《速報》「第34回全日本自転車競技選手権大会MTB XCC」で沢田時(長野市)が優勝!日本王者を戴冠。

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

第34回全日本自転車競技選手権大会XCCで沢田時が優勝

 

 今年のMTB日本イチを決める「第34回全日本選手権」

先々週開催されたダウンヒル(DHI)では

女子エリート・女子ユースで長野県から日本王者が誕生したが

今週末は…

 

クロスカントリーショートトラック(XCC)

クロスカントリーエリミネーター(XCE)

の二種目が千葉県で開催。

 

地元滋賀県を離れ、長野市を中心に選手活動を行う

沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が

クロスカントリーショートトラックで

終盤の混戦を制して優勝を果たした。

またこのレース、2位が北林力(白馬高出)

3位が宮津旭(長野県登録)と長野県関連選手が表彰台を独占

今大会2日間を通じて、女子カテゴリー・各世代別にも

長野県関連選手の活躍が目立った。

 

 

 

クロスカントリーショートトラック

 

 

男子エリートリザルト

優勝 沢田 時(TEAM BRIDGESTONE Cycling/長野市)
2位 北林 力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)
3位 宮津 旭(PAXPROJECT/長野県登録)
———————————————————————
4位 山本幸平(Dream Seeker MTB Racing Team/松本市)
17位 野村 拓未(松本大学)
19位 竹内 遼(FUKAYARACING/飯山高出 )

大会全公式リザルト(PDF/JCF)

 

《男子エリート》

(参照:Youtube/サイクリストTV
※クリックすると男子エリートレースから始まります。

 

昨年の全日本選手権シクロクロスで

織田選手との激しいデッドヒートを制して

4年ぶりの全日本シクロ王者を戴冠した沢田選手。

以降1対1になった時などの「競合いの強さ」は

非常に際立つ印象を受けます。

 

先週の飯山シクロクロスで

若手のホープ村上選手の挑戦を受けた時も

攻める時間・守る時間を含め

そのレースマネージメントは見事で

勝負どころでは一撃必殺の鋭さを見せるなど

卓越した試合巧者ぶりを感じました。

 

今週のXCCはLIVE中継で見ていたのですが

北林力選手とのマッチアップも去ることながら

北林選手のチームメイトの山本選手のアシストに

反応しながらも、それを冷静に対処して

1対1の場面でも、決して焦らず

相手に前へ出られても冷静で

勝負所での主導権を一切渡さなかった。

 

その走りは、全日本王者にふさわしい貫禄を感じました。

 

沢田選手は、おそらくこのあと

全日本選手権MTBクロスカントリー

シクロクロスの全日本選手権に

出場するかと思うのですが

気力・体力ともに充実し

円熟期を迎えようとしている

沢田選手の活躍に期待したいと思います。

 

 

関連LINK

TIPSTAR Uraban MTB Festival

MTBリーグ

ブリヂストンサイクル株式会社

長野県自転車競技連盟