〔ご報告〕無事に信州へ帰還いたしました。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

ご報告と今後のこと…

 

 

 こんにちは、パラリンピックロードの

起床3時半、朝食4時からの生活が染みついてしまい

未だ朝の3時頃に自然と目が覚める生活が続いています。

 

 

さて、日曜日の夜に都のPCR検査を受けて

月曜日のお昼に陰性を確認、同日の夕方に無事に

信州へ帰還致しました。

 

 

途中で約10日間が空きましたが、約1か月にわたる

TOKYO 2020 オリンピック&パラリンピックの役員執務を終了致しました。

 

 

ここ数日は、オリパラ活動中にお世話になった方々への

御礼・御挨拶だけでアッという間に、2日間が過ぎてしまいました。 

 

 

正直なところ、ある朝に突然かかってきた不躾な電話から

自分のTOKYO 2020が始まったわけですが

イザ、そこへ立つとなると

数多くの方の御理解や・御協力を賜りました。

まだまだ全てに御礼が出来て無いのですが

自分がいかに多くの方々に応援して頂いたのかを感じています。

 

 

その一方で…

 

 

TOKYO 2020で1か月も遊んでたんだから

長野県の自転車の仕事をやれよ!という県内の各行政の皆さん始め

各方面の関係者・保護者の皆さんからの

催促のメールも沢山もらっているので

大至急、本格的に長野県の自転車の仕事にも

取り掛かりたいと思います。

 

 

それにしても、一か月で様々なことがありました。

全国都道府県大会の中止、国体の中止、各全日本選手権の延期… 

 

 

 

そんな中でも、長野県の選手達は本当に頑張っていて

 

 

 

・児玉空大(上田千曲高)の定時制インターハイ5位入賞

・インターハイ男子ロードでの小山大登(エクセラン高)の単独エスケープ

・最後のインターハイで女子ロード準優勝を果たした大蔵こころ(赤穂中出)

・小出選手(松本工出)のツールドラブニール完走の快挙

・ルーキー堀江省吾(信大出)が弥彦競輪で三連勝チャレンジ完全優勝

・土屋凌我(岩村田高出)の世界選手権トライアル8位入賞など…

 

 

 

こうした情報をライブで伝えられなかったことは

この状況で頑張る選手達に本当に申し訳無かったなと思います。 

 

 

自分がオリパラ期間中に常に頭にあったのは、自分にとって

オリパラに役員として招集されたことは大変名誉?なことだが、

今の自分にとってはオリパラよりも「サイクリング長野」の仕事のほうが大切だ!

ということでした。

 

 

しかしながら、オリパラから得た新たな課題というのも

非常に大きいものであり、特にパラ自転車へ対する底辺拡大というのは

大会に参加し、選手・関係者と身近に話したからこそ得たものでもありました。 

 

 

このパラサイクルに関する長野県自転車界の課題というのは

とにかく近々に新しい動きを発表したいと思いますので暫くお待ちください。

 

 

また…

 

 

長野県に帰ってきて思ったことは、とにかくコロナ感染拡大が

非常に深刻であるということです。現状で長野県内全ての地域で 

感染警戒レベルがMAXの5です。 

 

 

「コロナの毒性は大したことがない」とか、「ワクチン2回接種が進んでる」とか

様々な意見があることは重々承知しておりますが

 

 

コロナの問題は既に

メディカル・ポリティカル・アカデミックな部分よりも

むしろ我々の「心理的な配慮」に最も留意すべき

新たなフェーズに入っ来て久しいものと捉えています。 

 

 

現在の状況では、とても全国規模の自転車イベントを

長野県内で開催することは出来る状況ではないし、

一昨日から関係者と話し合っていますが、当面は「自転車学校」の開催もかなり

厳しい状況だと思っています。 

 

 

そうした近々の問題に対して、改めて早急に対処するように致します。

 

 

もう暫く、この一か月で頂いた「お問合せ」や「オリパラ中に頂いた激励のメール」に

返信するのが遅くなりますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

とりあえず無事に信州へ帰還致しましたことをご報告いたします。

 

 

テレビ中継で沢山ご覧いただいたと思いますが…
オリンピック・パラリンピックで自分と平林審判員が着用していた
ホンモノです(笑)
県内でお世話なった方々に「着用後の物」で申し訳ありませんが
数着スペアをもらっていますので、御礼にお渡しいたします。
ぜひ事務所や店頭に飾って頂き
不遇だったTOKYO 2020の息吹を多くの方に感じてもらえれば幸いです。
コロナが一段落したら伺います…
本当に温かい御声援を頂きありがとうございました。
※あの被っていた「赤い帽子」は何?という質問を多数頂きましたが
大会のオフィシャル時計のOMEGA社のキャップで
我々は「OMEGAチーム」と呼ばれ執務を致しました。

 

(参照元:Youtube/Tokyo 2020
特にトラック競技の時に、自分の役割が終わるとセレモニーとなって
この「表彰アンセム」が会場に流れるんです。俺はこの曲を聴くと凄く苛立って
気分はスーパーセーブを決めて怒鳴り散らしているゴールキーパーのような感じでした。
「おい!しっかりしろよ!危ねぇだろ!失点(ミス)するぞ!コラ!!」
仕事が上手く行っても、失敗しても非常に興奮した状況でした。
「もっと出来た…」「しっかりしろ!」と思わされ…
テレビからこの曲が聞こえてくるとチャンネルを変えるくらいでした。
それだけ、緊張もしていたし、冷静そうに見えて興奮もしていました。
理由は良く解らないけど、この曲には非常に心を荒ぶらせるものがありました。
正直、オリパラ中に会場やテレビからこの曲を聴くのが本当に嫌でした。
でも、全てが終わった今この曲を聴くと
激しかったこの夏をどこか遠くに感じます…
きっと何十年後かにこの曲を聴くたびに、この夏を思い出し
懐かしむのだろうと思います…
この曲は2021年の自分を文字通り表している曲でもありました。
(美しく書いてますが、暫く本当に聞きたく無い…)

 

 

 

サイクリング長野