〔告知〕小中学生・マスターズ参加可能!「第17回明治神宮外苑大学クリテ」タイムトライアル開催。

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

〔募集開始〕小中学生参加可能!「第17回明治神宮外苑大学クリテ」小中学生タイムトライアル。

 

 大学自転車界、年度末最後のビッグイベントである

第17回明治神宮外苑大学クリテリウムが

2023年2月26日㈰ 明治神宮外苑特設コースにて開催されます。

本年は、コロナ禍以前と同じように

大学生レース(3部~1部大学対抗戦)の他

 

——————————————————————————

・女子クリテリウム

・小中学生タイムトライアル(1.5㎞)

・マスターズタイムトライアル(1.5㎞)

・パラサイクリングタイムトライアル(1.5㎞)

——————————————————————————

 

以上の各カテゴリーが復活致します。

またコースも例年と同じように

神宮絵画館をスタートし

国立競技場・銀杏並木・神宮球場と

神宮の杜を完全クローズで走ることが出来る

非常に貴重な機会となります。

 

特に、小中学生のみなさん

またマスターズの皆さんで

興味のある方がいらっしゃいましたら

是非ご参加ください。

 

〔その他の冬季開催レース〕

 

 

大会概要(大学レース以外)

 

 

全日本学生ロードレースシリーズカップ最終戦
第17回明治神宮外苑大学クリテリウム
《各カテゴリータイムトライアル》
主催 日本学生自転車競技連盟(JICF)
後援 明治神宮外苑 新宿区
日本サイクリング協会 日本自転車競技連盟
会場 明治神宮外苑外周コース(新宿区)
日程 2023年2月26日㈰
参加資格 ◇小中学生タイムトライアル(1.5㎞)
 小中学校年齢の児童・生徒で、ヘルメット&グローブ着用・自分の自転車で参加できる者。
◇マスターズタイムトライアル(1.5㎞)
 本年度JCFライセンス登録者で満0歳以上の者
◇パラサイクリングタイムトライアル(1.5㎞)
 本年度JCF登録者もしくは臨時登録競技者の男女
◇オープン&ウォームアップライド(7.5㎞)
 大会出場選手は参加可能
ライセンス 小中学生は不要
それ以外は上記を参加資格を確認
定員 各カテゴリー概ね60名程度
申込期間 2023年1月23日㈪~30日㈪ 午前12:00まで
参加方法 大会HPより所定のエントリー用紙にて
jicf.rcs.entry@gmail.comまで
詳しくは大会概要を参照のこと
参加費用 ◇小中学生:500円(新宿区・港区在住・在学の小中学生は300円)
◇マスターズ:10000円
◇パラサイクリング:10000円
◇オープンウォームのみ:3000円
振込先 長野県労働金庫 諏訪湖支店 普通 9687405 日本学生自転車競技連盟
その他 出場する選手は必ず大会コミュニケにて随時最新情報を確認すること
問い合わせ 日本学生自転車競技連盟
大会特設サイト(JICF公式HPより)
   

 

〔大会特設サイト〕

 

〔イベントの様子〕

小中学生タイムトライアルに出場の選手たちが
大学選手同様に出走サインを行う。

 

レースはタイムトライアル形式で
1名ずつがスタート台から1分間隔でスタートして行く。

 

各大学の応援団・ブラスバンド・チアリーダーの
華やかな声援を受けながらKids選手が神宮の杜を駆ける。

 

大学自転車大会の中でも唯一都心で開催されるため
各大学が応援団を派遣して非常に華やかな大会となる。
また朝から熱心なファンも訪れ多くの観客・自転車ファンが
コロナ禍を越えて戻って来ることを期待したい。

 

 

過去の大会

 

〔2022〕

 

〔2021〕

 

〔2020〕

 

〔2019〕

 

〔2018〕

 

 

 

と云う訳で、当サイトも

非常にゆかりの深い外苑クリテリウム

自分はどちらかというと

前日のオリンピックセンターでの

シンポジウムが昔からメインですが

シンポに関しては、今年は

リモート開催だそうです。

 

東京まで行って1.5㎞のTTと

ウォームアップ7.5㎞と

あわせても約10㎞しか走れないのですが

外苑クリテリウムというのは

非常に華やかな大会で

自分が走る以外でも

大学自転車やパラサイクリングも

見学出来たりと非常に得られるものも

大きいのでは?とも思います。

 

特に中学生で、将来大学自転車を

やってみたいという想いが強い子にとっては

非常に影響があるのでは無いかな?とも思います。

 

マスターズの選手は…

 

参加費1万円?

うーん… 長野から… 

これは考えどころだと思います。

 

とにかく、走られる方は

長野県の大学も出場すると思います。

東京の大学の応援が非常に華やかなので

長野県の大学の応援もしてもらえればと思います。

 

※こういう時に思うんだよね…
 コロナ前は、信州大学・長野大学の在学生たちが
 一生懸命に小中学生に自転車を教えてくれたり
 一緒に練習をしてくれたりしていた。

 だから、自転車学校の子供達が長野県から外苑に行ったら
 自分の知っている… 例えば2018年ならば
 堀江選手・増田選手・兼平選手(元信州大)や
 橋本選手(元長野大)の応援を一生懸命してくれるはずなんだ。

 でも、今の信州大ってコロナ禍の影響があるにしても
 子供達から見ても「誰?一人も知らない…」ってなってしまう。

 これが、自分が年末に必ず指摘する
 日ごろ自転車を通じて何を残せたか?
 というところなんだよね…。

 昨年末に長野県の自転車界は大きく後退したと言ったけど
 この部分は、またイチから作り直して行かないと行けない部分だと思う。

 2018年のインカレ・ロードは長野県の自転車ファンが
 本当にたくさん美麻に集まってくれて、沿道で沢山応援してくれた。
 あの時は、信大の選手もそうだし、佐藤兄弟や橋本・小出など
 長野県の大学選手の一人ひとりが本当に信州のサイクリストたちに近く
 本当に愛されていた。信大がメイン集団をコントロールした時の
 沿道のあの声援は忘れられない。

 時間がかかるかも知れないが、ああいう長野県大学自転車界が
 また近い将来で再び訪れればと切に祈りたい。

 

関連LINK

第17回明治神宮外苑クリテリウム(公式HP)

日本学生自転車競技連盟



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

つば九郎のぽじてぃぶじんせいそうだん。 [ つば九郎 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2023/1/23時点)

楽天で購入