〔結果〕2022全日本マスターズスプリント(60歳以上の部)で長野県最年長選手の小林英樹が準優勝!

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

〔結果〕2022全日本マスターズスプリント(60歳以上の部)で県最年長の小林英樹が準優勝!

 

 本年の自転車トラック競技マスターズ(壮年選手)

全日本チャンピオンを決める

2022全日本選手権自転車競技高いトラックレースマスターズが

7月17日㈰に松本市美鈴湖自転車競技場で大会初日が行われた。

 

男子スプリント(60歳以上の部)では

長野県トラック競技最年長選手である

小林英樹(MISUZUKO TEST TEAM)が登場。

予選となる200mタイムトライアルで

12秒326の大会新記録を更新して予選2位で決勝進出。

決勝戦では予選1位で兵庫県の浜中選手(FRONTIER)と対戦。

僅かの差で敗れるものの準優勝となり

3年ぶりのマスターズ全国大会で健在ぶりをアピールした。

 

大会初日の午前中に行われたスプリント予選の200mタイムトライアルで
12秒326の大会新記録を更新!予選2位で決勝進出が決まった小林選手

 

午後行われた決勝戦に臨む小林選手をサポートする
北澤竜太郎 長野県代表チーム主将

 

決勝戦は兵庫県の濱中選手との対戦となりスタートする。
スタート直後は共に牽制が入りゆっくりとした序盤となる。

 

残り1周回で先に動いたのは濱中選手。
小林選手は後ろから追う展開となる。

 

最終回の第一コーナーから一気に加速して濱中選手を追って行く。

 

最終ストレートで僅かに及ばなかったものの
3年ぶりの開催、3年ぶりの全日本選手権で見事な優勝を果たした。

 

男子スプリント(60歳以上の部)表彰式
〔左から:2位小林選手・優勝の濱中選手・3位門松選手〕

 

 

 

 

全日本マスターズスプリント結果(60歳以上の部)

 

〔予選200mフライングタイムトライアル結果〕

 

 

〔スプリント最終順位〕

(画像をクリックすると大きくなります)

 

 

大会公式リザルト〔PDF/大会公式HPより〕

 

 

 

 

全日本選手権マスターズスプリントで

小林選手が準優勝という素晴らしい

結果を残しました。

 

本来であれば、壮年選手のオリンピックである

ワールドマスターズへの出場が

決まっていた小林選手ですが

コロナの影響で大会が事実上の中止となり

ファンの一人としても非常に

残念な想いをしました。

 

それでも、コロナでこの3年間

マスターズの大会がほぼ全て中止の中でも

小林選手が率先して、黙々と

美鈴湖競技場で走り込んでいる姿は

多くの長野県自転車選手達に

多大な影響を与えたと思います。

 

次はいよいよマスターズ国体

日本スポーツマスターズが9月に

岩手で開催されます。

 

引き続き、長野県トラック競技

最年長選手の小林選手に

大きな御声援のほど宜しくお願いします。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ2022岩手大会

日本自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