〔速報〕全日本選手権個人タイムトライアルロードレース大会ジュニアで山田拓海(飯田風越)が悲願の初優勝!全日本王者を戴冠!!

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

〔速報!〕全日本選手権個人TTロードレース大会ジュニアで山田拓海(飯田風越)が初優勝!

 

 来年の東京五輪の会場である富士スピードウェイで

 今日から開幕したロードバイク日本一を決める

 第23回全日本選手権個人タイムトライアルロードレース大会にて

 ジュニアカテゴリーにて山田拓海(飯田風越3年)が初優勝

 自身初の全日本タイトルを獲得。

 詳しいレポートは午後に出します。

 

 

スタートする山田拓海(飯田風越3年)

 

長いストレートで力強い走りを見せる。

 

悲願の優勝が決まり喜ぶ山田拓海(飯田風越)

 

《速報》順位
1位 山田拓海 (飯田風越高)  18分22秒58
2位 津田悠義 (三好高校)   18分29秒28 +06秒70
3位 留目夕陽 (八王子桑志)  19分01秒46  39秒88
21位 青島冬弥 (飯田風越高)  20分19秒44  1分56秒86
27位 鈴木来人 (ボンシャンス/伊那北高)20分39秒57         2分16秒99 

 

 

 

 

関連LINK

全日本選手権大会公式HP

日本自転車競技連盟

富士スピードウェイ