〔告知〕若き長野県選手が全国の強豪に挑む!「2days race in 木祖村 2022」長野県選抜チーム紹介。

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

「2days race in 木祖村 2022」長野県選抜チーム紹介。

 

 2017年の土砂災害から5年の時を経て

日本国内におけるアマチュアロード選手・競技役員の

登竜門として、伝説的な国内本格ステージロードレース

2  days race in 木祖村 (2022年5月14日・15日開催)が復活致します。

そんな伝統の大会に、長野県からはU-23の若手を中心に構成された

長野県選抜チームが出場します。

 

大会は2日間、3つのステージ(個人TT含む)で構成され

5名1チームでのチーム戦で開催される

本格的なステージレースとなります。

今回は大会に挑む長野県選抜チームの選手達をご紹介します。

 

 

 

2 days race in 木祖村 長野県選抜チーム

 

 

 

選手7名

氏名 所属 備考
長澤 優樹 日置電機 北海道大学自転車競技部出
山浦 秀明 松本大学(3年) 松本工業高自転車競技部出
平山 大地 Valtagne 松本工業高自転車競技部出
田総  蓮 新潟食料農業大学(2年) 松本工業高自転車競技部出
井上 智巴 信州大学(2年)  
辻本 青矢 信州大学(2年)  
小山 大登 松本情報工科専門学校(1年) エクセラン高校出

 

スタッフ3名

氏名 所属 備考
大島 理彦 ラヴニール安曇野 監督
日比  克 長野県自転車競技連盟特別支援スタッフ メカニック
宮﨑 岳人 長野県自転車競技連盟強化委員長 総務

2 days race in 木祖村2022 全出場選手リスト〔PDF〕

 

 

 

 

 

長野県選抜チーム選手紹介

 

長澤 祐樹
(日置電機)
チーム唯一の社会人(エリートカテゴリー選手)として登録
学生時代は北海道大学の主力選手として

学連の各大会、ツールドおきなわ、UCIグランフォンドニセコ等にも出場。
現在も信州大学自転車競技部で練習を行う。

 


 

山浦 秀明
(松本大学)
高校時代は長野県高校自転車の雄である「松本工業高」の主将を務める。
松本大学へ進学後、コロナの影響で初年度は殆ど活動が出来なかったが
昨年は自身初となる長野県ロードレース大会で初優勝を果たし
2021年の長野県ロードレース王者となる。

 

 


 

平山 大地
(Valtagne)
高校時代は前筆の山浦と共に松本工業高校自転車競技部で活躍
2019年同行の北信越高校自転車競技大会準優勝の原動力となる。
卒業後は同行OBチームを立ち上げるなど現在も活躍中
5月は松本サイクルトラックレースにも出場した。

 


 

田総 蓮
(新潟食料農業大学)
2022年コロナショック時の松本工業高校自転車競技部主将。
卒業後は、自転車競技に力を入れる新潟食料農業大学に入学
昨年からは主にトラック競技を中心に活動
GWには菜の花飯山ロードでも力走を見せた。

 


 

井上 智巴
(信州大学)
2022年新生信州大学自転車競技部の主将を2年生ながらに務める。
3月の外苑クリテリウム・4月の菜の花飯山クリテリウムを共に完走。
本格的なステージレースとなる今回はチームのまとめ役としても
活躍が期待される。

 


 

辻本 青矢
(信州大学)
昨夏の学連白馬クリテリウムで2部へ昇格し新生信州大学の主力選手として
今シーズンの活躍が期待される。今大会も長野県選抜チームの主力として
積極的なレースを期待したいところ。

 


 

小山 大登
(松本情報工科専門学校)
昨年の長野県高校自転車ロードレース王者
自転車を競技として初めてから僅か半年での快挙は記憶に新しいところ。
登録区分としては未だ「ジュニア」カテゴリーだが
今大会はアシストとして長野県選抜に登録された。
今大会ではチームの中での「仕事」が求められるチーム最年少選手。

 

 

 

 

スタッフ

 

監督:大島 理彦
(ラヴニール安曇野)
昨年から美鈴湖自転車学校の講師を務める大島コーチ(JSPO公認自転車コーチ)が
今大会初めて長野県選抜の指揮をとる。大島監督の初采配にも注目が集まる。

 

メカニック:日比 克
(長野県特別支援スタッフ)
JCF3級審判員ライセンスを持ち、過去審判としてもTOJなどに参加
平素は海外自転車メーカーのメカニックとして勤務している。
美鈴湖自転車学校を立ち上げの際には、寄付して頂いた自転車の
メンテナンス・レストアをボランティアで行った。
今回は特別スタッフとしてチームに帯同する。
(画像右)

 

総務・団長:宮﨑 岳人
(長野県自転車競技連盟強化委員長)
第51期競輪選手として活躍後、長野県車連の強化委員長に就任
現在、長野県代表チームの総監督も努める。
今大会は裏方としてチームをバックアップする。

 

 

大会日程

 

日 時:2022年5月14日㈯・15日㈰

会 場:奥木曽湖周回コース(味噌川ダム周回:木祖村)

第1ステージ 個人タイムトライアル(8.5㎞) 5月14日㈯ 11:00より
第2ステージ ロードレース(75㎞) 5月14日㈯ 15:00より
第3ステージ ロードレース(120㎞) 5月15日㈰ 12:00より

 

 

 

ここのところ忙しすぎて

ツーデイズのことまで

全く手が回らず申し訳ありません。

いよいよ今週末はツーデイズですが

選手にとっても審判にとっても

登竜門となる重要な大会です。

今年は長野県選抜チームも

出場が決まり、是非長野県の

サイクリストの皆様にも

選抜チーム、大会共に

温かい御声援を頂ければと思います。

 

関連LINK

2 Days Race シリーズ公式HP(大会公式HP)

長野県自転車競技連盟