〔頑張れ信州〕TOKYO2020 自転車競技 「審判員・オフィシャルスタッフ」長野県派遣競技役員の紹介。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

TOKYO2020 自転車競技 審判・競技役員長野県派遣員の紹介。

 

 いよいよ明日開幕の「TOKYO 2020五輪」今回ですが

長野県から派遣される審判員・競技役員の紹介をしたいと思います。

 

今回、こうした企画を行うにあたって

是非長野県を代表して、五輪に出場する審判や競技役員を

周知させることで、将来長野県から国際審判員や

国内各地で競技大会を運営できる競技役員を育てたい!

 

という趣旨のもと、組織員会ならびに各競技の

統括の部門の方々にも、直接お話をさせて頂き

日頃選手に負けず、朝早くから夜遅くまで…

夏の暑い日も、冬の凍える日もたゆまず

長野県の自転車界を支えて下さる方々を紹介したいと思います。

 

※ただしこうした難しい時期での開催となります。
 本来は、各審判・競技役員を写真入りで
 華々しくご紹介するところですが
 世の中の趨勢から、お名前だけ紹介させて頂きます。

 

 

 

NAGANO Commissaire and Official  Team 2021

 

 

オリンピック

氏名 ポジション ロードレース ロードタイムトライアル MTB トラック競技 BMX
藤森 信行 審判      
伊藤 将志 バイク審判        
田中比呂喜 競技役員        
山田 学 競技役員        
平林 功 競技役員        
杉本鉄馬 競技役員
テストライダー
       
丸山 元靖 競技役員        
江下 佳代 競技役員      
丸山 八智代        
金子 稔 ドクター      

 

美鈴湖自転車学校で講師を勤める藤森信行コミッセール(UCI)は
もちろん今大会のオリンピックでも審判を務める。

 

ロード・トラック・MTBとマルチに活躍される江下佳代審判員
特にマウンテンバイクでは、審判だけでなく運営としても欠かせない。

長野県が誇る女性審判員として活躍中。

 

長野県が全国に誇る「メディカル・コミッセールチーム」を率いる金子稔ドクター
審判員としても信頼が厚い長野県自転車界唯一無二の存在。
JSPO公認のスポーツドクターとしてオリパラ両大会で活躍する。

 

 

パラリンピック

氏名 ポジション ロードレース トラック競技
藤森信行 審判
平林 功 競技役員
田中比呂喜  競技役員   
杉本鉄馬 競技役員
テストライダー
 
金原 諒 競技役員  
大前 龍太 競技役員  
芦田 健 競技役員  
金子 稔 ドクタ  

 

昭和53年の長野やまびこ国体でも大会競技役員を勤める大ベテラン平林功審判員。
現在、長野県の審判員の中で最も他県からの派遣要請が高い
長野県No1売れっ子審判員、競技運営・会場設営等でも
オールマイティに執務をこなす。TOKYO2020では
オリンピック・パラリンピック両イベントの競技役員を務める。

 

大学在学中の2018年に公認審判員ライセンスを取得
当時、長野県では最年少の審判員として各大会の執務で活躍
美鈴湖自転車学校でも講師を勤めるお馴染みの金原諒コーチ

 

2019年の高知県代表で、現在は松本市にある松本情報工科専門学校の
スポーツサイクル学科に在学中の大前龍太審判員
昨年のインターハイ代替大会後に、公認審判ライセンスを取得
今回大抜擢を受けてパラリンピックに参加する。

 

大前審判員と同様に昨年の公認審判員試験に合格
今年から審判として活躍する信州大学4年の芦田健審判員も
今回のパラリンピックに大抜擢を受ける。
信州の若手審判員の活躍に期待したい。

 

 

 

サイクリング長野より

 

 いよいよオリンピックとなります。

こうした難しい状況下で開催される

日本代表の審判・オフィシャル競技役員。

その中から長野県から派遣される皆さん達をご紹介しました。

 

自分はこの方達が、雨が降ろうが、雪が降ろうが

炎天下の美鈴湖でも、極寒の野辺山でも選手達のために

本当に一生懸命、大会を支えて下さっていることを知っています。

 

執務されるほぼすべての方と

共に審判業務や競技役員を行っており

彼らの人柄や仕事ぶりは良く知っています。

 

今日この日、ここへ来るまでも各自が

様々な葛藤とストーリの末に辿りついたことも知っています。

それは、ある意味で選手以上に困難な道のりだったと思います。

 

また、全員が普段からボランティアで自転車に携わられているので

オリンピックに招集されながらも

会社の方針などで執務が出来なかった方もいます。

 

長野県サイクリスト・自転車関係者の皆さんには

是非、日本代表としてオリンピック・パラリンピックに

参加する、長野県の審判・競技役員の方々にも

温かい御声援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

そしていつか…

 

これを見た若手の自転車関係者の皆さんが

「国際審判員」や「競技役員」として

再びオリンピックを始めとする世界の大会で活躍してくれる日が

来ること、長野県の自転車シーンを牽引してくれる日が来ること

を楽しみにしています。

 

 

頑張れ、長野!!

 

 

今回、執務に当たられる方は、日頃マスコミに絶対取り上げられない
本当に「縁の下の力持ち」。この人達の日々の努力無くして
長野県の自転車界は成り立ちません。

選手が到着する前に会場を作り、選手が帰ってから撤収をして
また次の週の大会を運営する… 

その汗は、選手に劣るものでもないのですが
惜しむらしくは、その汗は誰の目にも止まらない。

だからこそ、今回は当サイトで
特集を組んで、脚光を当ててみました。

元々、長野県の自転車審判員・競技役員のレベルは
全国に誇れる水準ですが、今回のオリンピックでは
こうした運営スタッフの活躍にも注目してもらえればと思います。

派遣される審判・競技役員の皆様には
事故無く・怪我無く、炎天下の執務もあるかと思います。
くれぐれも体調に気を付けて、頑張ってきて欲しいと思います。

 

※なお、審判・競技役員はオリンピック・バブルの中に入り
 大会期間中・執務中になると、取材が出来ません。
 会場などでの取材につきましては
 組織委員会やJOCにお問合せの上お願い致します。

 当サイトも明日より、オリンピックバブルの中へ入ります。
 暫くは更新・メール対応が遅くなりますので宜しくお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

TOKYO 2020(公式)

gorin.jp(民法公式LIVEサイト)

NHKオリンピックサイト(LIVE配信)

長野県自転車競技連盟(公式HP)



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京2020 オリンピック・パラリンピック 公式ガイドブック ジュニア版 [雑誌]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/7/22時点)

楽天で購入