〔速報〕「第75回インカレ -トラック競技-」大会初日の長野県勢の結果。

《速報》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が今日も残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

〔速報〕「第74回インカレ・トラック競技」大会初日の長野県勢の結果。

 

 本日8月24日(土)、本年の大学自転車界の最高峰の大会にあたる「第75回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権自転車競技大会」(通称インカレ)のトラック競技が松本市美鈴湖自転車競技場にて開幕しました。全国から30を超える大学と、厳しい学連基準タイムを突破したた者達が各大学の威信をかけて戦う、まさしく大学生達の甲子園。本日行われた大会初日《長野県勢》の結果をお伝えします。

 

 

 

 

男子チームパシュート12km〔予選〕

 

男子チームパシュート予選12km

1位 中央大学 4.11.571
2位 日本大学 4.11.988
3位 京都産大 4.14.658 ※小出樹(松本工出)出走
18位 信州大学 4.40.840 (兼平・阿部・西部・寺尾)

 

《信州大学》

第4組で地元の信州大学(兼平・寺尾・西部・阿部)が登場する。

 

信大は宣言通りリードオフマン・阿部が風除けとして先頭を力強く牽引する。

 

ずっと風除けとして信大を引っ張った阿部を切り離すと
兼平主将を中心に3名でゴールを目指し力走を見せる。

 

信州大は4分40秒840でゴール(最終順位18位)

 

信州大を力強く牽引した阿部は自転車から降りると同時に
両脚が痙攣して
暫く立てない程の力走をみせた。

 


 

《京都産業大学》

同じく表彰台を狙う京都産業大学は長野県中長距離のエース小出樹(松本工出:左から二番目)が出走。

 

先頭を牽引する小出樹(京産大:松本工出)は期待通りの走りをみせ
京産大は明日の3位決定戦に進出する。

 

 

男子オムニアム予選ポイントレース

 

〔第二組〕

1位 小野 寛斗(早稲田大)43点
2位 鈴木 浩太(明星大学)20点
3位 川嶋 祐輔(中京大学)14点
11位 寺尾 駿 (信州大学)1点

 

ハイスピードな展開にしぶとく喰らいついたが僅か1点足りず11位。予選敗退となった寺尾駿(信州大)

 

 

 

男子スプリント予選200mタイムトライアル

 

〔第二組〕

1位 山根 将太(中央大学) 9.892 ※学連新・大会新
2位 中野 慎詞(早稲田大学)10.035 ※大会新
3位 荒川  仁(明治大学) 10.069 ※大会新
26位 阿部   勇介(信州大学)    11.081

 

午前中に行われた団体追抜きでの足のダメージがあったか?
大歓声を受けながらも26位で無念の予選敗退となった阿部祐介(信州大)

 

初日いきなり花形種目の

団体追抜きで始まった今年のインカレ。

県勢には厳しい戦いを強いられました。

いよいよ明日からは競争系種目が始まります。

是非、会場で長野県勢に温かいご声援を

お願い申し上げます。

 

 

関連LINK

大会初日のリザルト(PDF:学連公式)

日本学生自転車競技連盟

 第75回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(学連公式HPより)

信州大学自転車競技部(ブログ)