〔頑張れ信州!〕「2019年マウンテンバイクアジア選手権」日本代表に長野県勢8名が選出。

 《速報》立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日) 【注目!】本日開催予定の「立川競輪A級準決勝」(15時24分発走)で再び、小峰烈‐菊池岳仁の長野ラインが形成される!弥彦競輪以来の長野県ワン・ツーフィニッシュに期待!!(7月7日) 《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日)〔結果〕伊東競輪二日目「4レースA級チャレンジ一般」前島恭平(長野県)は先頭誘導員の離脱と共に先頭に立つとそのまま追走を許さず逃切り今節初勝利をおさめた。ハイライト動画(7月4日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

「2019年MTBアジア選手権」日本代表に長野県勢8名が選出。

 

 JCF(日本自転車競技連盟)が、本日7月23日よりレバノンで開催される「2019年マウンテンバイクアジア選手権」の日本代表メンバーを発表し、長野県からは各年代の日本代表8名が選出された。いずれも表彰台を狙える力を持った選手であり活躍が期待される。詳しくは下記の通り…

 

 

長野県選手の紹介

 

〔クロスカントリー男子エリート〕

山本 幸平
(Dream Seeker MTB/松本市)
昨年のマウンテンバイクアジア王者。
先日の全日本選手権では前人未到の11回目の日本王者を戴冠
今大会でもアジア王者連覇を狙う。

 

平野 星矢
(TEAM BRIDGESTONE Cycling/長野俊英高出)
名門ブリヂストンのベテラン選手
先日の全日本選手権では王者山本選手と真っ向勝負を繰り広げた
不運な落車で2位となったが二年連続の表彰台を果たし活躍が期待される。

 

 

沢田 時
(TEAM BRIDGESTONE Cycling/長野市)
滋賀県出身で冬のシクロクロス2016年の日本チャンピョン
昨年からは練習環境を長野県に移し、今季も春先の国際大会で活躍
もちろん今大会も表彰台が期待される。

 

 


 

〔クロスカントリー男子U-23〕

平林 安里
(SPECIALIZED RACING JAPAN/白馬高出)
現在の日本国内の若手第一人者、テレビCMでも脚光を浴びる。
先日の全日本選手権でも持ち前の「速さ」と「パワー」を見せ
U-23全日本王者を連覇した。

 

竹内 遼
(FUKAYA RACING/飯山高出)
昨冬の全日本シクロクロスに続き、先日の全日本MTBでも連続表彰台。
今年は春先から海外遠征でも活躍をみせ急成長を見せる期待の選手。
今大会でもアジアの表彰台が期待される。

 

〔クロスカントリー女子U-23〕

松本 璃奈
(TEAM SCOTT JAPAN/茅野高出)
昨冬の全日本シクロクロスで当時現役の女子高校生ながらエリートで優勝。
今年は春先から海外を転戦し国際大会でも数多く入賞を果たす。
先日の全日本選手権でもU-23カテゴリー1年目で見事優勝を果たした。

 

 


 

〔クロスカントリー男子Jr.〕

松本 一成
(TEAM SCOTT JAPAN/諏訪実業)
昨年の全日本MTBユース優勝に続き、今年から上がった
全日本Jr.カテゴリーでも優勝を果たし、二年連続での
日本チャンピョンジャージを獲得した期待の高校生。

 

〔クロスカントリー女子Jr.〕

小林 あか里
(MTBクラブ安曇野/松本蟻ケ崎高)
昨年に引き続き全日本選手権ジュニア2連覇を果たす。
その全日本選手権では混走となったエリート・U-23の選手を抑えて
一時は全体のトップを走る程のポテンシャルを誇る。

 


 

〔スタッフ〕

鈴木 雷太 監督
(JCF強化支援スタッフ/松本市)
現役時代はブリヂストンアンカーで活躍
現在は松本市で自転車店を営む。

 

小林 輝紀 メカニック
(JCF強化支援スタッフ/飯山高出)
「菜の花飯山ロード」「信州クロス飯山ランド」の大会オルガナイザー
選手だけでなく地元飯山役員・長野県競技役員にも細やかな心配りで
スタッフからの信頼も厚い。長野県自転車競技界を牽引する一人。
(画像左:信州クロス飯山ラウンド優勝者の沢田選手と共に)

 

 

2019アジア戦日本代表選手団

 

MTBアジア選手権大会派遣選手団

派遣期間:2019年7月23日(火)~7月30日(火)
開催場所:レバノン

 

<スタッフ>(4名)
[監 督]
鈴木雷太(JCF強化支援スタッフ)
[コーチ]
西川昌子(JCF強化支援スタッフ)
[メカニック]
小林輝紀(JCF強化支援スタッフ)
榎本真弥(JCF強化支援スタッフ)

 

<選手>(17名)
[クロスカントリー 男子エリート]
山本 幸平(北海道 DREAM SEEKER)
平野 星矢(長野 TEAM BRIDGESTONE Cycling)
沢田  時(滋賀 TEAM BRIDGESTONE Cycling)
前田 公平(東京 弱虫ペダルサイクリングチーム)

[クロスカントリー 男子U23]
平林 安里(長野 SPECIALIZED RACING JAPAN)
竹内  遼(FUKAYA RACING)
村上 功太郎(松山大学)

[クロスカントリー 男子ジュニア]
山口 創平(滋賀 ProRide)
中島  渉(埼玉 Limited team 846/KURE/TRIGON)
松本 一成(長野 TEAM SCOTT JAPAN)

[ダウンヒル 男子エリート]
清水 一輝(愛知)
山田 ルーカス 淳一(愛知 重力技研/Body Architect)

[クロスカントリー 女子エリート]
今井 美穂(群馬 CO2bicycle)

[クロスカントリー 女子U23]
川口 うらら(兵庫 日本体育大学)
松本 璃奈(長野 TEAM SCOTT JAPAN)

[クロスカントリー 女子ジュニア]
小林 あか里(長野 MTBクラブ安曇野)

[ダウンヒル 女子エリート]
中川 弘佳(大阪 Lovespo.com/Liv)

 

 

以上が、アジア戦へ派遣される

メンバーとなります。

アジア連盟・日本連盟から詳細が

出ていないので詳しいことが解りませんが

長野県からは今年も9名の選出

どの選手も表彰台・入賞が狙える

強力な布陣となりました。

全日本選手権の記憶も新しい所ですが

県サイクリストの皆様には

是非、信州の代表選手と

日本チームに大きなご声援をお願い致します。

※今大会から日本代表のジャージが変わるそうです。

 

 

 

関連LINK

アジア自転車競技連盟

日本自転車競技連盟

MTBリーグ

長野県自転車競技連盟