《重要なお知らせ》2021‐22信州クロス第2戦「富士山ラウンド」大会中止のお知らせ。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

信州クロス第2戦「富士山ラウンド」大会中止のお知らせ。

 

 今シーズン全9戦の日程で開催が予定されていた

信州クロス(シクロクロスミーティング)ですが

残念ながら新型コロナウイルス感染再拡大の影響により

第2戦富士山ラウンドの中止が発表されました。

詳しくは下記を御覧ください。

 

 

 

シクロクロス富士山大会中止のお知らせ

 

 

シクロクロスミーティング第2戦シクロクロス富士山大会中止のお知らせ

 10月17日(日)開催予定のシクロクロス富士山はコロナ感染拡大による緊急事態宣言と感染拡大防止のため、大会の開催を中止する事となりました。楽しみにして頂いてた選手の皆さんには申し訳ありませんが何卒ご理解の程、よろしくお願いします。

シクロクロス富士山実行委員会

公式アナウンスメント(大会Facebook)

 

 

昨日、以上の発表がありました。

今シーズンもコロナの状況下での

大会開催を余儀なくされている訳ですが

多くの人達が、大会の安全な開催に向けて

尽力をしています。

そうした方々の影の努力を見ていると

本当に残念で苦渋の決断だったと思います。

ともあれ、今年はこの先もこうした

突然の中止・延期などが十二分に

あり得ます。どうか参加者の皆さんには

最新の情報に御注意を頂き

どなた様も、先ずは安全に日々を

お過ごしくださいますようお願い申し上げます。

 

関連LINK

AJOCC(日本シクロクロス主催者競技協会)

シクロクロスミーティング(信州シクロクロスHP)