《速報》「第54回北信越高校体育大会自転車競技」大会二日目の長野県勢の結果。

〔お知らせ〕北信越大会4日目の結果ならびに大会の総集編は暫くお待ちください(6月21日) 〔結果〕「第54回北信越高校体育大会自転車競大会3日目」◇男子チームスプリント準優勝:松本工業高 ◇女子2㎞個人追抜き9位:平山なつみ(松本工) ◇男子スプリント3位:片田啓太(松本工) ◇男子ポイントレース4位:上里翔瑛(松本工) ◇男子ケイリン4位:小松篤史(松本工)5位:山田愛太(白馬高) (6月18日)  《速報》「第54回北信越高校体育大会自転車競大会2日目」◇男子団体追い抜き準優勝:松本工業高校 ◇男子1㎞TT優勝:小松篤史(松本工) ◇男子スクラッチ優勝:上里翔瑛(松本工) ◇4㎞速度競争準優勝:酒井優太郎(松本工) ◇3㎞個人追抜き準優勝:山口多聞(松本工) ◇男子ケイリン‐決勝進出 小松篤史(松本工)山田愛太(白馬高) (6月17日) 〔募集開始〕中学生も参加可能な実業団主催「第1回JBCFトラック記録会松本大会」のエントリーが開始されました。(6月6日)

 

「第54回北信越高校体育大会自転車競技」大会二日目の長野県勢の結果。

 

 

 昨日、石川県で開幕した本年度のインターハイ最終予選となる

第54回北信越高等学校体育大会-自転車競技- は

本日6月17日㈮が大会二日目、インターハイをかけて

正式種目が行われた。大会二日目は長野県勢が大活躍を見せ

男子1㎞タイムトライアルで小松篤史(松本工3年)が

男子スクラッチでは上里翔瑛(松本工2年)が共に初優勝

その他、3種目で準優勝を果たしインターハイの出場権を獲得するなど

長野県自転車界にとっても実りある一日となった。

詳しくは下記のとおり。

 

 

 

 

大会二日目午前の様子

 

朝一番に行われた団体追い抜きでは4分46秒550で準優勝の松本工業

 

今年の長野県唯一の女子選手となった平山なつみ(松本工3年)は
女子500mタイムトライアルで43秒270で6位入賞。
明日は2㎞個人追抜きに出場予定。

 

男子スプリント予選200mタイムトライアル
12秒010
で6位で準々決勝進出の酒井優太郎(松本工2年)。

 

男子スプリント予選200mタイムトライアル
11秒820の4
位で準々決勝進出の片田啓太(松本工2年)

 

男子4㎞速度競争決勝で先頭を走る黒沢響冴(飯田OIDE長姫2年)
この後、前方で起こった落車に巻き込まれてしまい無念の途中棄権。
それでも擦過傷だけ済んだことが不幸中の幸いであり
明日のポイントレース、明後日のロードレースでの活躍が期待される。

 

男子4㎞速度競争決勝では3名の落車があり一時レースが
非常に混乱した時間帯があったものの冷静なレース運びで
酒井優太郎(松本工2年)が準優勝を果たし
インターハイ本選の出場権をほぼ手中にした。

 

男子スプリント準々決勝第3試合で既に午前中3レース目となる
酒井優太郎(松本工2年)は、福井の藤井選手(坂井高校)と対戦
藤井選手について行くことが出来ず敗退。

 

男子スプリント準々決勝第4試合では予選4位の
片田啓太(松本工2年)が新潟県の藤原選手(吉田高校)と対戦
残り1周で積極的に先手をとると
そのまま逃げ切り準決勝進出を決めた。

 

男子1㎞タイムトライアルに出場には
飯田OIDE長姫の原楓人(2年)が今大会初登場。
1分23秒230で10位となった。

 

男子1㎞タイムトライアル
湯澤瑚楠(駒ヶ根工2年)1分18秒380で8位。

 

男子1㎞タイムトライアル
風越期待の大型ルーキー岡庭能亜(飯田風越1年)は
1分15秒040で5位と初出場で5位入賞を果たした。

 

男子1㎞タイムトライアル
岡庭同様に北信越大会初出場のルーキー山田愛太(白馬高校1年生)は
内灘競技場特有の強い風の中で1分12秒250の4位入賞を果たした。

 

 

男子1㎞タイムトライアル
この一年、この大会にかけてきた小松篤史(松本工3年)は
前評判通りの強さを見せつけ優勝を果たした。
この時間帯は風が強かったが1分07秒880とタイムもこの条件では悪くなく
この優勝は午後の長野県勢の活躍にも非常に追い風となった。

