大学連盟が2018年の長野県内で行う公式戦の暫定日程を発表!

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

平成30年度 大学連盟主催大会の県内開催地が発表される!

 日本学生自転車競技連盟が平成30年度の年間レース計画を発表した。自転車ファンにはお馴染みの「学連」大会は、主にトラック競技とロードレースがシリーズ戦として全国各地で行われる。

◇トラック競技のシリーズ戦全日本学生TRS〕
  
4月7日に伊豆ベロドロームで開幕戦が行われ全5戦が予定。県内でTRSは行われないが、東日本学生選手権と国際トラック杯の2戦が予定されている。

◇ロード競技のシリーズ戦全日本学生RCS〕
 RCSは4月21日に飯山市で開幕、今年は全13戦(県内で3戦)の予定で行われる。

※30年度の大学大会一覧はこちら

 

昨年2017年は長野県でインカレ(大学選手権)が行われた

 

長野県内での開催予定地と日程

 

《今年の県内大会の見どころ》

 2018シーズンの学連ロード競技は、例年どおり4月の「飯山菜の花ロード」で幕を開ける。今年は豪雪の為1日目のヒルクライムの開催が危ぶまれるが、クリテリウムが行われる長峰運動公園は桜の時期と重なる為に多くの観客が訪れることが予想される。また、5月ゴールデンウィーク中は「東日本学生トラック選手権」が行われ松本市美鈴湖自転車競技場で大学トップ選手の戦いを見ることが出来る。7月は国際大会「Inter National Track Cup」が同じく松本美鈴湖で行われ、世界の強豪大学生を日本の大学生が迎え撃つ。

 

観戦は全戦無料

 観戦は全戦無料。詳しく日程が決まり次第に随時「観戦ポイント」「注目選手」を紹介していきますのでお近くの方は是非会場へ足をお運び下さい。

 

盛り上がる大学選手権大会

 

関連記事

 

 


日本学生自転車競技連盟HP
http://jicf.info/