マウンテンバイク日本代表チーム アジア選手権へ!信州から9名がアジアの頂点へ挑む!!

〔速報!〕宇都宮競輪二日目「2レースL級ガールズ予選Ⅱ」黒河内由実(長野清泉女学院出)は、粘りの走りで最終ストレート勝負に持ち込むと併走選手の落車を間一髪かわし、勢いそのまま前走選手を捉えて快勝! ナントこのレース2車単は86,980円(36番人気)、3連単は実に203番人気の808,750円(80万車券)と云う大波乱のレースを制した!ハイライト動画(7月31日)  〔結果〕別府競輪最終日「4レースA級特別選抜」昨日に続いての連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)は、最終の鐘と共に前方に出ると3番車高塩選手との壮絶な一騎打ちを制して快勝!今節最終日を白星で飾った。ハイライト動画(7月28日) 〔結果〕別府競輪二日目「第3レースA級選抜」宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周でゆったりと前へ出るとペースが上がっても先頭を譲らず快勝!およそ1か月ぶりの勝利をおさめた。ハイライト動画(7月28日) 《走行注意》長野県内各地で大雨の影響による「がけ崩れ」などが多発しております。サイクリングにお出かけの際は当該地域の最新の情報をご確認下さい。(7月14日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

MTB日本代表チームがアジア選手権へ!県関係者9名がアジアの頂点を狙う!!

 来月5月4日~6日までフィリピン・セブ島で行われる第24回アジアMTB選手権・第10回アジアジュニア選手権のMTB日本代表選手が発表された。それによると日本代表選手全17名中、長野県からは最多となる7名の選手と2名のスタッフが選出された。

 この大会は年に一度開催される「アジアチャンピョン」を決める戦いで、今大会の出場国は42か国、アジア圏では最も重要な大会となる。また2020年のアジア枠を占う意味でも各国が凌ぎを削る厳しい戦いが予想される。

2018アジア選手権日本代表 長野県関係者

MTB(クロスカントリー)


〔男子エリート〕

◇山本幸平(DREAM SEEKER RACING TEAM)松本市在住

 北京・ロンドン五輪日本代表。過去にアジア選手権8連覇も果たした日本の第一人者。

 山本幸平公式HP

◇平野星矢(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)長野俊英高出身

 長野市出身。09年にU-23 日本王者を獲得。現在はベテランとして円熟期をむかえる。

 平野星矢公式HP

◇沢田 時(大阪 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)長野市在住

 2016シクロクロス日本王者。シクロとMTBを高い次元で両立するオフロード自転車界の二刀流。

 沢田時ブログ


男子U-23

◇平林安里(長野県選手登録 スペシャライズドレーシング ジャパン)白馬高校出身

 2014・15年全日本ジュニア王者を戴冠した日本MTBの超新星。ゴール前のパフォーマンスも注目

 平林安里ブログ

 


〔男子ジュニア〕

◇野村拓未 (長野県登録 田川高校在学中/MTBクラブ安曇野)

 昨年のMTB国内シリーズCoupe du Japonで安定した成績で表彰台に立ち続けたJr界期待の星。

 所属クラブ:MTBクラブ安曇野

 


〔女子ジュニア〕

◇松本璃奈 (長野県登録 茅野高校在学中/TEAM SCOTT JAPAN)

 昨年のシリーズ戦は上位に定着、直近の大会でも2位に入り今年はさらなる飛躍が期待される。

 松本璃奈マイブログ

◇小林あか里長野県登録 松本蟻ヶ崎高校在学中/MTBクラブ安曇野)

 2016・17全日本ユース王者として、女子ジュニア長野の次世代エースとしてアジアの表彰台を狙う。

 所属クラブ:MTBクラブ安曇野

 


〔スタッフ〕

◇鈴木雷太(監督:JCF強化支援スタッフ)松本市在住

 シドニー五輪MTB日本代表、松本市でバイクランチを経営、地域コミュニティの運営にも熱心。

 鈴木雷太プロフィール

◇小林輝紀(メカニック:JCF強化支援スタッフ)飯山出身

 このサイトではご存知!ブリヂストンMTBチーム監督。飯山市大会のオルガナイザー。

 飯山市による小林氏紹介HP

2018アジア選手権日本代表メンバー

〔監督(兼総務)〕
鈴木雷太(JCF強化支援スタッフ)
〔メカニック〕
小林輝紀(JCF強化支援スタッフ)
今田大三(JCF強化支援スタッフ)
榎本真弥(JCF強化支援スタッフ)
〔スタッフ〕
軽部修子(JCF強化支援スタッフ)
中山真臣(JCF強化支援スタッフ)

〔 選手6名 〕
●MTB(ダウンヒル)
男子エリート
清水一輝 (愛知 PATROL MOUNTAIN FJC)
永田隼也 (神奈川 ミラリジャパン株式会社)
井本はじめ(兵庫 SRAM/Santacruz)
九島勇気 (神奈川 玄武/MONDRAKER)
女子エリート
中川弘佳  (大阪 Liv/LOVESPO.com)
吉川千香子 (愛知 重力技研/DKMC)

〔 選手11名 〕
●MTB(クロスカントリー)
男子エリート
山本幸平(長野 DREAM SEEKER RACING TEAM)
平野星矢(長野 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
沢田 時(大阪 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)
平林安里(長野 スペシャライズドレーシング ジャパン)
前田公平(東京 BiORACER/Thompson)
男子ジュニア
村上功太郎(愛媛 松山工業高校)
神永真一 (大阪 都島工業高校/Pro Ride)
野村拓未 (長野 田川高校/MTBクラブ安曇野)
女子ジュニア
川口うらら(兵庫 龍野高校/Sonic-Racing・SRAM)
松本璃奈 (長野 茅野高校/TEAM SCOTT JAPAN)
小林あか里(長野 松本蟻ヶ崎高校/MTBクラブ安曇野)

●クロスカントリーリレー(XCR)
上記参加選手より4名にて構成

JCFプレスリリース

 

頑張れ!信州サイクリスト!!

頑張れ!ニッポン!!!

 

関連記事


関連Link

日本自転車競技連盟

MTB Leage

MTBクラブ安曇野

Dream Seeker Racing Team

ブリヂストンサイクリングチーム

スペシャライズドレーシングジャパン

TEAM SCOTT JAPAN OFFICIAL

バイクランチ松本