〔レポート〕いよいよ国体へ!「長野県代表チーム強化合宿」合宿1日目レポート

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

 

〔レポート〕いよいよ国体へ!「長野県代表チーム強化合宿」合宿1日目レポート

 

 10月5日から9日まで栃木県で開催される

本年度の「一期一会とちぎ国民体育大会」。

長野県代表候補選手・強化選手の発表は

既にお知らせしたとおりですが

実は8月上旬に成年チームは合宿(合同練習)を行いましたが

今回はその時にインターハイで参加出来なかった

少年チーム(高校生)も含めての合同合宿を

本日8月27日㈯・28日㈰の日程で

美鈴湖自転車競技場にて実施しています。

今回のサイクリング長野は

合宿初日の様子をお知らせします。

 

 

〔2022長野県代表候補/強化指定選手〕

 

 

 

長野県代表チーム成年・少年合同合宿

 

 長野県代表候補チームに関しましては

既に皆様にお知らせ致しておりますが、

本日から始まった合宿には

県外所属チーム・各主要大会出場者を除く

ほぼ全ての選手が参加しています。

 

早朝から負荷の高いトレーニングを行う選手達がスタートを待つ。
〔手前から:山田(白馬高)齋藤(株式会社ヤッホーブルーイング)片田(松本工)〕

一つの練習が終わるたびに監督コーチを含め話し合いながら練習が行われて行く。

長野県代表の北澤竜太郎主将が、一足先に再来週、岩手県で開催される
マスターズ国体「日本スポーツマスターズ」に出場する
県最高齢ピスト選手の小林英樹選手を牽引しながら200mの計測に向かう。

美鈴湖自転車学校の講師でもお馴染みの長野県代表の大島理彦コーチと
長野県少年監督の椿監督のアドバイスを受ける
齋藤・山田両選手

今年の長野県代表女子は3名。しかし、黒河内・大蔵がレース出場中のため
女子では唯一の合宿参加となった平山なつみ(松本工業高)

中長距離班・短距離班ともに負荷の高いトレーニングを行い
事故無く合宿初日を終えた
明日は合宿二日目が行われる。

 

 

 

長野県代表チーム今後の出場大会予定

 

2022年長野県代表チーム出場予定大会

開催日 大会名 開催地
9月17日(土)・18日(日) 中部8県対抗自転車競技選手権大会トラック競技 三重県四日市市
9月19日(祝) 中部8県対抗自転車競技選手権大会ロードレース 三重県いなべ市
10月5日(水)~8日(土) 第77回国民体育大会トラック競技 栃木県宇都宮市
10月9日(日) 第77回国民体育大会ロードレース 栃木県那須町
12月17日(土)・18日(日) 第56回全国都道府県対抗自転車競技大会 静岡県伊豆市

 

 

 

 

という訳で、コロナがあって以降

本当に久しぶりの強化合宿が出来ました。

コロナ禍中は、合宿が出来ず

あくまで日帰りの合同練習という事で

特に遠方の選手・保護者には

大きな負担だったのですが

こうして合宿となったことで

その負担が減り、練習に専念できたことと思います。

 

合宿に関しては、国体までに

あと二回予定されていますが

引き続き多くの皆様に長野県代表チームへ

御支援・御声援たまわりますようお願い申し上げます。

 

関連LINK

野県スポーツ協会

いちご一会とちぎ国民体育大会

日本スポーツマスターズ2022岩手大会

長野県自転車競技連盟