〔結果〕2018長野県高校自転車新人戦トラック・松本市民体育祭トラック結果

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

2018 長野県高校自転車トラック競技新人戦&松本市民体育祭トラック結果

 

 昨日10月7日美鈴湖自転車競技場にてトラック競技の高校新人戦ならびに松本市民体育祭トラック競技が行われた。高校新人戦は春のセンバツの予選会も兼ねられておりフレッシュな顔ぶれが松本で熱き戦いを繰り広げた。なお、今年の美鈴湖でのトラック競技の公式戦はこれが最後のレースとなった。

 

 

高校新人戦 男子結果

 

少年男子200mタイムトライアル

1位 山田 拓海 飯田風越 11秒229
2位 笠井 大太郎 松本工業 11秒336
3位 田中 裕一郎 松本工業 11秒411
4位 青島 冬弥 飯田風越 11秒422
5位 山浦 秀明 松本工業 11秒674
6位 鈴木 来人 伊那北高 12秒056
7位 田総 蓮 松本工業 12秒141
8位 萩原 隆祐 松本工業 12秒170
9位 平山 大地 松本工業 12秒325
10位 畑山 駿一 上田千曲 12秒490
11位 橋爪 新太 飯田高校 12秒832
12位 寺島 桜汰 長野南高 13秒220
13位 平田 開人 松本工業 13秒224
14位 柴田 晃宏 飯田風越 13秒321
15位 金田 隼輔 伊那北高 13秒437
16位 宮坂 元 松本工業 13秒587
17位 小野 雄飛 松本工業 13秒875
18位 原  愛貴 松本工業 14秒508
DNS 木下 峻 飯田風越

 

200m表彰式(左から1位山田 2位笠井 3位田中)

 


 

少年男子1kmタイムトライアル

1位 山田 拓海 飯田風越 1分06秒811
2位 青島 冬弥 飯田風越 1分08秒697
3位 田中 裕一郎 松本工業 1分10秒279
4位 山浦 秀明 松本工業 1分11秒043
5位 笠井 大太郎 松本工業 1分11秒229
6位 萩原 隆祐 松本工業 1分11秒802
7位 鈴木 来人 伊那北高 1分13秒708
8位 平山 大地 松本工業 1分15秒347
9位 畑山 駿一 上田千曲 1分17秒449
10位 田総 蓮 松本工業 1分17秒657
11位 寺島 桜汰 長野南高 1分17秒796
12位 橋爪 新太 飯田高校 1分20秒228
13位 柴田 晃宏 飯田風越 1分22秒490
14位 小野 雄飛 松本工業 1分22秒964
15位 平田 開人 松本工業 1分23秒277
16位 宮坂 元 松本工業 1分23秒737
17位 金田 隼輔 伊那北高 1分24秒425
18位 原  愛貴 松本工業 1分27秒455
DNS 木下 峻 飯田風越

 

1km TT表彰式(左から1位山田 2位青島 3位田中)


 

少年男子3km個人追抜き競争

1位 山田 拓海 飯田風越 3分32秒326
2位 笠井 大太郎 松本工業 3分45秒346
3位 青島 冬弥 飯田風越 3分46秒344
4位 田中 裕一郎  松本工業 3分46秒942
5位 萩原 隆祐 松本工業 3分53秒242
6位 山浦 秀明 松本工業 3分53秒720
7位 鈴木 来人 伊那北高 3分58秒147
8位 畑山 駿一 上田千曲 4分10秒002
9位 寺島 桜汰 長野南高 4分19秒795
10位 田総 蓮 松本工業 4分21秒202
11位 柴田 晃宏 飯田風越 4分22秒292
12位 橋爪 新太 飯田高校 4分26秒995
13位 宮坂 元 松本工業 4分27秒332
14位 平山 大地  松本工業 4分28秒920
15位 金田 隼輔 伊那北高 4分30秒766
16位 平田 開人 松本工業 4分32秒614
17位 小野 雄飛 松本工業 4分38秒071
18位 原  愛貴 松本工業 4分41秒720
DNS 木下 峻 飯田風越

 

3km個人追抜き表彰式(左から1位山田 2位笠井 3位青島)

 


 

少年男子スクラッチ決勝

1位 山田 拓海 飯田風越
2位 田中 裕一郎 松本工業
3位 青島 冬弥 飯田風越
4位 鈴木 来人 伊那北高
DNF 平山 大地 松本工業
DNF 萩原 隆祐 松本工業
DNF 田総 蓮 松本工業

 

スクラッチ決勝 競い合う青島(飯田風越)と田中(松本工)

 


 

