〔速報〕第53回都道府県大会トラック 男子4km団体追抜きで長野県代表が8位入賞

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

速報 男子4km団体追抜きで長野県代表が8位入賞

 

 来年の茨城国体のプレ大会「第53回全国都道府県対抗自転車競技大会トラックレース」の大会初日。男子4kmチームパシュートに長野県代表(中村・小出・青島・山田)が登場。粘りの走りをみせての8位入賞。国体に続き都道府県大会でも表彰台に上がることとなった。これにより長野県代表にはチーム得点も3点が加算され男子県総合17位で本日10月16日に大会最終日を迎える。

 

大会結果

 

 男子4kmチームパシュート決勝結果

 1位 岐阜県代表 4分26秒743
 2位 京都府代表 4分28秒773
 3位 鳥取県代表 4分32秒271
 8位 長野県代表 4分45秒800(中村・小出・青島・山田)

 

 中村(日大-松本工出)を除く、小出(京産大-松本工出)・山田・青島(共に飯田風越)の3名は国体以降、ほぼ一か月休みなくレースをこなして来た。それに加えて前日の100kmを超えるロードレースの直後と云うこともあり、序盤から各選手が精彩を欠く厳しいレースとなった。

特に早い段階で3名体制になると我慢の展開となったが、条件は他のチームもほぼ同様の上、取手競輪場のやや重い走路が出場選手達を苦しめ全体のタイムも伸び悩んだ。そんな悪い条件の中、その我慢が功を奏しての価値ある8位入賞。しっかり結果を残したあたりにチームとしての成長や「粘り強さ」・「勝負強さ」を垣間見ることが出来た。

今回の選手起用は勿論来年を見据えたものだが、入賞という結果を残せたことで来季に繋がる幸先の良いスタートとなった。

 

1回目のスタートで相手がフライング、集中力を切らさず仕切り直しで綺麗なスタートをみせる

立ち上りから小出(京産大)がチームを牽引する

悪いながらもしっかりと結果を出したチームを大いに評価したい。

 

表彰台に上がる中村吉伸(日本大―松本工出)

 

 

関連LINK

大会インフォメーション(取手市公式HP)

取手競輪場

日本自転車競技連盟



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長野県旗(100×150cm・全国47都道府県旗・テトロン製・日本製)
価格:13800円(税込、送料別) (2018/10/16時点)

楽天で購入