〔結果〕「全日本学生トラックレースシリーズ 第3戦 松本ラウンド」長野県勢の結果。

《速報》佐世保競輪2日目「第7レースA級チャレンジ準決勝」に前島恭平(長野県)が登場。残り半周で2番手に付くと後方の攻めをかわしながら最終ストレートで先頭の選手を捉え見事な勝利をおさめた。ハイライト動画(5月18日) 《結果》川崎競輪初日「第10レースS級予選」に柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が登場。残り半周で後方から一気に前方へ出るとゴール前で先頭を差し切って見事な勝利!3連単は108番人気の44,590円の高配当となった。ハイライト動画(5月18日) 《お知らせ》7月開催予定だった「Coupe du Japon 富士見パノラマリゾート」は夏以降へ開催延期となった。(5月18日) 《結果》広島競輪2日目「第2レースA級特別一般」に 等々力久就(長野県/岡谷工高出)登場!残り半周で前の二人を交わすとそのまま後続の追走を許さず逃切り今年3勝目を挙げた。ハイライト動画(5月16日) 《お知らせ》松本市は5月16日より「美鈴湖自転車競技場」を条件付きにて再開する発表した。詳しくはこちら(5月15日) 

「全⽇本学⽣トラックレースシリーズ 第3戦 松本ラウンド」長野県勢の結果。

 

 大学連盟主催の「全日本学生トラックレースシリーズ第3戦松本ラウンド」が7月15日(祝)に美鈴湖自転車競技場で行われた。前日の二日間がJICFということもあり学生もスタッフもかなり疲労の色が濃く、折からの天候の悪さも重なり非常に厳しい大会となった。県勢の結果は下記の通り…

 

尚、この大会は運営スタッフの不足が深刻で
サイクリング長野も審判員に駆り出されたため
大会中の一切の画像が無いことをご了承ください。

 

 

トラックシリーズ第3戦の県勢の結果

 

 

200m フライング・タイムトライアル 結果

1位 村田 祐樹 (日体大)
2位 上杉 嘉槻 (朝日大)
3位 岸田  剛 (鹿体大)
18位 兼平 優希 (信州大)

 

男⼦ 4km インディヴィデュアル・パーシュート

1位 風間 翔眞 (東北学院)
2位 棚瀬 義大 (朝日大)
3位 平田 裕貴 (朝日大)
13位 小出 樹  (京産大/松本工出)

 

チームパーシュート

1位 朝日大学
2位 早稲田大学
3位 日体大学
4位 京都産大学 (小出樹/松本工 出走)
9位 信州大学  (寺尾・西部・兼平・阿部

 

男⼦ポイントレース クラス3(3部)

1位 北原 知樹 (新潟大)
2位 横山 裕司 (筑波大)
3位 坂口 竜司 (明星大) 
5位 橋本 嶺登 (長野大)

 

男⼦ポイントレース クラス1(1部)

1位 安彦 統賀 (日体大)
2位 長松 大祐 (鹿体大)
3位 矢部 駿人 (法政大)
14位 小出 樹  (京産大/松本工出)

 

男⼦ケイリン

1位 村田 祐樹 (日体大)
2位 真鍋 智寛 (鹿体大)
3位 田仲 駿太 (鹿体大)
QF   兼平 優希 (信州大)※1回戦敗退

 

 

 

週末、本当にお疲れ様でした。

自転車界だけでなく、長野県と

松本市にとっても大きな週末となりました。

そもそも大会開催に

無理があり過ぎる大会でした。

特に、信大生は前日のレースで

非常に大きな大きな大役があり

その役目を兼平主将始め有志で

立派に果たしてくれました。

個人的にはレースよりも

人生において1回あるか?無いか?の

仕事を完遂してくれたことを

高く称えたいと思います。

一方で、我々大人達の至らなさを

考えさせられる週末となりました。

ともあれ長野県車連の皆様

朝早くから夜遅くまで

本当にお疲れさまでした。

 

 

関連LINK

大会詳細HP(学連公式HPより)

日本学生競技連盟

長野県自転車競技連盟