〔結果〕7月第2週に行われた主な大会の長野県勢入賞者

《ニュース》信州シクロクロス開幕戦「白樺湖ラウンド」のエントリーリストが公開されました。詳しくは こちら(9月29日) 〔結果〕取手競輪初日「第1レースA級予選」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り1周で先頭に出ると、そのまま最終回を逃切り初日快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月29日) 〔結果〕松戸競輪最終日「第6レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)が登場。今シリーズなかなか勝ち星に恵まれず迎えた最終日、最終回を告げる鐘の音と共に後方から一気に4名を抜き去り先頭に立つと豪快に1周を逃切り快勝!最終日を勝利で飾った。ハイライト動画(9月27日)  〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

7月第2週に行われた主な大会の長野県勢入賞者

  7月第2週の週末に行われた主な大会で入賞した長野県勢を紹介致します。主なトピックスではトルコで行われたUCI-1アンカラカップで沢田選手(長野市)と平野選手(長野市出身)の両名が入賞しUCIポイントを獲得。東京五輪での枠を争う上で重要なポイントを日本にもたらした。また、宮ヶ瀬クリテリウムでは信州大の1年生がデビュー戦を迎え井上選手がピュアビギナークラスで優勝した。

 

Ankara Cup UCI-C1 〔トルコ・アンカラ〕

 XC  Elite MEN クロスカントリー男子

 1位 HARING Martin  〔スロバキア〕 01:25:07

 2位 DUQUESNE Remy 〔フランス〕  01:25:21

 3位 BRUNELLO Mickael〔フランス〕  01:25:45

 4位 SAWADA Toki     〔ブリヂストン〕01:28:42 ※長野市

 7位 HIRANO Seiya    〔ブリヂストン〕01:29:53 ※長野市出身

 ※両名ともUCI-1クラスで入賞しUCIポイント獲得

 小林MTB監督によるレースレポート(ブリヂストン公式BLOGより)

 公式リザルト(UCI公式)

 

宮ケ瀬クリテリウム(神奈川県)

 ピュアビギナー2組目

 1位 井上 凌 (信州大)    10分23秒765

 2位 山下卓也 (Mst)     10分30秒054

 3位 小田長勇 (YOUCAN多摩境)10分30秒900

 5位 秋山智広 (信州大)    10分37秒406

 

MTB エンデューロ ジャパンオープン(野沢温泉)

 

 リザルトは7月11日 公式HPにて公開 公式HP

 

2018 Niseko Classic Road Race (北海道)

  140km OPEN Men

  1位 岡 泰誠 (イナーメ信濃山形)

 140km Men Age of 40 to 44 

  2位 生田目 修(イナーメ信濃山形)

  70km Men Age of 60 to 64

  9位 小林 英樹 (快レーシング)

 70km OPEN Women

  7位 /雑賀 敬子(イナーメ信濃山形)

 公式リザルト(大会公式HPより)

 

 

くわしくは各大会HPにて

リザルトをご確認下さい。

 

関連記事


関連LINK

TEAM BRIDGESTONE Cycling(公式Blog)

信州大学自転車競走部(公式Blog)

宮ヶ瀬クリテリウム(公式HP)

MTBエンデューロジャパン(公式HP)

ニセコクラシック(公式HP)