《重要なお知らせ》第34回全日本選手権自転車競技大会マウンテンバイクの開催地変更について。

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

《重要なお知らせ》第34回全日本選手権自転車競技大会の開催地変更について。

 

 マウンテンバイク(CXO・DHI)の日本一を決める

第34回全日本選手権自転車競技大会マウンテンバイク大会

10月1日~3日(秋田県仙北市田沢湖)にて開催予定が

新型コロナウイルス・デルタ株感染拡大の影響により

開催を断念することとなりました。

今後の全日本選手権の開催・代替地については

現在、調整中のため逐次、最新の情報をご確認下さい。

 

 

 

第34回全日本選手権自転車競技大会MTBについて

 

 

 昨今のコロナウイルス・デルタ株感染拡大の影響により、開催地である秋田県仙北市内では9月末までに開催予定のイベントを中止せざる得ない状況となり、10月1日〜3日に開催予定の全日本選手権大会(マウンテンバイク)も、全国からお集まりいただくイベントとして万全な対策を講じるのは難しく、開催地とJCFマウンテンバイク委員会および事務局で協議の結果、秋田県仙北市での全日本選手権大会(マウンテンバイクDHI/XCO)開催を断念することとなりました。

楽しみにしていただいていた参加者のみなさまには大変申し訳ございません。
全日本選手権大会(マウンテンバイクXCO/DHI)の開催につきましては、代替地および日程の変更を検討しているところです。

決定次第お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

マウンテンバイク委員会委員長 黒江祐平

 

 

 

 

10月開催予定だった

マウンテンバイクの全日本選手権が

新型デルタ株の感染再拡大により

一度「白紙」となりました。

本年度の日本一を決める

全日本選手権ですが、これにより

ロード・トラック・MTBの各大会が

宙に浮いてしまっている状況です。

今の状況では、本当に致し方の無い

部分がありますが、参加を予定される

皆さんは、逐次新しい情報をご確認

下さいますようお願い申し上げます。

当サイトも最新の情報が入りましたら

速やかにお知らせ致します。

関連LINK

MTBリーグ

田沢湖スキー場(会場)

長野県自転車競技連盟