〔速報〕第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」大会五日目 長野県勢結果。

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

福井しあわせ元気国体2018大会五日目 長野県勢結果。

 

 福井国体は大会五日目、大野市で自転車競技最後の種目となるロードレースが行われた。長野県代表は成年が小出(京産大)・渡邉(京セラ)、少年が山田・青島(共に飯田風越)の4名が当初エントリーしていたが、前々日のトラック競技スクラッチで渡邉が落車し欠場となり。成年は小出のみの出走となった。

レースは生憎の雨で成年少年共に距離が短縮された。そんな過酷なサバイバルレースの中で成年では小出が、少年では山田が勝負所でアタックを繰り返し見せ場を作った。

 

福井しあわせ元気国体2018 大会五日目 長野県勢結果

少年男子ロードレース

1位 平井光介 山梨県
2位 中村龍吉 福島県
3位 岩田聖矢 奈良県
15位 山田拓海 長野県
DNF 青島冬弥 長野県

 

勝負どころで見事な逃げを見せた山田(飯田風越)は今後に繋がる走りを見せた。

 


 

成年男子ロードレース

1位 奥村十夢 奈良県
2位 岡本 隼 和歌山
3位 野本 空 愛媛県
5位 小出 樹 長野県

 

小出(京産大)は終始勇敢な走りを見せたその姿は多くの称賛と感動を呼んだ

 

2018年の国体自転車競技が

全て終了致しました。

今年の長野県代表は全員が

最後まで諦めない走りを見せました。

それは応援してくれた多くの心に

残るものだったと思います。

しかしながら、目指すところはまだまだ

先になります。そして、長野県代表は

国体チームだけでは無く、各年代

各競技にも数多くいます。

どうか今後も長野県代表の選手達に

温かいご声援をお願い致します。

 

 

関連LINK

福井しあわせ元気国体・障スポ大会

JCF福井国体サイト

日本体育協会

えひめ国体・障スポ大会(前回大会)