〔頑張れ信州〕第89回全日本選手権自転車競技ロードレース長野県関連出場選手発表。

第89回全日本選手権自転車競技ロードレース長野県関連出場選手発表。

 

 コロナの影響で10月へ延期となった

2021年の日本ロードレースチャンピオンを決める戦い

 

第89回全日本自転車競技選手権大会ロードレース
第24回全日本選手権個人個人タイムトライアルロードレース
2021年全日本パラサイクリング選手権ロードレース

 

以上の3大会が併催で10月21日から24日まで

広島県の中央森林公園サイクリングロードで

2年ぶりに開催されることが決定、出場選手の発表が行われた。

 

今年の長野県は男子U-23にタレントを数多く揃え

2021年の全日本学生王者の佐藤宇志(那須ブラーゼン/明星大4年)

2020年の全日本学生Eレース王者の寺澤アンドリュウ(Team Eurasia/八学大3年)

2019年の全日本Jr.TT王者の山田拓海(早稲田大2年)

そして、先日のツールドラブニールで日本人唯一の

完走を果たした小出樹(京産大4年)などが日本王者を狙う。

長野県出身選手・長野県関連選手の以下の通り。

全出場予定選手エントリーリスト(PDF/JCF公式)

 

 

 

男子U-23

 

長野県関連選手

氏名 所属 出身 備考
寺澤 アンドリュウ Team Eurasia – iRC TIRE
(八戸学院大3年)
上田西高校 2020全日本学生Eレース王者
小出 樹 京都産業大学4年 松本工業高 2021ツールドラブニール完走
辻本 青矢 信州大学1年 静岡県  
山田 拓海 早稲田大学2年 飯田風越高 2019全日本ロードTT王者
森﨑 英登 イナーメ信濃山形 愛知県  
中野 圭 イナーメ信濃山形 愛知県  
高木 礼 イナーメ信濃山形 岐阜県  
佐藤 大志 那須ブラーゼン(明星大4年) 下諏訪向陽高  
佐藤 宇志 那須ブラーゼン(明星大4年) 下諏訪向陽高 2021全日本学生王者
青島 冬弥 明星大学2年 飯田風越高 2019年長野県代表

 

注目選手

寺澤アンドリュウ(Team Eurasia  iRC TIRE)
母校の上田西高では陸上部で活躍、本格的に自転車競技を始めたのは
大学生になってからだが、八戸学院大自転車競技部で活動しながら

ベルギー籍の若手育成チーム「Team Eurasia」に昨年から新加入。
今年3月には新設された第1回学生E自転車レース選手権で優勝
史上初の日本学生Eレース王者を戴冠した。

 

 

 


 

小出樹(京都産業大4年)
高校時代は松本工業で同行の北信越準優勝の原動力となった
その後は、もはや説明不要の押しも押されもしない
長野県中長距離のエースとして国体・インカレなどで活躍。
昨年からU-23日本ロードレース代表チームに選出。
今年は7月に行われた世界の若手選手の登竜門である
ツールドラブニールで日本人唯一の完走を果たした。
今大会でも表彰台を狙う。

 

 

 


 

佐藤 大志・宇志(那須ブラーゼン)
この4年間明星大学の顔として活躍した「佐藤兄弟」
先月行われた全日本学生個人ロードでは、弟の宇志が
悲願の大学初タイトルを獲得。見事に2021年の全日本学生王者を戴冠した。
大学レースと並行で実業団レースでも活動しており
既に所属する那須ブラーゼンでもその存在感を増している。
今大会も表彰台を狙う。

 

 

 


 

山田拓海(早稲田大2年)
2019年の飯田風越高校在学時に全日本Jr.ロードTT王者を戴冠
その年に高校日本代表チーム(全日本Jr)に選出されて
ネイションズカップ・世界選手権に出場。
今年は日本代表U-23にも選出されツールドラブニールにも出場
日本ロード期待の若手選手

 

 

 

男子マスターズ

 

