《速報》「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」小林英樹がスプリント・ケイリン(65才以上の部)の二冠達成!

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

《速報》「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」小林英樹がスプリント・ケイリン(65才以上の部)の二冠達成!

 

昨日2022年9月24日㈯に岩手県で開幕した

壮年選手の国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」

大会二日目最終日の本日9月25日㈰は、7部(65歳以上の部)で

ケイリンとスプリントの決勝が行われた。

 

昨日のスプリント予選1位通過、準決勝でも1本勝ちをおさめた

小林英樹は決勝で静岡県代表の豊田英久選手と対戦。

3本勝負の1本目で勝利を収めると、2本目も連取してスプリントを制した。 

 

また、ケイリンでも残り1周から得意の逃げの展開に

持ち込むと残り半周から後続選手を大きく引き離しての快勝で

今大会二冠の快挙となった。

 

スプリント決勝結果〔PDF/大会公式〕

ケイリン決勝結果〔PDF/大会公式〕

〔ケイリン決勝〕

残り1周で大きく逃げる小林選手この逃げが決まり
日本スポーツマスターズのケイリン初優勝を飾った。

 

日本スポーツマスターズ初優勝を飾った。
2019年に本格的にピスト競技を始めて
3年目での快挙となった。

 

〔スプリント決勝〕

ケイリンの直後となったスプリント決勝戦
1本目をとってから波に乗った小林選手が
2本目も連取してスプリント優勝を果たした。

 

スプリント・ケイリンと今大会二冠王となった小林選手。

 

 

〔今大会の関連記事〕

 

 

長野県最年長のトラック競技選手である

小林英樹選手が見事に日本スポーツマスターズ

二冠を達成してくれました。

 

 

本当にコロナでマスターズの大会が

全く開催されないなかでも

いつも誰よりも早く美鈴湖競技場へきて

ずっと練習をし続けてきた

その姿を見ているだけに

今日の勝利は長い物語の一つの

結末を見たような気がします。

 

とにかく先ずは長野へ帰って

ゆっくりしてもらえればと思います。

 

県サイクリストの皆様には

二冠という快挙を達成した

小林選手を温かく迎えて

頂けますようお願い申し上げます。

 

本当に素晴らしいレースでした。

 

 

関連LINK

日本スポーツマスターズ2022岩手大会(岩手県)

紫波町営自転車競技場(紫波町)

日本スポーツマスターズ大会紹介(日本スポーツ協会)

日本スポーツ協会