《速報》令和2年長野県高校総体自転車競技代替大会が7月19日(日)に松本市美鈴湖競技場で開催決定。

〔速報!〕静岡競輪初日「8レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)は残り2周回から一気のロングスパート!この日は足も軽くそのまま圧勝!明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(8月9日)  〔速報!〕青森競輪初日「7レースS級予選」上原龍(長野県/佐久長聖出)は残り半周から一気に二人を抜き我慢の走りで1着!明日の準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(8月9日) 〔速報!〕青森競輪初日「1レースA級予選」小峰烈(長野県/松本工出)は関東ラインで共闘すると3名で先行、最後のストレートで1番選手をかわして1着、明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(8月9日) 〔結果〕弥彦競輪最終日「第4レースA級一般」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り半周から4名の大接戦を制して1着!今節最終戦を勝利で飾った。ハイライト動画(8月8日) 〔結果〕弥彦競輪最終日「第2レースA級一般」長野県現役競輪最年長52歳の木下章(長野県)は残り半周から前走選手4名を抜いての快勝!前節に続き今節でも1着で好調をアピールした。ハイライト動画(8月8日) 〔結果〕宇都宮競輪二日目「2レースL級ガールズ予選Ⅱ」黒河内由実(長野清泉女学院出)は、粘りの走りで最終ストレート勝負に持ち込むと併走選手の落車を間一髪かわし、勢いそのまま前走選手を捉えて快勝! ナントこのレース2車単は86,980円(36番人気)、3連単は実に203番人気の808,750円(80万車券)と云う大波乱のレースを制した!ハイライト動画(7月31日)〔結果〕宇都宮競輪2日目「9レースA級準決勝」昨日快勝で準決勝進出の 宮下一歩(長野県)この日も積極的に前方へ出ると我慢の走りで逃切り!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(8月7日) 〔結果〕新潟弥彦競輪2日目「3レースA級一般」 平川雅晃(長野県)は、最終の鐘と共に前方に出ると粘りの走りで先頭を譲らず快勝!今年3勝目を挙げたハイライト動画(8月7日) 《走行注意》長野県内各地で大雨の影響による「がけ崩れ」などが多発しております。サイクリングにお出かけの際は当該地域の最新の情報をご確認下さい。(7月14日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

《速報》令和2年長野県高校総体自転車競技代替大会が7月19日(日)に開催決定。

 

 長野県高体連自転車専門部と、長野県自転車競技連盟は

中止となった本年の「インターハイ」「国体」長野予選会にあたる

長野県高校総体自転車競技大会の代替大会を

7月19日(日)に、松本市美鈴湖自転車競技場で開催すると発表した。

今日までにトラック競技の中でどの種目を行うのか?

観客はどうするのか?等の詳細は発表されていないものの

今後については詳細が決まり次第

当サイトでもお知らせ致します。

 

 

※ただし、コロナウイルスの今後の状況次第では
 中止または再度の延期もございます。
 その場合はまた改めて当サイトでもお知らせ致します。

 

 

 

高体連大会へ出場ご希望の皆様へ

 

 これから高校で自転車をやりたいと思っている

新入生の皆さん、他の部活動と掛け持ちで行いたい選手

保護者の皆様、先生方へお知らせです。

当サイトでは、高校で自転車競技を行いたい皆さんの為の記事を書きました。

下記のサイトをご覧頂き、解らないことがあればご連絡下さい。

 

 

 

 

長野県自転車関係者の皆様へ

 

 競技役員・審判員・各OBの皆様、

長野県自転車関係者の皆様にお願い申し上げます。

 

高校3年生にとって最後の大会が

いよいよ開催されることとなりました。

選手達は、特に3年生はインターハイが中止になっても

最後の大会が開催されることを信じて練習を続けてきました。

 

コロナウイルスで非常に困難な状況ではありますが

大会まで一か月、どうか高校生選手達に温かいご支援と

ご声援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

審判・競技役員の皆様には

昨日、県審判委員会より大会当日の執務のお願いが

届いたかと思います。こうした状況下です。

ご高齢のご家族のいる方、基礎疾患を抱えられている方や

ご家族とお住いの方などには、執務のお願いは出来ません。

また、お一人お一人の置かれている状況も違います。

 

それでも、もしご協力いただける方がいらっしゃいましたら

どうか県自転車界の未来を担うであろう

若い選手の為に、くれぐれも無理の無い範囲で

お力をお貸し頂けますようお願い申し上げます。

 

 

 

選手の皆さんへ

 

 県総体代替大会が行われること、本当に良かったと思います。

特に、3年生がインターハイ中止後も一生懸命練習していたことは

様々な所から聞いています。今回こうして大会が開催されるのも

皆さんの「諦めない強い想い」が通じたものだと思っています。

 

さて、いよいよ一か月後に総体が行われます。

長野県選手の皆さんには、昨年の秋に当サイトを通じて

沢山の課題を出したと思います。

今日から改めてその課題に取り組んで下さい。 

 

特に3年生。

 

これは単に、皆さんの思い出づくりの大会ではありません。 

皆さんの走る姿を、後ろを走る後輩や、ちびっこ選手達が見ています。

最後の大会と云うのは、先輩方から受け継いだバトンを

後輩達へ引き渡す大会でもあります。

皆さんがこの一か月どう振舞うか?

どんなゴールを迎えるかは皆さん次第です。

成長を心より期待しています。

 

そして、皆さんに課題を出すと共に

当サイトも自らに課題を出しました。

今から一か月、サイクリング長野も

その課題に取り組んで行きます…

 

最後に、こうした状況下でも

皆さんを支えてくれる、ご家族・指導者

チームメイト・OB・その他多くの方々

そして、困難な状況でも開催に漕ぎつけてくれた

先生方や、長野県自転車関係者の方にも

感謝を忘れずにいて下さい。 

 

この大会が、関わる全ての人にとって

忘れられない良い思い出となることを祈っています。

 

 

 

過去2年間の大会の模様

 

《2019年大会》

 

《2018年大会》

 

 

 

先ずは、昨日「代替大会」の開催が

発表され本当に良かったと思います。

今思うことは、この大会が

関わった全ての人にとって

忘れられない良い大会になることを

心より祈っています。

 

 

関連LINK

全国高体連自転車競技専門部

長野県高体連

長野県自転車競技連盟