長野県自転車競技連盟の小林秀一審判長に飯山市から感謝状と大会名誉審判任命へ

《速報!競輪長野応援デー‼》京王閣ナイター競輪初日「第9レースA級特予選」ゴールデンルーキーの菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場、中盤で厳しい牽制を受けるも残り1周で切れ味鋭いスパート!2番選手のマークを振切っての逃切り勝ち!明日の準決勝へ進出を決めた!ハイライト動画(6月4日)  《速報!競輪長野応援デー‼》京王閣ナイター競輪初日「第7レースA級特予選」荒井春樹(長野県)が残り半周で一気にスパート!ねじ伏せるような力強い走りで快勝!明日の準決勝へ進出!!ハイライト動画(6月4日) 《速報!競輪長野応援デー‼》京王閣ナイター競輪初日「第1レースA級チャレンジ予選」前島恭平(長野県)は残り半周で前走4名を軽やかにかわすとそのまま独走!明日の準決勝へ進出!ハイライト動画(6月4日) 《速報!競輪長野応援デー‼》富山競輪2日目「第9レースS級準決勝」昨日快勝の柿澤大貴(長野県/岡谷工出)は最終コーナーで切れ味鋭い加速を見せると2日連続ゴール前での競合いを制し快勝!明日の決勝へ進出!ハイライト動画(6月4日) 《速報!》富山競初日「第7レースS級予選」に柿澤大貴(長野県/岡谷工出)が登場。残り半周で最後尾から奇襲を仕掛け前走選手に競り勝つと勢いそのままゴール前で先頭を差し切り快勝!明日の準決勝へ進出。ハイライト動画(6月3日) 《お知らせ》6月2日より国営アルプスあづみの公園が再開致します。MTBパークのご利用についてはこちら(6月2日) 

小林審判長に飯山市から感謝状と名誉審判任命

 去る4月21・22日に行われた飯山菜の花サイクルロードレース大会終了後に、UCI(国際自転車競技連合)の規定により今年で審判員として定年を迎える小林秀一 審判長(長野県自転車競技連盟)に飯山市と飯山市教育委員会から感謝状と名誉審判員の任命が行われた。

小林審判長は今年で12回を数えた「飯山菜の花サイクルロードレース」の創設から大会に携わると共に同市で行われる冬の飯山シクロクロスでも多大な尽力をされ、その功労を称えられ飯山市より感謝状が送られた。また同時に飯山市で行われる大会の名誉審判員にも任命された。

 

授賞式でスピーチ行う小林審判長(長野県自転車競技連盟)

 小林委員長は「もうそろそろ楽になりたいのですが…」と何時ものようにユニークたっぷりに語り始め、会場はそのスピーチで大きな笑いに包まれた。小林審判長は秋まで県内主要大会で執務を行うが、厳密に審判として飯山を訪れるのはこれが最後となる。

しかしながら、UCIの内規にもある通り審判員としては引退だが、名誉審判員となったことで今後も総務などの業務を継続することが出来る。未だ選手・審判・大会役員の信頼が厚い小林審判長は長野県自転車競技界に無くてはならない存在であり、それを見越した飯山市の名誉審判長任命でもある。願わくば今後も会場でお元気な姿を見続けたいと思う。

 

小林審判長とサイクリング長野ドットコム

 実はこのサイトと小林審判長にも深い関りがあり、昨年来このサイトを立ち上げるにあたって細かなアドバイスを頂きました。とりわけこのサイトの「Cycling Nagano.com」と云う名前は、小林審判長が将来「長野から世界へ情報を発信する」という意味も込めて命名して下さいました。まだ9月まで小林審判長の執務は続きますが、その名に恥じぬようサイト運営をして行きたいと思います。

改めましてサイトからも小林審判長へ感謝と名誉審判就任のお祝いを申し上げます。

関連記事


関連Link

長野県自転車競技連盟