〔告知〕信州クロスを含む「2020-21国内シクロクロスシーズン」のレースカレンダー発表が延期。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

「2020-21シクロクロスシーズン」のレースカレンダー発表が延期。

 

 国内シクロクロスを統括するAJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)が

6月に公開を予定していた2020-2021年のレース日程の発表を

7月以降へ延期することを発表した

これに伴い、信州クロスの日程発表も先送りとなる。

詳しくは下記の通り…

 

 

 

カレンダー発表延期について

 

 6月1日に公開を予定していた 2020-2021 season AJOCCレースカレンダーは、
誠に勝手ながら7月以降の発表とさせていただきます。
各主催団体の内部調整にも
時間を要する状況が続いています。正確な状況把握と十分な調整を行い、
選手・関係者の皆様の期待に沿える形での発表に繋げて参ります。

大会開催にあたっては外部団体の指針も参考に主催者向けガイドラインを定め、
昨今の社会情勢下においても安心して参加でき、公平公正な大会となるよう努めて参ります。

ご理解を賜りますようお願いいたします。

一般社団法人日本シクロクロス競技主催者協会
AJOCC公式HPより。

 

 

既に発表されている信州クロス日程について

 

 今シーズンの信州クロスについては、既に

UCI(国際自転車競技連盟)の公式カレンダーならびに

JCF(日本自転車競技連盟)のカレンダーにて

 

・Rapha Super Cross NOBEYAMA 11月14日・15日 野辺山滝沢牧場(南牧村)

・第26回シクロクロス全日本選手権 11月28日・29日 飯山市長峰スポーツ公園(飯山市)

 

が決定しています。基本的にこの日程に変更は

無いことと思われます。

 

 

 

2020-21信州クロスの開催問題とお願い。

 

 昨年、信州を襲った台風19号災害の影響で

昨年の信州クロスは「上山田」「飯山ナイター」の

両ラウンドが中止となり、

当初の全9戦から、全7戦への変更を余儀なくされました。

 

今年はさらに、飯山が全日本選手権となる関係や 

台風19号災害で依然として開催が危ぶまれる「上山田」。

昨年は、全2戦で行われた「清里ラウンド」も

会場の関係で1戦に減る可能性があります。

 

そこへコロナ問題で、国内外で夏に開催出来ない

重要・主要大会が、秋から冬にスライド開催されることも

予想されており、信州クロスにとっても

非常に先行き不透明な状況となっております。

 

こうした状況ですので、信州クロスにご参加の皆様

支えて下さる地元の皆さんには、今後の発表を

遂次ご注視いただけますようお願いを申し上げます。

 

 

シリーズ「上山田ラウンド」復活を目指して

 

 

 

日本国内においてその起源となる

信州シクロクロスと云うものは

長野県のサイクリストにとっては

特別なものだと思います。

初心者も上級者も関係無く

年齢も性別も越えて楽しめる… 

今年も再び「信州に熱い冬」がくることを

今は願って止みません。

 

 

 

関連LINK

信州シクロクロス(シクロクロスミーティング公式HP)

日本シクロクロス競技者主催協会(AJOCC)

長野県自転車競技連盟(公式)