 

 

 

 

 

大会二日目 午後の様子

 

男子ケイリン予選1組
山田愛太(白馬高1年)と片田啓太(松本工2年)が出場。
山田はゴール前で僅差の3位・片田は4位と共に敗者復活戦にまわる。

 

男子ケイリン予選2組
午前の1㎞TTで優勝の小松篤史(松本工3年)が出場
ゴール前でわずかに届かず2位ながらも決勝進出を果たした。

 

3㎞個人追抜き
この大会二種目目の湯澤瑚楠(駒ヶ根工2年)4分8秒660で5位。

 

3㎞個人追抜き
この大会二種目目の塩澤武留(飯田風越3年)4分2秒960で3位。

 

3㎞個人追抜き
山口多聞(松本工2年)3分50秒610で準優勝を果たした。

 

男子スクラッチ決勝
残り1周で上里翔瑛(松本工2年)が抜け出すとそのまま
追走選手の先行を許さず鮮やかな逃げ切り勝ち。
スクラッチ種目では昨年の加科爽人(当時:松本工)に続き
マツコウが二年連続の北信越王者となった。

 

 

 

男子ケイリン敗者復活戦1組
予選で僅差の敗北を喫した山田愛太(白馬高1年)が登場。
このレースもゴール前僅差で2着だったが、先着選手が
山田選手に対して進路妨害をしたという判定により
繰り上がりの決勝進出となった。

 

男子ケイリン敗者復活戦2組
本日大車輪で活躍を見せる片田啓太(松本工2年)が登場。
福井科学技術高2名vs片田という不利な状況ではあったが
科学技術高の二名相手に堂々とレースを行って3着。
敗退となったものの積極的なレースが光った。

 

大会三日目のみどころ

 

 

 大会三日目はいよいよトラック競技最終日、各種決勝が行われる!大会二日目に大活躍の松本工業高は、朝一番のチームスプリントにインターハイ出場と北信越大会学校別総合優勝を目指す。また、女子2㎞個人追抜きには県唯一の女子選手である平山なつみ(松本工3年)が出場する。

男子ケイリン決勝はこの種目の優勝を目指す小松篤史(松本工3年)と、しぶとくここまで勝ち上がって来た山田愛太(白馬高校1年)が出場する。特に1㎞TT優勝で波にのる小松選手の走りに期待したい。ポイントレースには本日不運な落車に巻き込まれた黒沢響冴(飯田OIDE長姫)が出場予定。持前のレースマネージメントで上位進出を目指す。

男子スプリントは3位決定戦に片田啓太(松本工2年)、5位~8位決定戦に酒井優太郎(松本工2年)が出場する。共にマツコウ総合優勝に向けて上位進出が期待される。大会はこの男子スプリント終了後に七尾市能登島へ移動して、日曜日開催のロードレースの試走が午後から夕方にかけて行われる。

 

 

6月18日(土)

種目 時間
開場 7:00
自由練習 7:00 ~ 8:30
⑫チーム・スプリント 決勝 9:00 ~
⑬女子 2㎞インディヴィデュアル・パーシュート 決勝 9:30 ~
⑭ケイリン 決勝・順位決定戦 10:30 ~
⑮ポイント・レース 決勝 10:50 ~
⑯スプリント順位決定戦
1)3位・4位決定戦 1回戦
2)決勝戦      1回戦
3)5位~8位決定戦
4)3位・4位決定戦 2回戦
5)決勝戦      2回戦
6)3回戦
11:50 ~
昼食 競技終了次第
能登島へ移動  
試走へ(交通法規遵守) 到着次第

 

 

 

 

大会二日目ですが、本当に長野県勢

良く頑張りました!この結果は

応援頂いている長野県のサイクリストの

皆さんにも胸を張れるものだと思います。

 

本当に長野県の高校生たちが

一丸となって凄い戦いを繰り広げてくれています。

 

明日はいよいよトラック最終日!

史上初の長野県勢北信越大会制覇に向けて

引き続き信州から熱い応援を

お願い申し上げます!

 

※明日ですがトラック競技が終了後に直ぐに
 ここから約80㎞離れた能登島(七尾市)に移動します。
 結果更新が遅くなりますのでご了承下さい。

 

というわけで、ここまでネット環境に恵まれなかったのですが
コメダ珈琲さんのおかげで快適にHPの更新ができました。

 

 

 

関連LINK

令和4年インターハイ公式HP(高体連)

全高体連自転車競技専門部

長野県高体連

内灘町観光協会

能登半島広域観光協会

長野県自転車競技連盟

石川県自転車競技連盟

石川県高等学校体育連盟