〔結果〕2020年MTBアジア選手権で山本幸平(Dream seeker MTB/松本市)が10回目のアジア制覇達成!

《重要》全国高体連自転車専門部は、3月16日から開幕の「第43回 春の全国高等学校選抜自転車競技大会」について、中止ないし無観客での開催を視野に入れることを示唆、今後の対応が注目される。詳しくはこちら(2月27日) 《ニュース》前橋競輪最終日『最終12レースA級決勝』デビューから4場所連続の完全優勝を目指すゴールデンルーキー菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が残り半周から豪快な走りを見せ快勝!昇格後初のシリーズを完全制覇‼これでデビューからの連勝は12となった。ダイジェスト動画(10月23日) 《ニュース》西武園競輪2日目『第5レースA級チャレンジ準決勝』で地球環境高出身の宮下一歩(長野県)がおよそ1周半のロングスパートで逃切り初日に続き二連勝!最終日の決勝に臨む。ダイジェスト動画(10月23日)   《ニュース》京都向町競輪最終日 『第5レースA級特選』に 小峰烈(長野県)が登場。残り半周で5番手に付けると、前4名の選手を豪快に抜き去り1着!今年に入り7勝目を挙げた。ダイジェスト動画(2月21日)  《ニュース》昨年UCI規定により、定年のため引退した 小林秀一 前長野県自転車競技審判長が「長野県スポーツ振興功績者」として表彰されることが内定。授賞式は来月、長野県庁で行われる(2月20日) 

〔結果〕2020年MTBアジア選手権で山本幸平が10回目のアジア制覇を達成!

 

 タイで開催中のMTBアジア選手権大会は大会三日目。五輪種目でもある「男子クロスカントリーオリンピック」にて山本幸平(Dream seeker MTB Racing Team/松本市)が連覇を果たし、自身10回目のアジアチャンピョンとなった。夏の東京五輪を自身のキャリアの集大成と定め、最後のアジア選手権に並々ならぬ決意で臨んだ山本は、宣言通り2位に1分近い差をつけて優勝。節目となる10回目のアジアチャンピオンの座を手にした。これで山本は大会初日の男女混合リレーに続き今大会2つめの金メダルを獲得することとなった。

尚、その他の長野県勢は、平野星矢(長野俊英高出)が準優勝をおさめた他、竹内遼(飯山高出)が9位、沢田時(長野市)が11位とそれぞれ活躍を見せた。詳しくは下記の通り…

 

※速報に2年ぶりの優勝と出してしまいましたが
 山本選手のアジア選手権は昨年に続いての連覇となります。

 

 

 

 

レース結果

 

Cross-Country Olympic – Men Elite

1位 山本 幸平  日本代表    1時間41分37秒
2位 平野 星矢  日本代表    1時間42分46秒
3位 C.Peerapol       タイ代表    1時間44分52秒
4位 T.Adisak         タイ代表         1時間46分28秒
5位 Adilov Shakir    カザフスタン  1時間46分56秒
9位 竹内 遼   日本代表    1時間50分44秒 
11位 沢田 時   日本代表    1時間52分49秒

 

 

《レースの模様 完全版》

(参照元:Youtube/ThaiPBS)

 

《レース後のインタビュー》

(参照元:Youtube/athlete bank)

 

 

山本選手は自身10回目のアジア選手権連覇となった。
(写真は昨年の全日本選手権のもの)

 

 

戦前、このアジア戦への強い想いと

必勝を語っていた山本選手。

宣言通り10回目のアジア王者戴冠を

果たしました。

今や、押しも押されもしない

日本MTBのアイコン的存在として

いよいよキャリアの集大成を迎えます。

 

県サイクリストの皆様には、競技の枠を越えて

日本の第一人者として長らく

自転車界を牽引してきた

山本選手に最後まで温かいご声援をお願い致します。

 

 

 

関連LINK

大会公式ホームページ(英語)

アジア自転車競技連盟

日本自転車競技連盟

MTBリーグ

Dream seeker MTB Racing Team