〔頑張れ信州〕2022世界選手権トラック競技日本代表に富士見町出身の梅川風子(日本競輪選手会)選出

〔重要なお知らせ〕本日10月4日㈫~6日㈭まで美鈴湖自転車競技場が走路補修工事となり終日使用出来ません。(10月4日) 〔結果〕「おおいたアーバンクラシック」(UCI2クラス)でキナンレーシングの小出樹(松本工出)が3位表彰台!UCI国際ポイントを獲得した。(10月3日) 〔告知〕「長野県美鈴湖自転車学校10月の部」の募集が開始されました!(10月2日) 〔告知〕長野県自転車競技連盟が「いちご一会とちぎ国体 -自転車競技-」の長野県代表チームメンバー14名を発表!(10月2日)

世界界選手権トラック競技日本代表に梅川風子(日本競輪選手会)が選出

 

 日本自転車競技連盟は2022年9月20日に

今年の世界王者を決めるUCI世界選手権大会-トラック競技-に

出場する日本代表チームのメンバーを選出。

 

今年の全日本選手権で、スプリント・ケイリンの両種目で

準優勝の富士見町出身の梅川風子(日本競輪選手会)も選出され

2022年10月12日にパリで開幕する同大会に

日本代表チームの一員として出場する。

詳しくは下記のとおり。

 

 

 

トラック世界選手権日本代表チーム

 

2022年トラック世界選手権派遣選手団

大会名:Tissot UCI Track World Championships

日 程:2022年10月12㈬~16日㈰

会 場:フランス(パリ)

 

 

 [短距離男子]

 山﨑 賢人 (楽天Kドリームス/JPCU長崎)

 小原 佑太 (ドリームシーカーレーシングチーム/JPCU青森)

 寺崎 浩平 (楽天Kドリームス/JPCU福井)

 長迫 吉拓 (岡山 ドリームシーカーレーシングチーム)

 太田 海也 (JPCU岡山)

 

 [中距離男子]

 橋本 英也 (チームブリヂストンサイクリング/JPCU岐阜)

 窪木 一茂 (チームブリヂストンサイクリング/JPCU福島)

 今村 駿介 (福岡 チームブリヂストンサイクリング)

 兒島 直樹 (福岡 チームブリヂストンサイクリング/日本大学)

 松田  祥位 (岐阜 チームブリヂストンサイクリング)

 

 [短距離女子]

 佐藤 水菜 (チーム楽天Kドリームス/JPCU神奈川)

 太田 りゆ (チームブリヂストンサイクリング/JPCU埼玉)

 梅川 風子 (チーム楽天Kドリームス/JPCU東京)

 

 [中距離女子]

 梶原 悠未 (茨城 Team Yumi)

 古山 稀絵 (東京 チーム楽天Kドリームス)

 内野 艶和 (JPCA チーム楽天Kドリームス/JPCU福岡

 

 

 

 

 

 

梅川風子

 

梅川風子
(チーム楽天Kドリームス/JPCU東京)
富士見町出身の第112期現役ガールズ競輪選手。
大学時代はスケート選手として活躍。
2020年ではケイリン・2021年にはスプリントで
共に全日本チャンピオンを戴冠。
今年の全日本選手権でも両種目で準優勝と
現在の日本女子を代表するスプリンターとして活躍中。
世界選手権には昨年の初出場に続き2回目の出場となる。

 

 

 

梅川選手に関してなんですが

先月の全日本選手権の

このサイトのアクセス解析をしてみて

梅川選手の記事の視聴率が

凄く悪かったんですよね。

 

同大会に出場した

パラサイクルの小池岳太選手の記事

比べるとPV数が倍近く低い…

 

やはり、長野県自転車界との

繋がりが殆ど無い選手なので

日本代表のトップスプリンターなのに

長野県内のサイクリストには

ほぼ無名という状況なんです。

 

実際に県内のトラック競技選手でも

梅川選手を見たことの無い選手が沢山います。

 

 

何時も言ってますが…

 

 

江戸の昔からのことわざにあるように

遠く(他国)の大関より、近く(郷土)の三段目。 

※江戸時代は横綱という地位が無かったので大関が最高位

 

 

日本代表の自転車選手よりも 

先月の全日本選手権の時なら、

皆大好き地元の小松君(松本工高)の結果のほうが

検索数(期待値)が大きいんですよ。 

 

 

これは、自転車がマイナー競技とか関係無くて

甲子園行って長野県代表が出たらフツーに応援するでしょ?

オリンピック行ったら日本代表を見つけて応援するでしょ??

そこには何らかしらの「繋がり」があるからなんですよ。

 

 

で、この結果を見て痛感したのですが

この原因の多くというのは

当サイトの責任も大きいところだと思っています。

 

 

結局、梅川選手と長野県サイクリストを

繋げてあげられてないんです。

 

 

このサイトが出来た当初って

ご存じの通り未成年も多く見ている

ウチのサイトが「競輪」を扱うことに対し

かなり厳しい意見もあった。

 

それでも、最初は長野県の競輪選手の

紹介から始め、段階的に競輪を

解禁して行き最終的にはそれを当サイトが

半ば強引に押し切って(黙らせて?)

現在の長野県の空気感?がある訳です。

 

その葛藤の中で、県外登録の

梅川選手をクローズアップすることが

どうしても後手になってしまった。

それは県外登録の長野県出身選手である
中嶋選手・今野兄弟・爲田さんなども一緒なのですが…

 

これ、このままだと

次回のフランス五輪の際も

長野県の主要メディアが殆ど

梅川選手を扱ってくれない恐れがある… 

それは、長野県自転車界にとっても

好ましいことでは無い。

 

なので今後、当サイトとしても

少しずつ梅川選手を

先ずは長野県のサイクリストの

皆さんに知ってもらい 

サテライト千曲へ行った際は

車券を買ってもらえるように

フォーカスして行きたいと思います。

 

正直、自転車界の外から来た自分にとって

日本のサイクリストの、日本代表チームへの

無関心って衝撃的でした!

 

自転車乗ってる人達の殆どが

自転車日本代表の選手を知らない…

野球やサッカーでこんなことありますか??

その原因は様々あるのですが

とにかく、先ずは日本代表チームを応援というよりは

長野県出身の梅川選手に

注目をして頂ければと思います。

 

関連LINK

2022 世界選手権トラック競技特設サイト(UCI)

ガールズ競輪公式サイト