高校新人戦総合ポイント

-トラック競技終了時-

No 氏名 高校 学年 獲得ポイント 順位
寺島 桜汰 長野南高校 2年    
畑山 駿一 上田千曲高校 2年
橋爪 新太 飯田高校 2年    
木下 峻 飯田風越 2年    
青島 冬弥 飯田風越 2年 18
山田 拓海 飯田風越 2年 27
柴田 晃宏 飯田風越 1年    
鈴木 来人 伊那北高校 2年
金田 隼輔 伊那北高校 2年    
10 山浦 秀明 松本工業高校 2年 12
11 田中 裕一郎 松本工業高校 2年 17
12 平山 大地 松本工業高校 2年
13 小野 雄飛 松本工業高校 2年    
14 笠井 大太郎 松本工業高校 2年 18
15 宮坂 元 松本工業高校 2年    
16 萩原 隆祐  松本工業高校 2年
17 原 愛貴  松本工業高校 1年    
18 平田 開人  松本工業高校 1年    
19 田総 蓮  松本工業高校 1年

 

【戦評】
 戦前の予想通り飯田風越勢の活躍が目立った。とりわけ「春のセンバツ」「インターハイ」「国体」と一年通じて全国の舞台で活躍した山田拓海(飯田風越)は今大会の4種目全てで1着を獲る圧倒的な力を見せた。また同じく青島冬弥(飯田風越)もしっかりと総合2位をキープした。一方で巻き返しを図る松本工業からは笠井大太郎(松本工)が大活躍を見せ青島と同率の2位。続いて田中裕一郎(松本工)が僅か1ポイントで2位の2人を追う展開となった。また新主将の山浦秀明(松本工)も膝の怪我で本調子では無いながらも総合5位につけてしっかりとロードで巻き返しを図る体制を作った。

再来週のロードに向けて巻き返しを図る他校からは、鈴木来人(伊那北)が総合7位、畑山駿一(上田千曲)が総合9位から逆転のセンバツ出場を狙う。その他では、寺島桜汰(長野南)橋爪新太(飯田)もロードを得意とする選手、彼らの活躍にも期待したい。注目の後半戦ロードレースは再来週の10月21日(日)に野沢温泉オリンピックパークで行われる。

 

 

 

高校新人戦 女子結果

 

少年女子200mタイムトライアル

1位 小松 真子 松本工業 14秒135
2位 榊山 来実  飯田風越 14秒350

 

少年女子500mタイムトライアル

1位 小松 真子 松本工業 40秒522
2位 榊山 来実  飯田風越 43秒802

 

少年女子2km個人追抜き

1位 榊山 来実 飯田風越 3分05秒367
2位 小松 真子 松本工業 3分06秒376

 

優勝を分け合う榊山(飯田風越)と小松(松本工)

 

【戦評】
 榊山来実(飯田風越)小松真子(松本工業)共に国体からあいだ一週間と疲労の回復具合が心配されたが、両名共に激戦の疲れを感じさせない走りを見せた。夏までは「榊山は中長距離」、「小松が短距離」という住み分けが強くあったが、今大会を見ると短距離200mでは榊山が、中長距離2kmでは小松がお互いのタイム差を縮めあっている。共に国体を経験しての成長と新たな可能性を感じる走りとなった。

 

松本市民体育祭

成年男子200mタイムトライアル

1位 堀江 省吾 信州大学 11秒299
2位 阿部 祐介 信州大学 11秒707
3位 寺尾 駿 信州大学 11秒684
4位 岩下 直貴 イナーメ信濃山形 11秒884
DNS 小林 英樹 快レーシング

 

三重県代表で国体を走った阿部祐介(信州大)

 

成年男子1kmタイムトライアル

1位 兼平 優希 信州大学 1分08秒467
2位 堀江 省吾 信州大学 1分11秒090
3位 寺尾 駿 信州大学 1分12秒689
4位 岩下 直貴 イナーメ信濃山形 1分16秒113
5位 阿部 祐介 信州大学 1分17秒505
DNS 小林 英樹 快レーシング

 

国体で大活躍の堀江(信州大)がホーム美鈴湖に凱旋。

 

成年男子4km個人追抜き競争

1位 兼平 優希 信州大学 5分07秒418
2位 寺尾 駿 信州大学 5分10秒081
3位 堀江 省吾 信州大学 5分24秒011

 

【戦評】
 短距離では、国体入賞から凱旋した堀江省吾(信州大)が出場。200mのタイムに首を捻っていたが、三重県代表で出場した阿部祐介(信州大)同様、国体からなか一週間での疲労は否めないところ。特に堀江はこれから暫くは大切な期間が続くためコンディションの調整に努めて欲しい。中長距離では、兼平優希(信州大)寺尾駿(信州大)という来季の信州大を背負って行く二人が出場。今シーズン最後のトラックとなるが、今年の信大はインカレ7名出場・カテゴリー1に1名昇格と大きな飛躍をした。来年は更なる活躍に期待をしたい。

 

 

これにて2018年の

県内トラック競技公式戦は

全て終了致しました。

来週からは早くもシクロクロスが開幕。

そして再来週は高校新人戦ロードレースです。

まだまだ続く長野県自転車レースですが

長野県選手の活躍に温かいご声援を

宜しくお願い申し上げます。

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

全国高体連自転車専門部



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舞台 弱虫ペダル 新インターハイ篇 ヒートアップ [ 醍醐虎汰朗 ]
価格:7707円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入