〔レポート〕新高校1年生も参加!「高校合同練習」&今年初の「2024長野県美鈴湖VELOクラブ」開催。

「令和6年 能登半島地震」で被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。度重なる報道を見ていると本当に圧し潰されるような感情が去来します。特に一昨年お世話になった能登島コミュニティセンターが避難所になっているとのこと…。いまこの時点で出来ることは多くありませんが、当サイトも皆様の御心に寄り添い、皆様と共にありたいと思っております。どなた様も引き続き余震が続いておりますので、先ずはくれぐれも安全にお過ごしください。〔1月5日〕 

〔レポート〕「高校合同練習」「美鈴湖VELOクラブ」

 

 

 長野県の小学生(U13)・中学生(U15・U17)

高校生(U19/ジュニア)・壮年(マスターズ)対象の

育成クラブ「長野県美鈴湖VELOクラブ」の練習会を

2024年4月14日㈰の午後より開催。

 

 

昨年来、県内の「一人部活」「少数部員部活」「指導者不在校」の

各高校自転車部の選手を対象とした合同練習も併催で行った。

 

 

今季初となる練習会には、県内外の

小学生から高校生12名が待ちわびた

美鈴湖自転車競技場での走り初めを楽しみながら行った。

 

 

〔昨年度最後の練習〕

 

 

 

レポート

 

 

 今年最初の合同練習となった今回は

まだ新年度が始まったばかりで

やや小中学生の参加者が少なかったものの

小学生2名、中学生3名、高校生7名の12名で

練習を行った。

 

 

特に美鈴湖VELOクラブから3名の新・高校1年生が参加。

全員高校受験を終え晴れて高校生となり、

3名とも所属校で高体連登録を行いインターハイを目指す。 

 

 

練習内容は今回、初練習ということで

貸し出し自転車のフィッティングを行ったほか、

全員が今季初のトラック練習ということで

走路の感触を確かめるべく

少し長い距離でゆっくり走る(LSDトレーニング)を行った。

 

 

13時から練習開始で、自分は送迎もあり12時に競技場へ到着したが
既に、花島兄・花島弟・加藤北斗(岡谷東)は到着して
自主的に練習をしていたり準備をしていた。
花島兄弟はここ数週間、関東・中部のロードレースに出場しており
共に小学生ながらも非常にコンディションが良いことが伺えた。
この日、誰よりも早くトラックに入りウォーミングアップを行う花島兄弟。

 

昨年の夏以来のトラックとなる佐藤(悠)は、松本工高へ進学。
昨年の秋から参加している古畑・伊藤(松本深志)は
改めてピストに慣れるためにインフィールドで
ウォーミングアップを行った。

 

11月以来久しぶりに競技場を集団で走る。
先頭は最年少の花島正樹(小学4年)が牽引。
2番手には岡谷東高校のユニフォームを
新たにまとう加藤北斗(岡谷東)

 

この日は、岡田・中山の両選手がアルバイトで参加出来なかったが
宮林キャプテンと佐藤(遥)の両選手が参加した上田千曲高校

 

昨年のジュニアオリンピック代表の3名
小林洋平(屋代高校)清水琥太郎(上田五中)清水京一朗(旭町中)も
練習に参加、特に小林洋平PIST6で活躍する堀江省吾選手と同じ
屋代高校に進学してインターハイ出場を目指す。

 

長野県ジュニアアスリートプログラム「キラキラっこ」出身の
村上は上田東高校へ進学してインターハイを目指す。

 

後半の練習では、先般の「美鈴湖自転車学校3月の部メンテナンス講座」で
講師を務めてくれた日比克メカニックが
この日は選手の自転車の調整から練習の管理までをしてくれた。

 

 

今回の練習ですが、冬季期間も

レースを続けていた小学生の花島兄弟の

コンディションの良さが非常に目立ちました。

ペース走は最後はレースのようになり

徐々に脱落して行く選手が多い中で

小学6年生の花島選手が最後まで残ったことは

非常に驚きました。 

 

 

一方で、高校受験を終えた新高校1年生は

やはり受験勉強を終えたばかりということで

焦らず徐々にコンディションを整えて欲しいと思います。 

 

 

中学生の中には怪我や風邪からの病み上がりの者も多く

今年受験を迎える新3年生が多いのも特徴です。

参加者全員に伝えたことは、改めて自転車をさせてもらえることの感謝。

そして、「学校生活」「部活動」「アルバイト」(高校生)と

自転車のバランスをしっかり保ちながら活動をすることを求めました。 

 

 

あとは、各自「今年の目標」を皆の前で話してもらったとおり

その目標に向かって練習をしてもらいたいと思います。

 

 

また、今回も「学校・地域行事」などで

参加出来なかった選手もいますが、とにかく

今後も学業や部活・地域行事を先ず優先してください。

特に人口減少が続く我が長野県において、皆さんは

地域の次代の担い手です!皆さんが地域の伝統を

受け継いでゆくと云うこと忘れないようにしてください。

 

 

高校生たちは、アルバイトというのは

もう既に社会の一員としてその存在を求められています。

皆さんが買い物に行った時、そのお店の人が

社員か?アルバイトか?なんてどーでも良いと思います。 

そのお店のユニフォームを着て働いている以上は

社会人だということを忘れずに責任のある行動をして下さい。

 

 

 

 

今後について…

 

 

VELOクラブ4月度日程
4月7日㈰ 4月14日㈰ 4月21日㈰

各13時より美鈴湖自転車競技場にて

 

 

今後についてですが、

松本トラック直前ということもあり、

来週に関しては、もし天候が暖かいようであれば

競技場の混雑を避けて少し時間をズラします。

その辺りはまた近くなったら

皆さんにお知らせします。

 

 

 

〔長野県連盟公式〕

 

 

 

松本トラックのエントリーについて

 

 

 松本トラックのエントリーですが

これがデビュー戦となる選手は

「200m」「1㎞」「3㎞」で良いと思います。

また、高体連選手は競走系種目を

選択するようにしてください。

宜しくお願いします。

 

〔松本トラック公式サイト〕

 

 

 

 

というわけで、お天気にも恵まれ

ぽかぽか陽気の中で

第1回目の練習を無事に終えることが

出来ました。

 

 

ただ、今年最初ということで

自転車のフィッティングに少し時間をとられ

また、冬季の間に劣化して使えなく

なっていた部品も多数ありました。

 

 

安全性をしっかりと保つためにも

少しハード面の調整も必要かと思いました。

ともあれ、今年1回目

これから育成チームも少しずつ

コンディションを上げて行ければと思います。

 

 

今年も、ご指導を頂く指導者の皆様

御支援を頂く、団体・個人の皆様に

変らぬご支援・御声援のほど

宜しくお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

サイクルカフェ・宿 maaru

Velenyo

安曇観光タクシー

サイクルカフェピラータ

キャンバス

信州健康ランド

プロショップタカムラ製作所

三澤自転車商会

バックス事務所

大岡サイクリングプロジェクト

長野県スポーツ協会