《速報》「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」で平林和美が4位・等々力公英が6位入賞。

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

 

 

「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」で平林和美が4位・等々力公英が6位入賞!

 

 35歳以上の壮年選手の国体「日本スポーツマスターズ2019 ぎふ清流大会」の自転車競技は本日9月22日(土)に岐阜県大垣競輪場で大会最終日を迎え、女子2㎞個人追抜きで平林和美(長野県:イナーメ信濃山形)が4位等々力公英(長野県:長野県交通警備)が男子500mタイムトライアル55歳から60歳の部で6位入賞を果たした。

 

 

速報リザルト

 

女子2㎞個人追抜き

1位 原田 悦子(徳島) 2分58秒663
2位 中塚 佑佳(山口) 3分03秒560
3位 松下 恵子(広島) 3分08秒116
4位 平林 和美(長野) 3分16秒318

公式リザルト(PDF:大会公式)

 

 

男子500mタイムトライアル

1位 笹原 康彦 (岐阜) 35秒616
2位 吉本 清文 (富山) 36秒401
3位 福井 猛  (香川) 37秒864
6位 等々力公英 (長野) 38秒864

公式リザルト(PDF:大会公式)

 

調子が今一つ上がらなかったと語る等々力選手(長野県:長野県交通警備)だが
しっかりと入賞を果たした。今後は21年に神戸で開催されるワールドマスターズを目指す。

 

 

入賞を果たした平林和美選手と等々力公英選手

 

ベテランの両選手が見事な走りをみせ

入賞という結果を残してくれました。

特に平林選手は今シーズンから

トラック競技に本格参戦。

全日本選手権3位に続き

日本マスターズでも4位入賞を果たしました。

等々力選手は今後、2021年に日本で開催される

ワールドマスターズへの日本代表入りを目指します。

今後も両選手に温かいご声援を宜しくお願い致します。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ大会2019(大会公式)

全種目大会概要・詳細・組合せ(日本スポーツ協会)

大垣競輪場

岐阜県自転車競技連盟