〔レポート〕「2 Days Race in 木島平村 2019」二日間の熱戦をレポート《大会初日編》

〔結果〕松戸競輪最終日「第6レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)が登場。今シリーズなかなか勝ち星に恵まれず迎えた最終日、最終回を告げる鐘の音と共に後方から一気に4名を抜き去り先頭に立つと豪快に1周を逃切り快勝!最終日を勝利で飾った。ハイライト動画(9月27日)  〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 〔結果〕大垣競輪二日目「第9レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終回を告げる鐘と共に切れ味鋭く前へ出るとそのまま約1周を逃切り快勝!今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(9月18日) 《新型コロナ情報》長野県は直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は0.29人とレベル2の基準(0.4 人)を下回っていることなどから、県内全域の感染警戒レベルを2から1に引き下げました。引き続きサイクリングの際は感染対策をお願い致します。詳しくはこちら(9月17日) 〔お知らせ〕今週末行われるJOCジュニアオリンピックのテクニカルガイドの改訂版が発行されています。選手・関係者はご確認下さい。詳しくはこちら(9月16日)《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

「2 Days Race in 木島平村 2019」レポート《大会初日編》

 

 5月18日・19日の二日間にわたり木島平で行われた「2 Days Race in 木島平村 2019」(通称:ツーディズ)。今年も「地元の部」「インターハイ・国体長野予選」も併催され、県内外から多くのアマチュアサイクリストが木島平村クロスカントリー競技場に集結した。

今大会は1チーム5名のチーム戦で行われ、およそ30チーム150名を越える選手が出場した。5名の選手にはエースやアシスト、ウォーターマンと云った役割が決まっており本場欧州のレースに近い形式で2日間3ステージに渡って争われた。

 

 

 

大会レポート

 

 2 Days Race in 木島平村 2019《大会初日》
5月19日(土)木島平クロスカントリー競技場

 大会初日は、午前中「地元の部タイムトライアル」と本戦のプロローグとなる「個人タイムトライアル」。午後は各ジャージを争う「ロードレース」が行われた。
※今大会は自分もスタッフとして運営のお手伝いをしていた為、画像が少ないことをお詫び申し上げます。

 

昨年大会での衝撃的な「アナグマ落車」を踏まえ
本部前テントにはこんなメッセージボードが…

 

今年も大会のディレクターは藤森信行UCIコミッセール。
チーム関係者に今大会の諸注意等を伝える。

 


 

【地元の部タイムトライアル】

 

 

2019年のツーディズ最初の出走者は《地元の部》中学生の寺島京那選手。

 

《地元の部/高校生》ではシクロクロス日本代表の鈴木来人(伊那北)が出走。

 

2015年シクロクロス60-65歳の日本王者
小林英樹選手(COGS)今大会最年長が出走。

 

《地元の部/一般》の優勝は全日本スーパーモト選手権で活躍する金児敏之選手
〔画像左から:山崎選手、金児選手、小林選手〕

 

 

 


 

 

【第1ステージ:個人タイムトライアル】

 

 

個人TT最初の出走者はエンリック選手(YAMANAKAKO CYCLING FORMATION)

 

今年も各ジャージを狙うチーム・フィッツ

 

個性的なディスクホイールで力走する松本選手(Autobahngotemba)

 

今大会は3チームを送り出した地元長野県のイナーメ信濃山形

 

上位選手はホットシートに座り後続の選手を待つ。

 

今大会は「山形村自転車クラブ」の補強選手として出走の橋本嶺登(長野大)

 

今年単独出場の信州大学、大学シリーズでの活躍も期待される熊野選手が力走

 

高いパフォーマンスを見せたHonda栃木チーム

 

キャプテンマークを付けて出走の佐藤宇志選手(明星大Aチーム:下諏訪向陽出)

 

 

第1ステージ個人TTは作新学院の及川選手が9分29秒01で優勝しイエロージャージを纏った。
〔画像左より:香西選手(フィッツ)、及川選手(作新大)、岩島選手(MIVRO)〕

 

 


 

【第2ステージ:ロードレース】

 

 

【お詫び】

 ご存知の方も多いかと思いますが、この日は強風が吹き個人タイムトライアル中にビデオカメラが風に煽られて大破致しました。そこで、急遽の策としてサイクリング長野のカメラを強引にビデオ運用していた為、スタート前の時間しか画像がありません。この大会初日の第2ステージに関しては大会公式ホームページに今後記載されるレポートをご覧ください。

楽しみにして下さった方には本当に申し訳ありません。

 

 

 

関連LINK

2 Days Race in 木島平村(大会公式HP)

やまびこの丘公園(会場)

パノラマランド木島平(外来入浴)

木島平村



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木島平村 農村木島平株式会社 特別栽培米「山紫水明 木島平米」5kg
価格:3600円(税込、送料無料) (2019/5/28時点)

楽天で購入