《速報》「第89回全日本選手権トラック」パラサイクル1kmTTで石井雅史(イナーメ信濃山形)が優勝!

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

《速報》第89回全日本選手権パラサイクル1kmTTで石井雅史(イナーメ信濃山形)が優勝!

 

 一昨日、前橋で開幕したトラック競技の

年度日本チャンピョンを決める戦い

第89回全日本選手権トラック競技大会

パラサイクル1kmタイムトライアル(MC4-5)にて

イナーメ信濃山形所属の石井雅史選手(神奈川県登録)が

1分11秒757で優勝、本年の日本王者を戴冠した。

 

 

 

パラサイクル1kmTT MC4-5クラス結果

 

優勝 石井 雅史 (イナーメ信濃山形) 1分11秒757
2位 河野 康仁 (usp lb. VC SPLENDOR) 1分29秒888

 

スタート前に集中する石井雅史(イナーメ信濃山形)

 

登場を前に電光掲示板で紹介されいよいよ登場!

 

緊張感が漂う中で綺麗なスタートが決まる。

 

スピードに乗り1分12秒のタイムで優勝が決まる。

 

今年も日本王者の証「日の丸ジャージ」を獲得!

 

レース後にメディアによる共同記者会見が行われた。

 

 

 

石井選手 レース後の談話

 今年はコロナの影響で3月・4月と殆ど練習が出来ない中、7月に腹膜炎を患ってしまいました。ただ、コロナの影響で殆ど練習が出来ない中だったのでこれをラッキーとポジティブに捉えました。腹膜炎が完治後は、主にロードバイクに乗り込んでトレーニングを行いました。そして秋には実業団のトラック大会等に出場してこの日を迎えました。

グリーンドームに関しては、競輪選手時代から比較的相性の良いコースで走路も軽く感じました。今後ですが、先ずは今日の1kmのタイムが1分11秒でしたが、ここを1分一桁台で走れるようにしたいと思います。そして、先ずは明日の個人追抜きが大きなターゲットとなりますが、5分の壁を切ることが出来るように頑張りたいと思います。

 

 

期待の石井選手が

パラ初日のタイムトライアルで

見事に日本一となりました。

先日、イナーメ信濃山形から

金子広美選手が東京五輪代表に

選ばれましたが、今日はパラで世界を目指す

石井選手が明るいニュースを届けてくれました。

明日は個人追抜き、再び日本一を目指して…

是非、石井選手に温かいご声援を

宜しくお願い申し上げます。

 

 

連LINK

大会公式インフォメーションHP

ヤマダグリーンドーム前橋

日本自転車競技連盟

群馬県自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]