〔結果〕「2020秋季松本市民体育大会自転車競技大会-トラックレース-」 結果。

《お知らせ》11月24日(火)から25日(水)まで美鈴湖自転車競技場は走路補修工事のため走路の使用が出来ません。(11月24日) 〔結果〕前橋競輪最終日「第9レースA級決勝」初日・二日目と連勝で最終日を迎えた菊池岳仁(長野県/岡谷南高出)残り2周の第一コーナーで一気に仕掛けると、後続との差を一気に広げての圧勝!今節三連勝で見事完全優勝を果たした!ハイライト動画(11月23日)〔結果〕前橋競輪最終日「第2レースA級一般」荒井春樹(長野県)先頭誘導員が退避と同時に先頭に出るとそのまま2周を逃切り快勝!初日に続いて最終日も白星を挙げて今節を締めくくった。ハイライト動画(11月23日) 〔結果〕前橋競輪二日目「第5レースA級準決勝」前日快勝の菊池岳仁(長野県/岡谷南高出)は残り2周回で先頭に立つと最後の半周から一気の独走に持ち込みに連勝!今節決勝戦に完全優勝がかかる。ハイライト動画(11月22日)〔結果〕川崎競輪最終日「第4レースA級特別一般戦」宮下一歩(長野県/地球環境高出)残り1周からスパートをかけると2番車松根選手との一騎打ち。ゴール前の接戦を制して今節最終日を1着で締め括った。ハイライト動画(11月21日) 〔結果〕前橋競輪初日「第4レースA級予選」2週間前の全日本選手権以来の前橋グリーンドームに登場となった菊池岳仁(長野県/岡谷南出)は、残り2周で先頭に立つとこの日も得意の「逃げ」で後続の追走を許さず初日快勝!準決勝へ進出した。ハイライト動画(11月22日) 〔結果〕前橋競輪初日「第2レースA級予選」荒井春樹(長野県)残り半周からスパートをかけると前走二名をゴール前で捉え快勝!翌日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(11月22日)

〔結果〕「2020秋季松本市民体育大会自転車競技大会-トラックレース-」 結果。

 

 10月25日、松本市美鈴湖自転車競技場にて

令和二年松本市市民体育大会自転車競技大会

行われました。今大会も高体連新人戦と併催で行われ

コロナ禍の影響で参加者が少なかったものの

今年ここまで全ての大会が中止となった

マスターズの選手を中心に熱戦が繰り広げられました。

リザルトは下記の通り…

 

 

 

 

 

市民祭リザルト

 

 

男子200mタイム・トライアル

1位 岩佐 信吾 イナーメ信濃山形 12秒057
2位 下村 忠 信州大学 12秒342
3位 小林 英樹 COGS 12秒594
4位 山田 愛太 ProRide 12秒865
5位 萩原 隆祐 長野高等専門学校 13秒342
6位 大蔵 悟生 ボンシャンス 13秒342

 

女子200mタイム・トライアル

1位 平林 和美 イナーメ信濃山形 14秒914

令和二年市民祭200mTT(PDF)

 

今季はマスターズ大会がことごとく中止となり初登場となった
長野県最年長トラック選手の小林英樹(COGS NAGANO)が12秒594と
全体の3位となり健在ぶりをアピール。

 

先月のJr.五輪1㎞TTで4位入賞の山田愛太(ProRide/白馬中)は
200mタイムトライアルに初出場、46-16〔6.10m〕と云う
ユースギアで12秒台の好タイムを叩き出す。

 

昨年のマスターズ3㎞全日本王者の岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が
12秒057で全体の第1位となった。

 

昨年のインターハイ長野県予選で「1㎞」「3㎞」「ポイント」「団体追抜」の四冠王
松本工業の萩原隆祐は、今年から長野高専校に編入。忙しい中で
今回の秋季大会に参加した。

 

唯一の女子選手として出場、昨年の全日本マスターズ個人追抜き3位の
平林和美(イナーメ信濃山形)は、小林・岩佐両選手と共に
マスターズ大会が無かった今年、この大会が初出走となった。