長野県関連選手

氏名 所属 登録 出場クラス
荒瀧 隆公 イナーメ信濃山形 東京都 U-40(30歳~39歳)
岩佐 信吾  イナーメ信濃山形 長野県 U-50(40歳~49歳)
岩月 伸夫
イナーメ信濃山形 愛知県 U-50(40歳~49歳)
木村 博志 イナーメ信濃山形 埼玉県 U-60(50歳~59歳)
村田 隆
テクニカルパートナーサイクリングチーム 長野県 U-60(50歳~59歳)
太田 浩一 BIKE RANCH MARKET 長野県 Over 60(60歳以上)
柴田 直樹 イナーメ信濃山形 長野県 Over 60(60歳以上)

 

注目選手

岩佐信吾(イナーメ信濃山形)
トラック・ロードの両競技で活躍する長野県を代表するベテラン選手。
2019年の全日本選手権トラック競技個人追抜きで優勝し
全日本マスターズ王者となると
翌年のマスターズ国体「日本スポーツマスターズ」でも準優勝。
今春の松本トラックでも個人追抜きで3位となるなど
日本のU-50を代表するマスターズ選手

 

 

 


 

村田隆(テクニカルパートナーサイクリングチーム)
岩佐選手とは対照的に、MTB・シクロクロスなどオフロードを
主戦場に活躍する長野県を代表するベテラン選手。
今春は国体予選となるロード長野県大会にも出場し
若手選手を相手に力走を見せた。
今大会でも活躍が期待される。

 

 

女子エリート

 

長野県関連選手

氏名 所属 登録 備考
金子 広美 イナーメ信濃山形 三重県  

 

 

 

 

男子エリート

 

長野県関連選手

氏名 所属 登録 備考
小林 弘幸 LEOMO Bellmare Racing Team 長野県 信州大学出身
澤田 時  TEAM BRIDGESTONE Cycling 滋賀県 長野市
北野 普識
イナーメ信濃山形 千葉県  
松井 大悟 イナーメ信濃山形 石川県  
佐野 千尋
イナーメ信濃山形 北海道  
高杉 知彰 イナーメ信濃山形 神奈川県  
柴田 直樹 イナーメ信濃山形 長野県  
中田 拓也 シマノレーシング 長野県  
横山 航太 シマノレーシング 長野県 篠ノ井高出
小坂 光 宇都宮ブリッツェン 栃木県 佐久長聖高出

 

注目選手

澤田時(ブリヂストンサイクリング)
滋賀県出身、一昨年から長野市に活動拠点を移し
主にMTB・シクロクロス等のオフロードを主戦場とする。
昨年の全日本シクロクロスでは準地元である飯山で
圧巻の走りを見せ優勝を果たした。
この冬の信州シクロクロスでも活躍が期待される。

 


 

横山航太(シマノレーシング)
篠ノ井高校出身で、高校時代は長野県代表としても活躍。
現在は国内の名門「シマノレーシング」で中堅選手として活躍。
この全日本選手権ではシマノとしても全日本奪還がかかる。

 


 

小坂光(宇都宮ブリッツェン)
佐久長聖高出身で主にオフロード系で活躍。
2017年は野辺山で悲願の全日本シクロクロス王者となった。
記憶に新しいところでは、先月のJCFロードレースで初優勝を果たした。
今大会もチームの勝利の為にその活躍が期待される。

 

 

大会日程

 

 

 

大会初日 10月22日(金)
男女個人タイムトライアルロードレース
パラサイクルロードレース

 

大会二日目 10月23日(土)
男女U-23ロードレース
女子エリートロードレース

 

大会三日目 10月24日(日)
男子エリートロードレース

 

 

 

ということで今回は

ロードレース日本一を決める

全日本ロードのお知らせでした。

すみません、ちょっと忙しすぎて

かなり駆け足(朝)になってしまいました…

 

おそらく長野県にとって

男子U-23は過去の歴史の中でも

非常に層の厚い年であり

展開次第では優勝も狙える年だと思います。

 

自分も広島へ行こうかと思ったのですが

その翌日が長野県の高校・中学県大会。

残念ながら遠く長野から

選手達を応援したいと思います。

 

県サイクリストの皆様にも

長野県関連出場選手に

温かい御声援のほど宜しくお願い致します。

 

関連LINK

日本自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