〔告知〕サイト多忙につき大変恐縮ですがお問合せに関するお願いを皆様に申し上げます。

【結果】「弥彦競輪3日目A級特選」小峰烈(松本工高出)が長期欠場復帰以降初勝利を挙げる!ハイライト動画〔9月19日〕 【結果】自転車トライアル競技の国内シリーズ「2023 Jトライアルシリーズ第2戦静岡大会」男子Jエリートで土屋凌我(無所属/岩村田高出)が準優勝となった。〔9月17〕 【結果】「PIST6第2クォーターラウンド18」堀江省吾(屋代高‐信州大出)がPIST6史上最多となる通算7勝を達成!〔9月13日〕

 

 

 平素、当サイトをご愛顧頂き県内外の

自転車ファンの皆様には心より御礼申し上げます。

 

また、北信越高校大会では長野県の高校が

歴史上初の優勝をおさめたということで

多くの方からメッセージを頂き心より御礼を申し上げます。

 

さて…

 

この数日で、特に「JOCジュニアオリンピックカップ」のトラック競技・MTB競技の

エントリーが開始され、特にそれに関するお問合せを本当に沢山いただいています。

 

 

なかなかに、「JCF」と「サイクリング長野」を

混在してしまっている方が多く見受けられ

「早くしろ!」「だからダメだんだ!」という手厳しい

お問合せも頂いておりますが

 

 

 

当サイトは残念ながら主催の

JCFでもJOCでもございません。

 

 

 

JOCジュニア五輪杯、特にお子さん達からお問合せを頂けば

それは、当サイトとしても

義務として懇切丁寧にお答えしなければいけないと思っております。

実際に中学生の方から直接お問合せを頂きました。

 

 

そんな問合せの中には、パパ・ママでは無くちゃんと

出場する中学生自身がちゃんと問合わせてくるケースもあります!!

そうした声には、一人の大人として最大の礼節を持って

対応させて頂きます。

※僭越ですが、中学生・高校生になって自分の声で質問できない
 問い合わせを出来ない子に危機感を感じませんか?

 

 

 

残念ながら、県外の親御さんからの「同じようなお問合せ」が

非常に多くそれらに対応が出来ません。

 

 

このサイトは、長野県の自転車サイトであり

長野県内からのお問合せを何よりも優先致しております。

また、Jr.オリンピック専門のサイトでもございません。

 

 

今後もサイトに余裕があれば、県外のお問合せにもお答えさせて頂きますが

いまは、ジュニア・ユースだけでなく

様々な大会のトップシーズンであり

個別のお問合せに対応しきれない状況です。

 

 

県外の皆様には

こちらに、最寄りの47都道府県連盟のLINK(長野車連HP)を貼っておきますので

どうかお近くの自転車競技連盟へお問合せ下さいますよう

伏してお願い申し上げます。

 

 

 

JOCジュニア五輪に関する申込お問合せ

申込および問合せ先
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-3-1 自転車総合ビル5階
(公財)日本自転車競技連盟 業務部
メールアドレス gyomu@jcf.or.jp

 

 

 

 

 

サイクリング長野

 

 

 

という訳で、長野県内の皆さんには不快を感じさせる
発信で申し訳無く思います。今までどおりお問合せ頂ければ
解る範囲でお答えしたいと思います。

ただ、あまりに同じような内容のメールが殺到して
本当に対処しきれん!しかも、無記名だの
命令口調だの… ホント子供の印象を悪くしている親が多すぎます。

ジュニア五輪だけが自転車じゃない!
他にやらなきゃいけないことが沢山ある!!
改めてそれを記したいと思います。