛媛県 SOHAYA RACING
3位 小林 真清 長野県 TeamSoleil悠
————————————————————————————-
7位 北島 優子 長野県 パワースポーツ・SICK

 


 

男子エリート 23.46㎞

優勝 沢田 時  滋賀県 TEAM BRIDGESTONE Cycling(長野市)
2位 宮津 旭  長野県 PAXPROJECT
3位 竹内 遼  長野県 FUKAYA RACHING(飯山高出)
———————————————————————————————————–
7位 平野 星矢 長野県 TEAM BRIDGESTONE Cycling(長野俊英高出)
12位 松本 駿  長野県 RIDE MASHUN SPECIALIZED
15位 戸谷 亮司 長野県 岩井商会レーシング

全レース公式リザルト(PDF/MTB LEAGE公式)

 

 

 

 

 

第34回全日本選手権マウンテンバイク全種目の記事

 

長野県2021年マウンテンバイク日本チャンピオン

種目 氏名 所属
ダウンヒル女子ユース 原 つばさ 白馬マウンテンバイククラブ
ダウンヒル女子エリート 松本 璃奈  RIDE MASHUN SPECIALIZED(茅野高出)
クロスカントリーショートトラック男子エリート 沢田 時 TEAM BRIDGESTONE Cycling(長野市)
クロスカントリーオリンピック男子U-23 北林 力 Dream Seeker MTB Racing Team(白馬高出)
クロスカントリーオリンピック男子エリート 沢田 時 TEAM BRIDGESTONE Cycling(長野市)

 

 

 

以上で今年は各種目が分散開催となった

マウンテンバイクの全日本選手権の日程が

全て消化されました。

 

最終種目となったクロスカントリーでは

U-23で北林力選手が連覇

男子エリートでは、沢田選手が

悲願の全日本王者を戴冠のほか

表彰台を長野県勢が独占するという

快挙を達成しました。また、長年

日本のMTB界を牽引した

平野星矢(長野俊英高校出)選手が

引退とのことで、新旧の世代交代を予感させる

全日本選手権となりました。

 

これにて、国内MTBの年間日程は

来週の「CJ京都ゆぶね」のみとなりますが 

引き続き長野県のMTB選手達にも

温かい御声援のほど宜しくお願い致します。

 

 

関連LINK

大会公式HP

MTBリーグ

長野県自転車競技連盟