〔エッセイ〕ロードレースの全日程が無事に終了いたしました。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

こんにちは、世界スポーツ大会2020のため

長期遠征中のサイクリング長野です。

本来であれば沢山の県内自転車情報を

皆さんにお伝えしなければならないのに

長期戦線離脱してしまい本当に

申し訳ありません。

 

 

さて、既にご存知の通り

世界スポーツ大会の自転車競技

ロードレースが終了しました。

 

 

昨日はチケット当選した!と

実際に会場に観戦に来て

くれた方もいて、やはりファンの方の

存在は何より有難いと感じました。

 

さて、昨日のタイムトライアルが終わり

これにてロードレース競技が全て

終わりました。

 

いま宿でチェックアウトの準備をしてますが

外からは全国から集まった

審判や競技役員の「別れの声」が聞こえてきます。

 

激動・激闘の5日間でした。

極度の緊張と、次々に起こる

想定外の問題たち。

紛糾するミーティング…

 

ここに集まった人達は

本当に日本自転車界の代表する

超精鋭たち。

 

そんな猛者たちが、一同に

こんな経験をした事がない。

と口々に云う程に苛烈な現場だったんだ

と改めて思っています。

 

今朝、食堂に降りると

昨日までのピリピリした重苦しさはなく

重責から各自が解放されて

とても清々しさを感じました。

 

今、外から聞こえてくる

明るい「別れの言葉」が、なによりも

ソレを雄弁に語ってくれます。

 

これにて、現場のロードレースチームは

解散となります。

参加した多くの人達に様々な経験と

思い出を残して…

 

最後に、コロナの中で我々を快く

受け入れて下さった地域のみなさん。

献身的にもてなして下さった

宿の皆さんに心より厚く

御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

そして、サイクリング長野ですが…

 

今日これから県をまたいで

伊豆修善寺のサイクルスポーツセンターに

向かいます。

 

まだ暫くは帰れず大変恐縮ですが

こちらへ引っ張られてしまった以上は

頑張ってきます

 

引き続き、皆様の御理解

ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

 

※幾つか緊急性の高いお知らせがあります

今日これから移動中にネットカフェがあれば

お知らせします。