 

 

 


 

 

男子1㎞タイム・トライアル

1位 岩佐 信吾 イナーメ信濃山形 1分12秒402
2位 武井 秀周 イナーメ信濃山形 1分13秒199
3位 下村 忠 信州大学 1分16秒182
4位 萩原 隆祐 長野高等専門学校 1分16秒486
5位 山田 愛太 ProRide 1分16秒795(ユース1位)
6位 大蔵 悟生 ボンシャンス 1分22秒692

令和二年市民祭1㎞TTリザルト(PDF)

 

女子500mタイム・トライアル

1位 平林 和美 イナーメ信濃山形 47秒727

 

男子マスターズ500mタイム・トライアル

1位 小林 英樹 GOGS 40秒806

令和二年市民祭500mTTリザルト(PDF)

今シーズンは全日本実業団トラックなどにも出場の武井秀周(イナーメ信濃山形)も
ホーム美鈴湖自転車競技場に
今季初登場となった。

 

先月のJr.五輪出場と同じ1㎞タイムトライアルに臨む山田愛太(ProRide/白馬中)
今大会もユースギアで1分16秒台を叩き出し、Jr.五輪入賞がフロックでは無いことを
堂々と証明してみせた。

 


 

 

男子4㎞個人追抜き

1位 渡邊 鈴 イナーメ信濃山形 5分01秒172
2位 岩佐 信吾 イナーメ信濃山形 5分19秒778
3位 下村 忠 信州大学 5分26秒115
4位 萩原 隆祐 長野高等専門学校 DNS

 

男子2㎞個人追抜き(マスターズ(M)/ユース(Y))

1位 山田 愛太(Y) ProRide 2分45秒320
1位 小林 英樹(M) COGS 2分51秒335
2位 大蔵 悟生(Y) ボンシャンス 2分51秒799

 

女子2㎞個人追抜き

1位 平林 和美 イナーメ信濃山形 3分21秒429

 

令和二年市民祭個人追抜きリザルト(PDF)

今季は実業団に参戦中の渡辺鈴(イナーメ信濃山形)が急遽参戦。
久しぶりの美鈴湖でのレースとなった。

 

昨年の全日本&日本マスターズで入賞を果たした得意の2㎞個人追抜きを走る
平林和美(イナーメ信濃山形)再来年に延期されたワールドマスターズも期待したい。

 

 


 

 

男子1周タイム・トライアル(一般/ユース(Y))

1位 大前 龍太   26秒277
1位 手銭 利玖(Y)   29秒802
2位 臼倉 充哉(Y)   30秒637

令和二年市民祭1周TTリザルト(PDF)

昨年の高知県国体代表の大前龍太(松本情報工科専門学校)
今回は競技役員補助として運営にも従事した。

 

先週の美鈴湖自転車学校で始めてピスト自転車に乗って僅か1週間
初出場となる大会で堂々たる走りをみせた手銭莉玖(美麻中)

 

手銭選手同様に、先週の自転車学校で始めてピストに乗り僅か1週間で
大会に初出場した臼倉充哉(鎌田中)は粗削りながらも潜在性の高さを見せた。

 

 

 

以上が市民祭の結果でした。

高体連新人戦と併催で行われた

今大会ですが、コロナの影響もあり

ややさみしい参加者数となりました。

それでも、中学生4名が長野県大会にデビュー。

4名とも将来性があるタレント揃いで

今後大いに希望が持てる大会となりました。

また、マスターズでは信州が誇る

小林・岩佐・平林和・武井と

昨年のマスターズ国体入賞者が

健在ぶりをアピール。

再来年に延期となった

壮年選手の五輪にあたる

ワールドマスターズ出場を再度目指します。

引き続き、長野県選手達に

あたたかいご声援のほど

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

松本市スポーツ協会



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティソ 公式 メンズ 腕時計 TISSOT T-レース サイクリング クオーツ …
価格:61600円(税込、送料無料) (2020/10/27時点)

楽天で購入