長野県自転車競技連盟の小林秀一審判長に飯山市から感謝状と大会名誉審判任命へ

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

小林審判長に飯山市から感謝状と名誉審判任命

 去る4月21・22日に行われた飯山菜の花サイクルロードレース大会終了後に、UCI(国際自転車競技連合)の規定により今年で審判員として定年を迎える小林秀一 審判長(長野県自転車競技連盟)に飯山市と飯山市教育委員会から感謝状と名誉審判員の任命が行われた。

小林審判長は今年で12回を数えた「飯山菜の花サイクルロードレース」の創設から大会に携わると共に同市で行われる冬の飯山シクロクロスでも多大な尽力をされ、その功労を称えられ飯山市より感謝状が送られた。また同時に飯山市で行われる大会の名誉審判員にも任命された。

 

授賞式でスピーチ行う小林審判長(長野県自転車競技連盟)

 小林委員長は「もうそろそろ楽になりたいのですが…」と何時ものようにユニークたっぷりに語り始め、会場はそのスピーチで大きな笑いに包まれた。小林審判長は秋まで県内主要大会で執務を行うが、厳密に審判として飯山を訪れるのはこれが最後となる。

しかしながら、UCIの内規にもある通り審判員としては引退だが、名誉審判員となったことで今後も総務などの業務を継続することが出来る。未だ選手・審判・大会役員の信頼が厚い小林審判長は長野県自転車競技界に無くてはならない存在であり、それを見越した飯山市の名誉審判長任命でもある。願わくば今後も会場でお元気な姿を見続けたいと思う。

 

小林審判長とサイクリング長野ドットコム

 実はこのサイトと小林審判長にも深い関りがあり、昨年来このサイトを立ち上げるにあたって細かなアドバイスを頂きました。とりわけこのサイトの「Cycling Nagano.com」と云う名前は、小林審判長が将来「長野から世界へ情報を発信する」という意味も込めて命名して下さいました。まだ9月まで小林審判長の執務は続きますが、その名に恥じぬようサイト運営をして行きたいと思います。

改めましてサイトからも小林審判長へ感謝と名誉審判就任のお祝いを申し上げます。

関連記事


関連Link

長野県自転車競技連盟