〔告知〕「第2回全日本学生選手権自転車競技e-レース大会」がバーチャル王滝村コースで2年連続開催決定。

〔ニュース〕女子競輪の最高峰レースであるFⅡ『ガールズケイリンコレクション2022 宇都宮ステージ』に富士見町出身の梅川風子(山梨学大出/東京登録)が選出。詳しくはこちら(1月26日)

〔告知〕「第2回全日本学生選手権自転車競技e-レース大会」

 

 本年度2021年の学生自転車競技Eレースの日本一を決める

第2回全⽇本学⽣選⼿権⾃転⾞競技e-レース⼤会

昨年の第1回大会に引き続き今年も、王滝村御嶽湖を基にした

バーチャル周回コースで開催される。

今年も霊峰木曽おんたけバイシクルツールフェスタ実行委員会が

全面的にバックアップをして、新年の

2022年1月15日㈯の13時より競技開始予定

詳しくは下記を御覧ください。

 

 

大会概要

 

 

 

 

霊峰木曽おんたけバイシクル・ツール・フェスタ2021
第2回 全⽇本学⽣選⼿権⾃転⾞競技e-レース⼤会

 

主 催 :霊峰⽊曽おんたけバイシクル・ツール・フェスタ実⾏委員会
     ⽇本学⽣⾃転⾞競技連盟

開催日 :2022年1月15日(土)13時競技開始

会 場 :バーチャル(Rouvyアプリを使用予定)

コース :⻑野県⽊曽郡王滝村 御嶽湖周回コース18km(予定)

参加資格:大会要項にて発表
     日本学生自転車競技連盟登記選手はクラスに関わらず出場可能

定 員 :なし

参加費 :大会要項にて発表

締め切り:2022年1月7日(土) 23時59分

※今回はオンサイト会場の設置の予定はありません

 

 

 

大会スケジュール〔予定〕

 

09:00  大会本部設営開始
11:30 競技役員打合せ(リモート会議)
12:30 参加者リモート通話(Zoom)オープン(体重・設定確認)
12:45 ライダースミーティング
13:00 レーススタート
15:00 リザルト発表・解散
※参加⼈数等の事情により適宜、時程を変更することがあります

 

 

 

前回大会

 

 

 大学自転車を統括する学連(日本学生自転車競技連盟)は

2020年度より、コロナ禍もあり世界的な人気の兆しを見せ始めている

インターネットをもちいたバーチャル自転車レース「e-レース」の

年間シリーズ全5戦を行った。

 

この新たな挑戦は、コロナの影響で大会が制限される状況下での

窮余の策となったが、学生主導で開催されたこの新たな試みは

次世代の自転車レースの可能性と未来を予感させる挑戦となった。

そして、2021年2月2日に、学連80年の歴史上初のe-レース全日本学生選手権大会を開催。

初年度の選手権は、王滝村が全面的に大会をバックアップし

仮想空間に、御嶽湖周回特別コースを設定して大会が開催された。

競技では、長野県千曲市出身で八戸学院大学3年生の

寺澤アンドリュウ(上田西高校出)が初代全日本学生王者となった。

 

 

初代全日本学生e-レース日本王者の寺澤アンドリュウ(八戸学院大学/上田西高出)

 

 

 

 

学連よりのお知らせでした。

先ず、出場希望選手は

今後の学連からの最新情報を

必ず逐次チェックしてください。

 

さて、県サイクリストの皆さん

年が明けてからのイベントとなりますが

Eレースの全日本学生選手権が開催されます。

おそらく例年どおりYoutubeなどでの

Live配信があるかと思いますが

来年もぜひ長野県の大学生選手達に

温かい御声援のほど宜しくお願い致します。

 

関連LINK

大会公式ホームページ

おんたけ王滝観光総合事務所

日本学生自転車競技連盟

木曽おんたけ観光局公式HP

木曽おんたけサイクリングワールド