2018年大学ロードシリーズRCS開幕戦飯山のクラス3で長野県出身の新入生2人がいきなり表彰台の快挙!

《速報》国内MTBシリーズ最終戦「Coupe du Japon 京都ゆぶねラウンド」で先々週のJr.五輪で優勝の渡邊善大(白馬MTBクラブ)がKidsの部準優勝、山田愛太(ProRide/白馬中)が男子ユース準優勝。女子マスターズで小林真清(Team Soleil悠/長野県)が優勝(11月28日)〔結果〕「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日)

大学シリーズ開幕戦で県出身の新入生2名が堂々の表彰台!

 2018年の大学ロードレースカップシリーズ(RCS)開幕戦が今年も4月21日・22日と飯山で開催された。今年はこの開幕戦におよそ210名がエントリー。大会は来年の3月までの計9戦(予定)にわたるシリーズ戦で争われ年間王者が決まる。

長野県からは「信州大学」「長野大学」の2校と、県外の大学へ進学している学生も合わせ12名がエントリー他、高校生枠で2名、オーバーエイジ枠3名の合計17名の長野県関係者がエントリーをした。

大会は初日がポイントレース方式のクリテリウム。二日目が完全ロードレース方式で行われた。初日こそ健闘すれど結果が出なかった県勢だが、翌日は前日の鬱憤を晴らすかのように3名の選手が表彰台に上がった。

長野県期待のルーキーが2名がいきなり表彰台へ

【大会2日目 カテゴリー3 A組レポート】

 二日目最初のレースは「25分+針湖池5周回」でレースが行われた。奇しくも長野県からはこの春から大学生になったフレッシュな3名のルーキーが出走した。松本工業出身の小出(京産大)は昨年の長野県国体代表。中野立志館高出身の橋本(長野大)は先日のシクロ東京Jrで3位表彰台、下諏訪向陽高出身の佐藤大志(明星大)は昨年の信州クロス白樺湖のC2優勝者と県期待の3名がラインナップされた。

 真新しい京産大のジャージを着て現れた小出樹(松本工出身)

レースは序盤からこの3名が積極的に動き集団を活性化させていく。中でも小出は高校時代のスタイルそのままに集団の先頭で積極的にレースを作れば、橋本も持ち前の勝負どころを逃さずにアタックを繰り返し2回目の中間スプリント賞を獲得する。

 

 

その後も3人が存分に持ち味を見せて互い譲らず、最終スプリントで僅かに日大の野村が先行し1着。2位から6位まではタイム差無しの大熱戦。ビデオ判定によって2着に小出、3着に橋本、5位は佐藤(大)となった。これによって小出はカテゴリー2クラスへ昇格。他の2名も十二分に大学の上のレベルでやれることをいきなり証明してみせた。

新生「長野大学自転車競技部」その1期生として初の公式戦で表彰台に上がった橋本嶺登

 

長野県の自転車関係者ならびに自転車ファンにとっては、大学シリーズの開幕戦。しかも地元長野県飯山開催で新入生3名が見事に入賞を果たすという快挙に嬉しいシーズンスタートとなった。

この春、昨年の県高校自転車で結果を残した3年生達が大学や社会人・クラブチームに数多く新加入した。県自転車ファンには是非2018年のルーキー達に注目して欲しい。

 

いきなり表彰台に上がる2位小出(写真左)と3位橋本(写真右)

 

開幕戦2日目 クラス3A順位 37名出走(18名完走)

順位

ゼッケン

名前

チーム

タイム

タイム差

時速

昇格

1位

211

野村将矢

日大

32分42秒

46.4km

2位

187

小出 樹

京産大

32分43秒

0

46.4km

3位

159

橋本嶺登

長野大

32分43秒

0

46.4km

 

5位

175

佐藤大志

明星大

32分43秒

0

46.4km

 

学連公式リザルト(PDF)

 

「明星」期待の“新星”は諏訪出身の兄弟

 日本サッカーでは良くある話しだが、「高体連出身選手」と「クラブチーム出身選手」。この日に入賞した小出・橋本が前者であれば、明星大の佐藤大志・宇志兄弟は後者の出身だ。小出・橋本は高校の自転車部に入部し高体連で活躍したが、佐藤兄弟の出身校「下諏訪向陽高」には自転車部が無かったため二人は高校自転車では無く地元クラブチームの強豪スワコレーシングで走る道を選んだ。その為、県関係者でも大学進学を知らぬ者が多く、当サイトでも先日の大会プレビューで二人の存在を落としてしまっていた。(二人にはお詫び致します)

昨年の信州クロス白樺湖(左:佐藤宇志 中央:佐藤大志 左:小出樹)

しかしながら、シクロクロスの強豪スワコレーシング出身と云うことで直近のリザルトとアルバムを振り返ってみると、昨年の信州クロス開幕戦で佐藤兄弟は今日2位に入った小出に3分24秒の差をつけて押さえ、1・2フィニッシュを納めている実力者だ。

信州クロス開幕戦白樺湖ラウンドレポート

兄の佐藤大志(明星大1年)

弟の佐藤宇志(明星大1年)

高校時代、高体連とクラブチームという別々の道を歩んで来た選手が大学の舞台で相まみえると云うのは非常に興味深い。これを期に高校自転車ファンにも佐藤兄弟の名前を覚えてもらい是非今後彼らの走りに注目をしてもらいたい。

関連記事


関連Link

菜の花飯山ロードレース大会公式HP

日本学生自転車競技連盟

京都産業大学自転車競技部

明星大学自転車競技部(Twitter)